とんねるず主義+

ライター/クラシック喜劇研究家/翻訳家 いいをじゅんこのブログ 
喜劇狂の優雅な生活 「シャーロック」LOVE

ダチョウ倶楽部(来年で)25周年おめでとう

2009年09月10日 23時28分31秒 | とんねるずのテレビ

本日の「みなさんのおかげでした」は、新企画「第1回最初に作ったネタグランプリ」。
「食わず嫌い」に芸人さんが出てくれた時に必ずやる罰ゲームを、コーナーにしちゃったみたいな的な?(byキング・オブ・コメディ)企画。

・・・が、もうこれはほとんど「ダチョウ倶楽部もうすぐ25周年だねおめでとう」企画だったと言っても過言ではないんではないだろーか。

すくなくとも個人的には、ダチョウ倶楽部が3人そろってやるネタをひさしぶりにテレビで見れたのがうれしかったです。他の番組でやったりしてるのかな?あんまり見ないのでトンチンカンなこと言ってたらスミマセン。

一回戦でやったコントが、妙に斬新でした。ネタが始まってしばしたってから「もしも、本当にヒーローがいたら」と言うところとか(笑)

ネタの雰囲気がコント赤信号に似てるなーと思ったら、ダチョウさんはもともと赤信号劇団というところにいたんですね。さっきウィキペディアで知りました。あと、とんねるずより先輩だろうと勝手に思いこんでたけど、芸歴でいうと5年も後輩にあたるのね。ちょっとびっくりした(笑)

決勝戦でやった瞬間芸コント(やってた当時はまだショートコントという名称がなかったそうです)、むかし見たおぼえがあるような、ないような・・・
リーダーは掟破りのカンペ持参で汗かきかきやってましたね。だけど内容はかなりおもしろかった!

ショーパブで演じてたころ、長いネタではちゃんと見てもらえないため、編み出したのが瞬間芸をたたみかけるという形式のコントなんだそうです。いろいろと試行錯誤をしてらっしゃったんですね。そんなショートコントがいまや主流になってるというのも、なかなか興味深いことです。

それにしても、決勝戦がダチョウ倶楽部vsナイツって、渋いにも程があるでしょう(笑)
というより、ダチョウ倶楽部、おぎやはぎ、サンドウィッチマン、ナイツという、渋すぎるメンバーで1時間やってしまったところに妙に感心したりして。

おぎやはぎのコントなんて、地獄絵図としか言い様がなかったわ(笑)
逆におもしろかったですけれど・・・

スベるの覚悟で出てもらわないといけないとなると、第2回以降の開催は果たしてあるのか!?と危惧しないでもないですが、中堅・ベテラン芸人さんがむかしのネタを一生懸命にやる姿は、もっといろいろ見てみたいな〜と思いました。

とんねるずのネタが見たいっ!!!!!!!!(ワンフー心の叫び)

ダチョウ倶楽部オフィシャルブログ「みんな仲良くわきあいあい!」


番組のラストでは、a-nationにつづいて矢島美容室がシークレットゲストとして出演した東京ガールズコレクションの模様が放送されたのですが・・・

矢島美容室の出演時間が22時近くとかなり遅かったため、お客さんは疲れ切ってて(14時開演だったらしい!どんだけ長いのよ)ノリもいまいち、しまいにゃ家が遠いので帰りはじめるお客さんまで・・・それなのに2曲も歌わなきゃいけなかった矢島母娘。

この放送って「こんな遅い時間にアタシたちを出すんじゃないわよ、主催者さんよ!」っていう意味ですか・・・?

調べてみると、矢島はどうやらトリだったらしい。主催者の気遣いが裏目に出たってやつですか・・・でも現場にいた人のブログをいくつか見てたら「矢島美容室盛り上がっておもしろかった!」と書いてる人が多かったですけどね。


来週はいよいよお待ちかねQQQの休日「ノリさんが男前の小栗旬クンとデートする」編です♪ 予告をチラッと見ただけでも期待がもてそうな感じ。

なんだかな〜・・・とんねるずはやっぱ、お笑い界以外の人たちとからむほうがおもしろい気がす・・・いや、あくまで個人的見解、ね。

さー来週も食わず嫌いはないぞ!!!



ジャンル:
テレビ
キーワード
ダチョウ倶楽部 とんねるず おぎやはぎ ショートコント 東京ガールズコレクション サンドウィッチマン コント赤信号 キング・オブ・コメディ みなさんのおかげでした
コメント (0) |  この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« ラスタとんねるず94 | トップ | 好きなMJのSFベスト5 Part 3(... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む