天地を 照らす日月の 極みなく あるべきものを 何をか思はむ 

わびぬれば 今はたおなじ 難波なる みをつくしても あはむとぞ思う

十三夜

2016年10月14日 | 秋は夕暮れ
先まくり いま二夜をば 満てずして
くまなきものは 長月の月


藤原俊成


雲きえし 秋のなかばの 空よりも
月は今宵ぞ 名におへりける


西行
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 芭蕉 | トップ | 神嘗祭初穂曳 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL