モンテッソーリ子どもの家 eye☆愛

子どもたちが主体的に活動できる環境づくりを大切にしています

秋の「教材」2

2016年10月14日 | モンテッソーリのこと
昨日の記事秋の「教材」に追加です。

昨日は、自然が教材になるというお話をしました。

モンテッソーリ教育は、実物や実体験を大切にするという話もしました。

そこから、発展して、感覚や算数や生物などにもつながるとも。

しかし、一番大事なことを忘れていました。

それは、「子どもから始まる」ということです。

「教材になりますよ」とお話すると、
「早速やってみます!」と意気込んでしまう場合が多々あります。

そうすると、お子さんが今日は遊具で遊ぼうと思って公園に来たのに、
葉っぱを集めようとか分類しようなどと、無理強いしたり。

せっかく、拾ってきた木の実や葉っぱを
「さあ、教材にしましょう」「教えてあげよう」とばかり考えてしまうと、
お子さんにとって、つまらないものになってしまうかもしれません。

お子さんがきれいと思って持ってくるのですから、まずは一緒に共感しましょう
その場で、捨てたりしないでくださいね。

息子は収集家だったので、私は、よくビニール袋を持参していました。
集めるだけ集めて、遊びたいときは、私が預かり、
思いっきり遊んでから、おうちに持って帰ってから、
押し葉にしたり、箱やかごに入れたり、図鑑で一緒に調べてみたりしました。
図鑑の使い方がわかるようになれば、自分で調べるようになりますが、
最初は一緒に楽しんでみてくださいね。
図鑑は借りるよりも、常におうちにあるといいですよ。

それから、葉っぱの押し葉の作り方です。
ティッシュではさんで、図鑑などにはさみます。
それから、3~4冊の図鑑を上に載せておくと、簡単にできます。
葉っぱの名前を書いたり、ラミネートしたりするのも楽しいと思いますよ


今日の園児クラスで、3歳児さんもいるからと、
本物の野菜をかごに入れておきました。


「なにこれ。本物みたーい」と年中さんが意外な反応。

大きいお子さんたちは、お料理をお手伝いしていると聞いていたので、
めずらしいものでもないかな?と私は思っていたのです。

「本物だよ」と言うと、
「さわっていいの?」
「わあ、にんじんは冷たい!ピーマンとなすは冷たくない」
「にんじんは固い、ピーマンはペコペコする」などなど。
みんな大喜びで、においをかいだり、たくさん触っていました。
こちらが何も言わなくても、感覚も楽しんでいたようです。
3歳児さんは、なすをピーマンと言ってました

お料理はお手伝いしても、野菜自体を
じっくり見たり、触ったりすることがないのかもしれませんね。
野菜だけに限らず、
ぜひ、本物に触れる機会をたくさん与えてあげてくださいね

にほんブログ村のランキングに参加しています。
どれかひとつクリックしてくださると励みになります。
にほんブログ村 教育ブログ 幼児教育へにほんブログ村 教育ブログ モンテッソーリ教育へ


クラスのご案内

赤ちゃん用のキッキングボール、モビール、おもちゃなどを販売しています。
ハンドメイド・手作りマーケット tetote(テトテ)
【参考記事】
モビール【0歳からの視覚教材】
『育児』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 秋の「教材」 | トップ | 「Shizu工房」へのご注文につ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。