天地を 照らす日月の 極みなく あるべきものを 何をか思はむ 

わびぬれば 今はたおなじ 難波なる みをつくしても あはむとぞ思う

自己最速更新は、我無沙羅に

2016年10月17日 | スポーツ
 「パCSファイナルS・第5戦、日本ハム7-4ソフトバンク」(16日、札幌ドーム)
 日本ハムの栗山英樹監督(55)は、日本シリーズ出場まであと1イニングの場面で、3番・DHで先発出場させていた大谷翔平投手を抑えとして起用。大谷は自己最速更新となる165キロを3球記録した。
栗山監督は「あの投球はファンの皆さんのおかげ。試合をやっていてもすごく力もらえましたし、皆さんがああいうピッチングをさせてくれた」「きょうの試合がファイターズらしい、先に4点取られても誰も諦めず、僕が感動しました」と選手を称えた。

 大谷の二刀流について過去に栗山監督は「選手はグラウンドできらめかないといけない。ワクワクドキドキして、きらめくのがすごく重要な要素だと思うけど、それまではプレーが楽しくなさそうに見えていた。もちろんフォームだったり、結果が出なかったり、いろんなことで苦しんだりすれば、楽しくないはず。それをなんとかしてあげたいと思う中で、がむしゃらに野球をやれたことが、楽しいんじゃないかなと思って」

 ペナントレース終盤、逆転優勝へ向けたソフトバンク3連戦では3連勝を命題に掲げ「翔平が入った方が嫌に決まっている」と「1番・投手」として起用。大谷は、第1打席の初球を本塁打するという投手の1番打者としては“世界初”という快挙を達成。チームもこの本塁打が決勝点となった。栗山監督は「野球を勝つためにやっている」と語っている。

「我無沙羅」になれる環境をつくることの出来る栗山監督はすごい!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 神嘗祭初穂曳 | トップ | 霜降 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL