EVOLUCIO WORKS INFO

EVOLUCIO WORKS INFORMATION

夢の羅列<初夏の混乱オブリガード>20170421

2017-04-29 13:12:37 | Dreams
夢の羅列<初夏の混乱オブリガード>20170421


つづき。

私は家に帰って来た。残念ながら、まだ夢の中である。

国道の露店だのレシートだのホットケーキだのと、なんだかひどく疲れてしまい、
私はドアを後ろ手に閉めた途端、すぐそこの床で横になってしまった。
コーヒーとか仕事とか計画とか、もう何もする気がなく、とにかく眠りたかった。

だから私は夢の中で眠った。
冷たい床が心地よかった。
なんとなくどこからか風が緩く抜けていくのが嬉しかった。

ところが、しばらくすると、そんな初夏の安らかな眠りを妨げるように、
「ピンポーン」
チャイムが鳴った。
なんだよ。誰かが来たようだ。

私は身体が疲れて動かないのと、どうせこんな時間に来る奴といえば
どうでもいいやつしかいないとわかっているので、起きずにいた。

まだドアの向こうに気配があり、間を置いてまた
「ピンポーン」

荷物が届く予定も今日はないし、いったいなんだろう。

ああ面倒だな。

いやそういえばこの間、夜に家中真っ暗にしてボーッとしていたら、
同じようにチャイムが鳴って、出てみると、男が立っていて、
それがひどく驚いた顔で、
いかにも、真っ暗で不在だと思ったら居た、といったような顔で、
「何?」と私がわざと低い声でぞんざい応えると、
「イ、イ、イ、伊藤様ですか」となどと怪しいことを言う。

無言で5秒間ほど男の顔をまじまじと見てやってから、
「残念。違うな」と私はドアを閉めた。

違うに決まってる。表札が出てるんだから。

そうか。それに最近、無言電話がかかってくるしな。
あれも怪しいな。

いや、しかしあの無言電話はなにか違う感じか。

なんというか、節度のある無言電話という感じで、もしくは、
常識的かつ礼儀を知った無言電話というか、
一日に二度かかってくることはまずないし、
受話器をとるとすぐに切れるし、
深夜とか早朝とか、迷惑な時間には絶対にかかってこないし……。

それにしても、まだドアの向こうに気配がしている。

起き上がる力はまだないのだが、身体を少しずらせば、
ドアの通風口から外が見えることに気づき、私は少し動いた。

現実の私の家のドアにはポストも通風口もないのだが、
夢の中のドアにはそれが付いていた。

ドアの中央、やや下にポストがあって、その下に通風口があった。

通風口はドアにはめ込まれた幅20センチほどのブラインドのような構造で、
ポストもなぜか素通しで、私がやや下方から覗くとその二つから外がよく見えた。

柔らかい午前の光を背にして男が一人立っていた。

私はそれを見て急激に目覚め、飛び起きた。

よし、こいつの顔をよく確認しておこう。
確認したぞ、忘れないぞ、と相手に思わせることも大事なことである。
ガチャッとドアを開けた。

そこにいたのは知らない男だった。
齢は、うーん、20代後半から35くらいか。
顔は日系インディアンといった感じ
そしてなぜか詰め襟。もちろん黒。

なんだコイツ。なんで詰め襟。私は相手が変な奴すぎて言葉が出なかった。

少し間があって、男は驚いた様子もなくこう言った。

「こんにちは。私はブラジルから来ました。○○さんの紹介で、
しばらくこちらでお世話になることになりました。よろしくお願いいたします。」

「お願いします!」「お願いします!」「お願いします!」

男たちの太い声が一斉に閑静な住宅街に響いた。

おいおい。インディアンの後ろにまだ詰め襟が3人も並んでいるじゃねーか。

私は正直、絶句した。
夢の中とはいえ、あんまりである。

なんだよブラジルって。日系ってことか。
○○はたしかに知り合いだが、なんでこんな急に、しかも連絡もなしにか。
なにが「しばらく」だよ。
こんなブラジル応援団みたいなのとしばらく生活なんて、とてもじゃないが、無理だ。
しかし○○の紹介が本当だったら、顔をつぶすことは出来ないし。

私は混乱した。アイワズィンコンフュージョンである。

むしろオレがしばらくここを出て、こいつらに貸しておけばいいのか。
いや逆だろう。
どこかタコ部屋みたいなのを借りてやって、この応援団を詰め込めばいいのか。

だいたい、しばらく、ってどれくらいだ。

常識をあまり持ち合わせていないとはいっても、あくまで日本人のオレの感覚と、
あいつらラテンの感覚と、その差が怖いな。

どうしようか。いったんドアを閉めるか。
そして開けたら、全部夢だったなんてことかもしれないし。

フォーカスの甘い朝の光景。男の肩越しに淡い日差し。
遅い花も散り、気がつけば緑の装い。

雨が降って、それから夏か。

おわり。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夢の羅列<田中ホットケーキ... | トップ | 夢の羅列<なぜか埼玉>20170503 »
最近の画像もっと見る