マニアックホラー映画を中心にあらゆるジャンルの映画をご紹介!

ここではホラー映画を中心に、
王道映画から、マイナー、マニアック映画、
あらゆるジャンルの映画をご紹介!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本日の映画:隕いったい何が起きたのか?「クローバーフィールド」のご紹介

2013-03-19 23:42:06 | SF映画
映画:「クローバーフィールド」のご紹介


【ストーリー】
あるパーティーに出席していた若者はビデオカメラで
その様子をインタビューを交えて録画していた。

だがあろうことか、パーティーの最中に、
恐ろしい事件が起こる。

巨大地震に似た現象が発生。
パーティー会場がパニックになる様子から始まって、
その後地震はなんだったのか?といったこと全てを
カメラが記録しているのであった。




【筆者コメント】
大混乱に陥ったN.Y.の惨状を、
一般市民が撮影したビデオカメラという視点から
映像化した映画です。


映像がカメラの手ブレで臨場感がある一方、
ずっと見ていると映像酔いしてしまうかもしれません。
気持ち悪くなる可能性があります。

しかし、映画としては良くできています。
CGのクオリティーも高く、
自分がその現場に居合わせているかのような
気分になります。

ストーリーはたいしたことないのですが、
最後までサバイバルの様子を飽きることなく
見せてくれるのでなかなか面白いです。

結末については賛否分かれるかと思いますが、
つまらない映画ではないと思いますので
興味のある方は一度ご覧になってください。


ストーリー ★★☆☆☆
映像・CG ★★★★☆
熱中度   ★★★★☆
構成    ★★☆☆☆
意味理解  ★★★☆☆
感動    ☆☆☆☆☆
おすすめ度 ★★★★☆

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

痴漢冤罪について

2013-03-19 23:10:14 | ニュース
痴漢冤罪について


痴漢に間違われてしまった場合、警察に
「認めるなら罰金で釈放」と言われる事が多々あるようです。

本当にやっていないのであれば、
NOと断り続けなければいけないようです。
絶対に容疑を認めないようにしなければなりません。

「条例違反の痴漢の場合は、認めたら罰金で釈放される」
という説明自体は、間違ってはいないそうですが。。

一度安易に容疑を認めてしまうと、
後から真実を証明することは非常に困難とのこと。

最後まで真実を主張し続ける以外にはありません。
「罪を認めたら今すぐ罰金で釈放にしてやる」
との甘言にはのらないことが大切だということですね。


私は、混んでいる電車の中では、絶対にドア付近に近づかず、
座席の方までいきます。

行けない場合は、両手を上にあげますね。


冤罪の映画で、
「それでも僕はやっていない」という作品がありました。
一度痴漢で訴えられると、無実でも
ほぼ100%有罪になるようです。

こわいですね。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加