明日を夢見て~神様と筋ジストロフィーと共に生きる~

保田広輝。神戸市の26歳。クリスチャン。余命9年。デュシェンヌ型筋ジストロフィー患者で電動車椅子と人工呼吸器を使っている

生きる意味などは後からつく

2017年04月04日 21時44分10秒 | エッセイ
これから、日常の中でふと感じたこと(独り言?)も、
書いていこうと思います。

無意味な時の流れは、
「生きている意味」を分からなくさせる。

でも、「いま」に意味を見つけられたら、
人生を見失うことはない。

たとえ病気の痛みで何もできない日でも、意味はある。
「いま」が大切だ。今日という日は今日しかない。

海の底に沈んだ日でも、青空を飛ぶことはできるよ。
心に形はなく、自由に姿を変えていけるから。

人生に重い意味を与えているのは、
この世での人生が一回きりだということ。

人生は取り返しのつかないものであり、
全てやり直しがきかない。

一日一日、一瞬一瞬が一回きりだということが、
人生に素晴らしい重みを教えてくれる。

僕は難病を通して、
人生が限られたものであることに気付き、

残された貴重な時間をどう生きるか、
考えるきっかけを与えてくれた。

死を恐れて、
単に「死なないこと」を願うのではなく、

死すべきものとして、
「どう生きるか」が大切なんだ。

♪BGM♪

季節は次々死んでいく / amazarashi

「明日は次々死んでいく
急いても追いつけず過去になる

生き急げ僕ら 灯る火はせつな
生きる意味などは後からつく」

歌詞はこちら→青字をクリックしてください





にほんブログ村 哲学・思想ブログ キリスト教へにほんブログ村

この画像をクリックしてくださると、当ブログのランキングがアップします。
ありがとうございます。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« イムマヌエル神戸キリスト教... | トップ | 4月16日に »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (向日葵)
2017-04-05 07:49:58
今を生きること大切ですね。
若い頃に聖書を読んでいたら、
クリスチャンになっていたかわかりません。色々な、人生を経験したからこそ、聖書を読み、人生はやり直しは、出来ないけど、病気と付き合って、その時を大切したいです。
向日葵さんへ (広輝)
2017-04-06 21:44:24
コメントありがとうございます。
今を一日一日積み重ねて、人生を大切に生きていきたいです。
何も変化がない日常も意味あるものにしていきたいと思っています。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

エッセイ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。