evergreen の ふぃ~るど・のおと

~「ふるさと」の自然やくらしのなかで 気になる話題をつぶやいてみる~

拭えない違和感

2017年05月14日 | Weblog
郊外の公園の駐車場横にそれはある。ジェット戦闘機の傍らには「航空自衛隊から借り受けている」と表記されているが、そこに「戦闘」の文字は見当たらない。遡ること35年ほど前の話らしいが、この戦闘機の運搬、設置に関して小さなマチに大騒動が起こったと聞いたことがある。戦争に使う道具をまして子供が主に遊ぶ公園に置くことへの反対運動が、当時の労働組合を中心とする組織から起こったという。座り込み運動までして阻止しようとしたらしいから、近年の基地反対運動などを報道で見るような光景が展開されたのだろう。では、設置促進の発端は何だったのか?建前としては「航空科学教育の普及・啓蒙」といったところだろうが、本音の部分は違うところにあったと考えるに易い。イデオロギーの議論を超えてみても、違和感を感じる人が多いのではないか。いつまで置くつもりなのだろう。たまに寄る自衛隊さんのためだったら、休憩ベンチを置いたほうが喜ばれそうだ。所期の目的が達成されつつある現代、そろそろ返却する議論をはじめてもよいのではないかと感じるが・・・。(寿)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クリーン作戦+「α」 | トップ | 大切な距離感 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL