UV表面改質と接触角計のブログ

UV表面改質と表面評価接触角計の横浜市のエキシマ社のブログ

接触角のばらつき 静電気編

2017-04-19 08:43:12 | 表面評価用「接触角計」
こんにちは、横浜市のエキシマUV表面改質システムと接触角計メーカーのエキシマです。

意外と知られていない、接触角のばらつきの原因として静電気があります。導電性の金属でも接地されていなければ帯電します。冬場のバッチとくる放電が溜まっている状態です。絶縁物の場合の表面電荷は高いところもあれば低いとこもあるまだらな帯電分布になっています。※
そのような表面に水滴を滴下すると場所によっては帯電した表面の電荷の影響を受けて水滴が引っ張られたり形が変わったりすることで接触角計測結果が異なることがあります。

※独立行政法人 産業技術総合研究所 生産計測技術研究センター 公開サイトより

【関連記事】当ブログ中の「接触角計」の関連記事


▲静電気分布例 ※




UV表面改質・洗浄と接触角計測の株式会社エキシマ
神奈川県横浜市青葉区もみの木台23-15
TEL 045-507-3313
ジャンル:
各業界情報
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 接触角計測結果のばらつき ... | トップ | まもなくおかげさまで創業10... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL