茶々丸の ほぼ毎日1枚

1日にほぼ1枚 珍しくもない ありふれた画像日記 

256 安曇野の道祖神

2016年10月19日 | 日記
    
      道祖神は むかし集落の境や道の辻に 村の守り神として作られ
   祀られたものが 今でも長野県の安曇野地方には500体を超える数が
   残っていると言われています
    今日の安曇野は汗ばむ陽気でした 衰えた脚にムチを入れながら
   JR穂高駅から道祖神を訪ね 里山風景を楽しみ ワサビ田まで足を
   延ばし深まりゆく秋を堪能してきました
 







年代の古いもの新しいものが 交じり合っているようです



 
イチイの実



 
清流のワサビ田





マンホールのフタも道祖神がデザイン



穂高のマンホールのフタは北アルプスです

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 255 秋ですネ 3 | トップ | 257 ドングリ君のお風呂 »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-20 19:07:34

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。