MISTRAL JAPAN/ONE'S EYES CINEMATHEQUE

MISTRAL JAPAN/ONE'S EYES FILMが主催する上映情報!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ハルちゃんの愉快なあしあと

2007-03-28 22:12:42 | 上映会

~天使になったアーティスト~
一瀬晴美回顧展
「ハルちゃんの愉快なあしあと」
主催:一瀬晴美回顧展実行委員会

会期:2007. 4. 18. Wed ~ 23. Mon
   11:00~19:00(最終日は17:00まで)  レセプションは4.21.Sat 17:00~19:00

会場:Gallery Kirari 
    (渋谷区代々木3-29-5/新宿駅南口より徒歩5分 TEL:03-3370-2471)

夢の仕立屋
   一瀬晴美
最後の一瞬まで
生に輝いたアーティスト

内容
本展は、2005年、若くして癌で亡くなったアーティスト、一瀬晴美の回顧展です。
彼女は、野外インスタレーショングループ「光学劇場」で川の上での実験的なアニメーション上映や手塚治虫アニメーションコンペで準グランプリを受賞するなど、20年にわたって多彩な創作活動を続けた才能あふれるアーティストでした。

末期がんと宣告されてからも、子どもたちを対象にしたアートワークショップ「森のアート海のゲイジュツ」のナビゲーターを努め、ホスピタルアート活動に参加するなど、常に前向きに制作活動を続けてきた彼女にとって、アートの感動を人々と共有することは、まさに生きる喜びそのものでした。

彼女の創り出す作品は、アニメーションを中心に、絵画、人形、舞台美術など多岐にわたっていますが、どの作品もやさしくユーモアにあふれ、豊かな色彩感覚と自由な発想は見るもののイマジネーションを刺激せずにはいられません。

本展では、そんな知られざる天才アーティスト一瀬晴美の作品の全貌を紹介し、一人でも多くの人々に、彼女のイマジネーションの世界を楽しんでいただき、また前向きに生きることの素晴らしさを感じて頂きたく、貴誌にてご紹介頂きたくどうぞよろしくお願い申し上げます。

展覧会概要
会期:2007年4月18日(水)~23日(月)
会場:ギャラリーきらり
主  催:一瀬晴美回顧展実行委員会
展示内容:アニメーション制作&監督作品 9点  関連映像
絵画約100点、 人形 40体、その他マッチ箱など小物作品他




一瀬晴美(いちせはるみ)プロフィール
大阪生まれ。平面、立体、舞台美術と幅広い創作活動の中、野外での映像インスタレーショングループ「光学劇場」に参加するなど特に映像作品で活躍。
AXIAミュージックオーディション ビデオ部門最優秀賞、手塚治虫アニメーションコンペ 準グランプリ等多数受賞。また、自らも音楽とコラボレートした映像を創り、クラブのVJとしても活躍。
晩年は、がんと闘いながらも、子どもたちとのワークショップや「Harumi Doll」の制作。2003年からはホスピタルアート活動にも積極的に取組んでいた。2005年1月12日他界。


お問合せ先 一瀬晴美回顧展実行委員会事務局 (Wonder Art Production)
〒141-0021東京都品川区上大崎3-14-17-901
Tel:03-3280-7155 Fax:03-3280-7156 
e-mail:wap@basil.ocn.ne.jp 
URL:http://www11.ocn.ne.jp/~wap/

プレス情報は以下を参照下さい。
http://mistral-japan.co.jp/ichise_press.pdf
ジャンル:
芸術
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2/25(日)「君が代不起立」... | トップ | 映像(イメージ)の森ワーク... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む