腐った世の中は身を生じない



「いっつもここでこんなことしてんの?オレも偶にここに来ようかな?」ってんで、大学の時の同級生が溜まり場@何とか部の部室。其処には千原ジュニアと爆笑太田もいて、太田に、「モダニズム春山(行夫)が好きなのか?」訊かれた。足許、男性用の付爪が落ちていた。 / そばを温めるか?温めないのか?迫るビビる大木。それについて、オレは、オフィシャルか?そうでないか?で決定しようとしている。 / オレをガン視する奴が近づいて来て、手の甲を、(実際にはないがあると云うていで)消しゴムで消し消しってGAG披瀝、オレはつまらないと蔑む。 / 本棚に於ける本と本の間に挟んであった袋詰めの、糞処理をしていない胎児を開封する恐怖感に苛まれていたオレを救ったのは、実は開封したら中身がハサミ虫だったと云う結果であった!しかし、咎められ、結局、倒れ込む。ま、ユングだったらこの夢如何分析するか知らんが、、、ディスストーリー・ベースドオン・マイ・“スウィート”・ドリーム。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「我々の肉体は死して屍、切り刻まれて腐るしか道はないが、精神は例え切り刻まれても、尚、生き続けるのである!」【或る友人の喝破..】

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「パーマンセットで銀行強盗している画像下さい!」(二十四歳 /      )

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「我々、ニードレスニートは、現代社会に於いては、鬼ヶ島の鬼と同義である。」【或る友人の喝破..】

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「あれでしょ?外国の紙幣、札束が山積みになってる部屋とか見た時の、何か、変な感じみたいなもんでしょ?」(二十四歳 / A.K.A. 花魁横丁のヴィヴィアンガールズ)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「何も考えてない時は、頭の中で、二十三時五十九分のリフレインが止まらない...」(二十四歳 / 痩せ型身長173~175だと思われる...)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「自殺マークは、矢印に半円。意味は行動心理学。(痴漢してもやり直し!)」(二十四歳 / キカイダー混血児A.K.A.言葉のギャング@シーメールスウィッチ)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「ええ?嘘だろ?ルックスの野郎が、女とエロトークしてイヤガル!!!!!」(二十四歳 / 分食万歳!)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「何で、地元の固有名詞出さないかって?恥ずかしいからだからだよ!バカにされるからだよ!」【或る友人の何とか言...】

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「憶えちゃったよ、お咎めセットリスト!」(二十四歳 / 奇面組選伐総選挙)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「歳相応。都市相応。可愛いおばさんは確実に存在する...」(二十四歳 / 外様大名誉教授(とざまだいみょうほまれきょうじゅ))

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「あの眼だよ、眼!」


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「…大体、現代の作家でTWITTERなんかやってもどーせクソ面んねぇだろ?町田康とか西村賢太あたりのツイッターなら面白そうだけど、やりそうにない罠…、ともったら、あったよ!丸健TWITTERと云う、余りに真っ当、余りにまとも、余りに正し過ぎて思わずワロテまうTWITTERが…!」【或る友人の何とか言...】

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




腰を屈めドゥーテストを物色していたキミのK2目掛けておっとっとっなんつって転倒し掛けた振りしてそのまんま決死DiVE真ッ逆様ライク亜ミクロの決死圏剥き出しでないプッシーにインディゴデニムのジーンズ切り裂き頭から突っ込み逆出産のてい、スカルファックするが如く、“大魔王封じ”と書かれた小瓶に魔封波で吸い込まれるみたいにそのままの勢いでずるずると頭部から呑み込まれ子宮に回帰しどっかの馬の骨野郎の着床した精子を説得して今回は出生を見送って欲しいと乞い願い子宮内対話したいぜ?NEWESTDAYS!

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「ながく付き合ってれば、はいいいえ、若しくは、言語化する以前にその人の体調の良し悪しが判るゃね。(Da!Hood'n Dah!)」(二十四歳 /A.K.A.キャバ下 遊一)

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ