ナレーター・アナウンサー養成塾

ナレーターとアナウンサーの養成と、現役プロのスキルアップの為の塾です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

専門家のアクセント

2017年02月12日 | Weblog

2017年も既に2月になりました。このブログも前回の書き込みから、一年以上も空いてしまいました。長いブランクになってしまい、読んで頂いている皆様には大変申し訳ありませんでした。何故に書き込みをしていなかったのか・・・気になる日本語を使う方々があまりにも多くなってしまい、呆れてしまって放置せざるを得なかったというのが理由です、と言ったら叱られるかもしれませんね。「ならば、もっと意見を書け!」というのが正論でしょう。という訳で、書き込みます。

世の中には「専門家」と言われる人が多く存在します。政治評論家、経済評論家はもとより、薬の専門家や病気の専門家はもちろん、離婚の専門家、動物やペットの専門家、築地の専門家、などなど何でもありです。その方々が話す言葉には、おかしな?アクセントの言葉が登場します。例えば…経済評論家の「家計」、本来は「カケイ」と平板型ですが、専門家の皆さんは「ケイ」と頭高型にする方が大勢を占めています。事件の専門家と言えば放送局や新聞社の記者の方ですが、その方々がよく使う「背景」は、本来は「ハイケイ」という平板型ですが多くの記者の皆さんが「イケイ」と頭高型に。そうすると一般の皆さんも、よほどアクセントに意識がない限り、そちらのアクセントに流れてしまうことになってしまいます。使っている“専門家”の方々には、その辺のことを心して頂き、いわゆる業界用語アクセントにもっと敏感になって頂ければと思っていますが・・・。

授業見学の申し込みや塾への問い合わせ、言葉に関する質問などはexpert@mars.dti.ne.jpまで。

養成塾のHPはこちらです・・・http://www.mars.dti.ne.jp/youseijyuku/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

謹賀新年

2016年01月02日 | Weblog

明けましておめでとうございます。2016年がスタートしました。日頃サボりがちな更新作業も、今年こそはもう少しマメに取り組んでみようと思っています。今年のブログ内容は、①アクセント②慣用句③諺などの意味取り違え、という内容が多くなるかも知れません。早速一つ・・・昨年のテレビドラマの中での残念賞は「下町ロケット」ですね。内容はとても面白く、毎回とても楽しませて貰いました。が、最終回で恵さん演ずる弁護士が冒頭に登場し、盛り上げの為の前フリをしていました。とその中での言葉に「~の火蓋が切って落とされたのです!」という文言がありました。アチャー!!やってしまったぁ~!と思わず叫んでしまった私。だって、火蓋を落としたら日は消えてしまい、火薬に火がつかず弾は出ませんですよ。「火蓋が切られました」というのが正解ですが、「幕が切って落とされた」とゴッチャになっていると、これが出てしまいます。チェックはなかったのでしょうかね~。

授業見学の申し込みや塾への問い合わせ、言葉に関する質問などはexpert@mars.dti.ne.jpまで。

養成塾のHPはこちらです・・・http://www.mars.dti.ne.jp/youseijyuku/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

駒と独楽

2015年10月11日 | Weblog

またまたアクセントについて、です。この季節、スポーツイベントが目白押しですね。サッカーもワールドカップの予選、ラグビーはワールドカップの決勝トーナメント進出をかけての戦い、テニスはジャパンカップ、そして野球はクライマックスシリーズから日本シリーズへ・・・と、様々なスポーツで厳しい戦いが見られ、各競技のファンとしては嬉しい限りです。テレビ、ラジオでも、実況中継がその戦いの様子を伝えています。その実況アナウンスに決まり文句のように「決勝へコマを進めました」「日本シリーズにコマを進めることが出来るか」と、“コマ”という言葉が踊ります。ところがこのアクセントを『コ』と、尾高型で発する人が多くなっています・・・が、実はこれが間違いなのです。正解は『マ』と、頭高型のアクセント。これは漢字では“駒”、つまり将棋の駒なのです。『コ』ではフイルムの世界のコマ送りのコマになってしまいます。こちらの漢字は“小間”です。おそらく、正月遊びのコマ回しの“独楽”が頭高なので、それと区別しているのかも知れませんが、実は同じアクセント、したがって『コ』では明らかな間違いです。気を付けましょう・・・ね。

授業見学の申し込みや塾への問い合わせ、言葉に関する質問などはexpert@mars.dti.ne.jpまで。

養成塾のHPはこちらです・・・http://www.mars.dti.ne.jp/youseijyuku/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクセントの考察・・・

2015年10月02日 | Weblog

時折、有り得ない!というアクセントを耳にします。先日も、「玉露」を“頭高”のアクセントでナレーションする方がありました。VTRでは何度も「ギョクロ」と言っていましたが、スタジオのアナウンサーの皆さんが「ギョクロ」と言っていて一安心しました。ミヤネヤの宮根さんも「四月」を頭高のアクセント(ガツ)で話していますが、その時は概ね関西弁を使っている時のように思います。関西では四月は頭高、関東では「シガツ」と平板です。二月も同様ですね。最近の若者たちは、関西型のアクセントで話すことが多くなっていますが、それはバラエティ番組のみならず多くの番組に出演するお笑いタレントが、関西系の方が多いからなのでしょうか?断定は出来ませんが、影響が大きいことは否めないでしょう。ナレーションばかりは関西弁という訳には、まだいきませんね。将来はどうか?・・・う~ん、「無い!」と断言は出来ません。

授業見学の申し込みや塾への問い合わせ、言葉に関する質問などはexpert@mars.dti.ne.jpまで。

養成塾のHPはこちらです・・・http://www.mars.dti.ne.jp/youseijyuku/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アクセントの変遷

2015年09月06日 | Weblog

少し専門的な話をしましょう・・・“アクセントは、時代とともに変化する”といわれていますが、本当にそうなのでしょうか。現代でば“平板化”と“頭高化”が典型ですね。“平板化”では・・・以前、話題になった「彼氏」は、もともと頭高のアクセントですが、平板に言うことが流行り、子供はもちろんオジサンもオバサンも、あちらこちらで平板の「カレシ」が使われていました。これは「業者」と同じ理屈です。「業者」は本来、頭高型の「ギョウシャ」ですが、今は殆どの方が「ギョウシャ」と言っています。平たく言うと、大企業だけでなく小さな会社の人達も頻繁に使うようになり、口をつくことが多くなったので、平板にして言う方が“楽”になった、という訳です。“頭高化”では・・・人物写真を撮る時に、人物の後ろにある景色という意味の「背景」。本来は平板型ですが、最近は頭高型でいう人を結構見かけます。これは、インパクトを求めた結果の有り様であると思われます。政治家が好んで頭高にして言っています。とまり、自分の周りだけで言われていたものが、世間一般に広がったという訳です。他にも沢山ありますが、自然淘汰されても元に戻る事も多く、目くじらを立てて言うほどのことはないかと思っています。仕事上では、もってのほか、ではありますが。

授業見学の申し込みや塾への問い合わせ、言葉に関する質問などはexpert@mars.dti.ne.jpまで。

養成塾のHPはこちらです・・・http://www.mars.dti.ne.jp/youseijyuku/

コメント
この記事をはてなブックマークに追加