セツの 日々つれづれ日記

猫たちの様子や感動した景色など、日々のささいな出来事をアップしています。

ある夜の愛の形

2017-06-29 09:52:30 | 

梅雨がやってきましたね

今年の春はほんとうに雨が少なかったので、雨がうっとうしいというより

「うるおうわぁ〜〜

という感じがします。


さて、今日の写真は。

まだ少し涼しかった夜の猫たちです。


しろちゅさんがくつろいでいるところにイブちょ登場。




以下、勝手な想像でお送りします(笑)。



イ:よっと・・・




イ:のしっ・・・




イ:ここに座ろ。




イ:お邪魔するよ、ぺろりん。




し:いいわよ、ぺろりん。




イ:愛いやつめ。




し:いやんこそばい




し:おかえし




し:イブちょいつもありがとう




イ:こちらこそ




ここで物音を立ててしまう私。


イ:見られてるな・・・
し:見られてるわね・・・




し:大丈夫。ここは安全なあたちたちだけの世界




イ:そろそろ寝ようか。




し:そうね、おやすみなさい・・・









うれしい時のしろちゅの笑顔は、ほんとうに女の子らしいです


最近のしろちゅは、またちょっとずつ家猫らしくなってきましたよ

なんと、私に向かってめーーん!とよく鳴くようになったのです!!!

私が料理していると、台所に入ってきてこちらを見てめーん!!って可愛いお口を見せてくれます。

遠くからもめーん!と大きな声で鳴いています。

私に。わたくしにです

イブちょに対しての甘あまな声色ではなく、清々しいめーん!

こんな声で呼んでくれる子だったのね・・・。

7年経って初めて分かったのですよ・・・。感動・・・


さらに、トイレの出待ち、おやつのおねだりも一段と積極的に。

あっちにこすり、こっちにこすり・・・、50センチぐらいの距離でやってるの。近い!!可愛すぎる!!!

・・・私の足にもこすりしてくれていいのよ?

それはまた、次のハードルだね、しろちゅ


ひろみちゃんもとっても元気にごろんごろんしています。

みなさんの傍にいる猫ちゃんわんちゃんたちも、みいんな元気でラブラブハッピーでありますように

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

春の道草1

2017-05-16 21:21:30 | 猫と花
今回は、春の道草編その1です。

バタバタしている間に咲き終わってしまった花たちですが、よかったら見てくださいね。


ではカメラを提げて、公園までお散歩に出かけましょう!!



道草。

言葉のイメージは、なんだかこう、サボってるような感じがするものですが

今回はその字のとおり、道の草花の意味で書いています。

桜が咲いていたころ、ちょっと紫がかったピンクが見えたら、だいたいこのお花でした。







ホトケノザです。


名前の神々しさ、すがたかたち、大好きなお花です

舞姫さんが扇をひらりひらりとさせているような、不思議で優雅な形。

ふわっと起毛しているのも、まるで彼女たちの魅力が光を放っているようで、目が離せなくなります。

今回は桜をバックに撮れて、とてもラッキーでした



次に出会ったのは、見ると(春が来たなぁ)と実感する、そんなお花です。




小さい頃から大好きだった、このささやかな青い光。

名前は嫌いなので書きません。みなさん素敵な名前で呼んであげて下さい。

私は・・・、今年はどう呼ぼうかな。『夜の星』とでも?

さっきテレビで『見上げてごらん夜の星を』を聴いたところなので。


〜♪ みあげてごらん よるのほしを
   
   ちいさなほしの ちいさなひかりが

   ささやかなしあわせを うたってる ♪〜
   



次は、庭でもたくさん見つけたこの花です。





オランダミミナグサ。

名前の通り外来種で繁殖力が強いため、雑草として抜かれてしまうことが多い花なのですが

こうして花が開いているのを見られた時は、すごくすごくラッキーだと思います。

だいたい閉じている気がするから。

真っ白なこの花は、こころを浄化してくれるような空気を持っていました。


てくてくてく。歩いて行きます。

真っ青な空の下。寒くも暑くもありません。


次に目に飛び込んできたのは、こんな紫色。





スミレです。

朝の連ドラで主人公の名前にもなっていますね。

野山に咲くこうしたスミレは、似た種類がたくさんあって私には区別がつかず(汗)。

スミレちゃんと、シンプルに呼ばせて下さい

かわゆいですねぇ

ひらひらひら、ちょうちょのように飛んで行きそうな気がしました。


あらあら、そこに、地面に倒れてしまっている草が。



よく見ると、ノボロギクでした。




このぎゅっとつまった黄色いところが好き。

抱きしめた花束のようで。

生命力を感じます。

この花のように、心も体も強く、強くありたいな。


広い広い田んぼの脇を、まっすぐまっすぐ歩いて行くと。

ひょろりとした花たちの群生に出会いました。












ぺんぺん草、もとい、ナズナです。

横から見た葉っぱの散らばりも楽しいですが、真上から見た時の可憐な花たちもいいでしょう!

風にふわふわと揺れていました。

小さい頃はその美しさがちっとも分からず、葉っぱを引っ張って垂らし「かんざしー」なんて笑っていました。

それをまた両手に挟んで茎をくるくる回し、葉っぱが鳴らす音に耳を澄ませたり。

懐かしい思い出を、毎年運んできてくれます。

今年も咲いてくれて、見せてくれてありがとう。ぺんぺん草ちゃん。


小さくてささやかな道草たち。

それに気づけたことが、私にとって素晴らしい宝物です



道草のつづきは、また次回へ。

あとは恒例のねこねこタイム〜〜〜



夜の風を、二人で感じているようです。




しばらく経って、そおっと覗くと。




なぜか二人とも、んんんーーーーな顔

思わずブフッと吹き出しました。

なかなかいいタイミング〜〜〜


またある日の夜は、しゃがんでいて、ふと気配を感じて見上げると。



おおう、美人さ〜〜ん

今回は一両編成でした(笑)。

(二両編成(縦列駐車ともいう笑)はこちらの記事の最後にあります→『ある冬の日の景色』


猫たちがくれる静かな夜が、お月さまとともに更けてゆきました。




最後に、ちょっと歌ってみた動画を。

(音量にお気をつけください)




ピアノ入りはYoutubeでは初めてのアップです。

ジャーンジャーンだけだけど

コード進行は自分で探しました

下手ですが、気持ちのままに・・・



それではまた次回お会いしましょう〜〜〜

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

春のお庭 2017

2017-04-22 02:33:13 | 庭の花

こんばんは!

春は、どんどんと花が咲いて嬉しい季節ですね。

まずはお庭の様子から、アップしていきますね。


まだまだ寒かった3月下旬、元気に花を咲かせたのは野草たちでした。



片隅に、ふわりふわりと光を放っていました。






アネモネが今年もパカっと開き。




ひろみちゃんのおみみもぺろんとひっくり返り




猫集会が開かれて。




モミジの新芽は赤ちゃんのおててのように柔らかく・・・




4月に入り暖かくなってくると、イブちょの森を探検

いそいそと入っていきます。



見事に咲いているサクラソウは、お隣の奥様が育ててくださったもの。

可愛いお花をたくさん見せていただいています。







イブちょの森は、おもてにある共同花壇です。

なんてことはない、小さな花壇なのですが。




こうして撮るとちょっと森っぽい??




周りが木に囲まれているので、きっとイブちょは落ち着くのでしょう。

しばらく出て来ませんでした。


そしてやっと出て来たら。

ごろーん♪




はい、砂だらけタイム。あああ。

ぐねぐね。



しゅぱっ!



ゴロンゴロン。いつも大興奮で。

好きなんだなぁ・・・



庭の中に戻り、草にもぐってちょっとまどろんでみたり。



草の香りを楽しんだり。




じっと動かないイブちょのヒモを握りながら、今見てくれと咲き誇る花たちを眺めていました。








写真に撮ると、花たちの細かいところまでよく見えて、嬉しくなります。

自然観察がとても好きになりました。楽しい♪


こうしているとそろりそろりと、やってくるのはひろみちゃん。

「ちょっとお邪魔してますよ〜」

感染などの恐れがあるため、適度に距離を取りつつイブちょをお散歩させています。

ひろみちゃんは仲良くしたそうなのですが、近づいて来るとイブちょを抱き上げて移動。

どちらにも申し訳ないなぁと思います。ごめんね。

病気なんて、地球上からすべてなくなってしまえばいい

ひろみちゃんは今までに2回血液検査をして病気はなかったので、大丈夫だとは思うんですが。

いろんなオスがやってくるからなぁ・・・。

私が認識する何年も前からここらへんに住んでいたひろみちゃん。

これからもずっと元気で暮らしていってほしい。


イブちょのお散歩、これから真夏になるまでは続きそうです。



また可愛い写真が撮れたらアップしますね。


次回は公園編です。

お楽しみに!!!

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

ある冬の日の景色

2017-04-20 12:09:57 | 日記(+猫)

お外はすっかり春ですね〜。

冬に撮っていた写真がこのままではお蔵入りになりそうなので

今日アップさせてくださいね



おひさまのぬくもりを浴びに、箱ハウスの上でくつろぐひろみちゃん。

うふふって顔、してませんか?



イブちょのクエスチョンしっぽが写っちゃってます


ひろみちゃん綺麗だね〜




野性味のある褐色の美人さん。瞳は緑。




一瞬見切れているのは。




去年からこのあたりを縄張りにしている男の子。

ある日網戸越しに家を覗き込んでいて、てっきりひろみちゃんだと思ったらなんか違う。

・・・、あんた、だれ???

すーっと血の気が引いて、すごく低い声でそう呟いてしまった。

それ以来、この子の呼び名は『あんただれ氏1号』。


1号ということは2号も3号もいるわけで。

グレーのふさふさやら茶トラやら。

いろんな子が庭を通り過ぎていきます。


さくらんぼの木には、ちっちゃなお客さんもやってきました。

ジョウビタキ



シジュウカラ



家の中から網戸越しに撮れました。うれしい。


今年は結局コタツを出さずにしのぎまして。

ホカペと毛布の上は、私たちの食事時以外は猫たちの巣になっていました。






ふたりでらぶらぶ、心も体もあったかいね


ちなみに食事の時はこんな感じ。



もふもふなおなかやももたを触りながら、チャーハンとかいかがですか(笑)。



日が暮れると外は雪になっていました。

今年は5センチくらいしか積もりませんでした。残念。



それでも、雪の姿をこうしてじっと眺めることができて、手は冷え切っていましたが幸せな時間でした。




ちょびっとの雪でも、嬉しいんです。



夜の水仙は、ぞくぞくするほど美しい。




月を見上げて。



さくらんぼの枝の間から透かすように。



ふんわりと、冬の色でした。



旦那が寝に上がっていくと、しろちゅはととと〜と降りてきて。

ここからが彼女の時間のようです。

このときが一番、彼女が油断していると私は知っている。ふっふっふ


この日もそんな丑三つ時。

ふと気配を感じて振り向いたら。

あらしろちゅ!!



ピアノの上にいる姿を発見しました

かわいいね〜しろちゅ


さらに、さあ寝ようと電気を消そうとしたら。

ソファの背もたれの上にイブちょさん・・・としろちゅ!?



こんなシーン初めてで、心の中は大フィーバー!!

しかしこのままキープしてて〜と静かーーーにカメラを取り。

手に汗握って撮った一枚なのでした!

ひゃっはーーーー

並んでるよ〜、並んでるやんかと、翌日旦那も大興奮でしたよ


そんなこんなで、ささいだけれど私たちにとっては大きな喜びを見つめながら、この冬は過ぎていきました。


さあ、次回からは春の写真いきますよ〜〜〜

またどうぞ、寄ってってくださいね
コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加

すっかり春ですね。

2017-04-10 01:17:10 | 猫と花
とっても久しぶりの投稿になってしまいました。

トロさここに極まれりのセツです。

見に来ていただいていた方、本当に申し訳有りません



1月。20年ぶりのインフルエンザでダウン。

ポカリ片手に這いつくばって耐えました

その直前に近しい人の緊急手術と入院もあって、途中から手伝えなくなりあたふた…。

手術は無事成功して、今はピンピンしてはります。

良かった良かった。

この頃の猫たちは。



ホカペの上でまったりまったり。



ふたりでラブラブ

マッサージ機に乗るとイブちょが飛んでくるようになり。



結構揺れると思うんですが、何か特別なイベントのように思っているようです


2月〜3月。自治会にて自分の役割の仕事が立て込み、引き継ぎ資料の作成にも頭を悩ませました

私はわりと、初めての方とでもさっと話すことができる人間なのですが、自治会活動では周りは両親の年齢くらいの方ばかり。

難しい案件が多いし話が通じなかったりするし。

わーっと頑張るんですがあとでどっと気疲れしてしまって…

だんだん憂鬱になってきて体は動かなくなってくるし、参りました。

ブログを書かなきゃと思っていたのですが、書こうとすると「助けて〜」とか「もういや〜」しか思い浮かばず

なので、とにかく自治会の仕事を最後までやり切ることに専念しました。


この頃やっと、雪雲がやってきて。



少しだけ積もりました。



雪の中きりりと咲く水仙は、【雪中花】というのだそうです、まさにそれだという風景を庭で見ることができました。



4月。太るわ髪はボサボサだわで最低な状態でしたが、なんとか最後までやりきり、引き継ぎ資料も丁寧に作って渡せて。

ホーーーッと肩の荷が降りました


終わった次の日から我慢していたウォーキングを再開。

野花の写真を撮り、青空を見上げて。









やっと人心地がついたところです


猫たちはみんな元気にしていました







みんな可愛く甘えてくれて、たくさん助けてくれました。


あと1年は会議への出席はあるんですが、これからは落ち着いて暮らしていけそうです。


またぼちぼち、投稿しますのでよろしくです


最後に、懐かしい写真が出てきたので載せておきます。

なんて顔だ!!



それではまた。
コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加