腐った世の中は身を生じない



歩いて帰ったら死ぬレベル。最初、風だけだったのが次第に暴風雨になり、女の子たちは絶叫。スマフォで写真撮ってた男も神妙な面持ち。あまりにも凄まじいから駅舎で雨宿りしていたら、盗撮?偶々か?まさか、リーマンのおっさんが俺を盗撮する筈がない。でも、チラチラ。そして、ニヤニヤ。知り合いか?まぁ、知り合いだったとしてもほっときゃいっか?如何してもあれなら、話し掛けて来るだろうし、なんつって呑気に構えていたのだけれども、そいつはいつまで経っても帰らない。俺も帰らない。他の奴らはみんな車で迎えに来て、ずうっといるのはそいつと二人だけ。漸く、雨が止み、そいつの前を通り駅舎を後にし、歓楽街は客引きがいるから通らず、ひとつ路地に入った呑み屋街をいつも帰り道にしていたのだけれども、ふと、後ろを振り返ると、さっきまでずうっと一緒にいたリーマンがいて、偶々だろ?と走って曲がって曲がって大通り出ても、ずうっと追い駆けて来る。これは本格的にやばいな?と思いそのまんまの勢いで住宅街に突入し、世に奇妙的展開だとそっちに気を取られているうちに轢死とかだから、それも気をつけながら、単なるホモならいいけど、なんかリーマンがよく持ってるバッグ持ってたから、そん中にナイフがすげぇ入っていて滅多刺しとかされる恐怖に震えながら曲がって曲がってなんとか巻いて、24時間営業のスーパーマーケットに行き、誰もいないか?注意しながら店を出、自宅特定されたらことだから、ずうっと振り返りながらマンションの玄関でも左右確認しながらなんとか帰宅。まさか、そんことがある訳ないと、思っていたのだけれども、考えてみたら、きちがいの眼をしていたような気がする。ストーカー被害話は野郎の武勇伝みたいなもんだから、アゲ盛り底上げホラ真っ盛りだと侮っていたが、こんなにも恐ろしいものだとは?こないだワイドショーを観ていたら、ストーカー特集(実際は単なるシコリ魔クリスティ)でまず、女子アナがサラッとストーカー自慢をし、あたしも!あたしも!と、続いて、「これは、誰にでもある珍しいことではないんです。」と前置きをして安藤優子さん、ここまでは判る。安藤さんは美人の面影あるから。しかし、女の 魂火をつけてしまったのか?このタイミングしかないとばかりに、如何見ても阿佐ヶ谷姉妹系のコメンテーターが被害を訴え、スタジオ内の女性ストーカー被害率100パーかよ?と椅子から転げ落ちそうになったのだけれども、それにしても、をやぢがをやぢをストークって単なるサービス尾行じゃねぇかッ!ま、ユングだったら、



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« SILENT NOIZE ... SILENT NOIZE ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。