FishingEveryday

毎日釣りを楽しもう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

岐阜片知川での渓流釣り

2017-03-20 23:51:12 | 日記
渓流釣りのメッカ岐阜県の美濃市にある片知川は鮎釣りアマゴ釣りで有名な木曽川系板取川の支流です。

上流には管理釣り場である「美濃フィッシングエリア」があります。

所々に湧水があるため夏バテしている魚にとって住みやすい川になっています。

この渓流ですが、夏場は釣り客よりハイキングやサイクリングを楽しむ人が多いです。

渓流魚相手に人影はご法度ですね。

できれば人がこない朝方5時~8時くらいの釣行が私としてはお勧めいたします。


さて、ここの川に臨む時ですが気を付けなくてはいけないことがあります。

岩場が非常に多く、最短距離で進もうとすると大きな岩の上を歩かなくては行けないところがあります。

私は遠回りして沢登りをしますが、大多数の人がショートカットを使うでしょう。

3点着地を肝に銘じておきましょう。

ここでの釣りですが、私は餌釣りとフライをお勧めいたします。

ここのポイントはかなり浅く、流れも速いので根掛かり連発必至です。

餌ですが、イクラとブドウ虫を中心に使っていますがライズが多い時は岩底のカワムシをよく使っています。

カケアガリにはかなりの魚が集まっていますが、なぜかイクラには一度も食いついてこないのでムシもしくはフライでいくべきでしょう。

この川はどちらかというと天然の魚が数多く住んでいる川です。

数釣りたい!と思う方はお勧めできない場所です。

豊かな自然に囲まれた川でゆったり釣りをしたい方に非常におすすめできる川です。

皆さんも是非いらしてください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ベテランのお爺さんに友釣り... | トップ | ドローンを使った渓流釣り »

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。