明日を夢見て~神様と筋ジストロフィーと共に生きる~

保田広輝。神戸市の26歳。クリスチャン。余命9年。デュシェンヌ型筋ジストロフィー患者で電動車椅子と人工呼吸器を使っている

春日井福音キリスト教会で証し

2016年11月02日 17時15分18秒 | キリスト教
10月30日は、愛知県にある春日井福音キリスト教会(JECA)で、
礼拝の中で証しをさせていただきました!
 
この日はバンドの賛美礼拝だったので、
僕はいつもとは違って、
たくさんワーシップソングを楽しんでから、証しをしました♪
 
ワーシップソングだけでの礼拝は、
一年ぶりだったから、とっても新鮮だったなぁ。
 
「彼はジェホヴァ」という賛美は知らなかったけど、
ラテン的だったし、南米の賛美なのかな。
 
ブラジルの方々もおられる教会で、
日本人だけの教会とは、ひと味違って、とても活気がありました。
 
お昼からは、10月のお誕生日会があって、
ポルトガル語の「Happy Birthday to You」をみんなで歌いました♪
 
食事の交わりでは、まるで証しのリレーのように、
何人もの方々が、みんなの前で、
ご自分の素晴らしい証しを語ってくださり、
とっても励まされました。
 
中でも、脳梗塞が自然に癒やされた姉妹と、
治療法がない難病の4才の息子さんが癒やされたお母さんの証は、
僕に信仰のチャレンジを与えてくださいました。
 
そして、帰宅してから、ずっと次の聖書箇所が浮かんでいます。
 
【口語訳 ローマ人への手紙 4章17~18節】
 
「彼はこの神、すなわち、死人を生かし、
無から有を呼び出される神を信じたのである。
彼は望み得ないのに、なおも望みつつ信じた。」

 
この御言葉を信じます☆
 
春日井福音キリスト教会は、
あたたかな交わりと、奉仕者の賜物豊かなワーシップ、
そして、みんなの祈りと心がひとつになっているような教会です。
 
教会のみなさまから、あたたかく迎えてくださって、
神様の恵みあふれる素敵な1日でした。
 
下山先生、ミチコ先生、教会のみなさま、心からありがとうございました!









礼拝で平和の挨拶





礼拝プログラム



下山牧師先生と



下山牧師先生、伝道師のミチコ先生とご家族、そして来てくださった友達と



お誕生日会 ポルトガル語の「Happy Birthday to You」



お誕生日会のタルト



食事の交わりと証しのリレー





礼拝の賛美の様子(動画なので、7日後に削除します)




にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村

この画像をクリックしてくださると、当ブログのランキングがアップします。
ありがとうございます。
ジャンル:
きいて!きいて!
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 春日井福音キリスト教会で | トップ | 大人と子どものためのコンサ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (向日葵)
2016-11-02 17:37:29
こんにちは、証が無事に終わって良かったですね。
今度の日曜日は、試問会です。
13日は、いよいよ洗礼式です。
嬉しい気持ちです。
明日は、神学校にて、淀川キリスト病院の先生のお話を聞きに行きます。
向日葵さんへ (広輝)
2016-11-06 21:25:48
コメントありがとうございます。
いよいよ来週は洗礼式ですね。
お会いできるのをとっても楽しみにしています。

3日は神学校の講演に行かれたんですね。
僕は2週間前に、須磨区へ引っ越して、片付けが忙しかったので、講演には行けませんでした。

向日葵さんの体調が守られますように、お祈りしています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

キリスト教」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。