マニアックホラー映画を中心にあらゆるジャンルの映画をご紹介!

ここではホラー映画を中心に、
王道映画から、マイナー、マニアック映画、
あらゆるジャンルの映画をご紹介!

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本日のVシネ映画:「ブラックマフィア前編&完結編」のご紹介

2014-01-31 20:43:19 | Vシネ&任侠
Vシネ映画:「ブラックマフィア前編&完結編」のご紹介





【ストーリー】

龍田組若頭は、学校の教師をしている弟と
20年ぶりに再会することになった。

龍田組では麻薬でのしのぎ(収入)で組を運営することは、
ご法度だったのだが、

教師の弟より、勤務する中学に龍田組からの麻薬が
売りさばかれている、ということを若頭の兄に告げる。

若頭は組の内部裏事情を知らされることなく、
麻薬ビジネスの取引があったことを悔やみ、
また、同時に、この陰の商売が後の龍田組に最悪の事態を
招くなどとは予想だにしなかった。





【筆者コメント】

久々のVシネご紹介です。


俳優・遠藤憲一主演の任侠Vシネパート1&2です。


4、5年前のVシネで少々古いですが、
面白さはちゃんと演出されています。


過去GPミュージアム
→[現在:オールイン エンタテインメント]
にて作られた作品です。




作品の内容ですが、
弱小のヤクザ組織「龍田組」が、
巨大な勢力に飲まれていく様を表現したVシネです。


結末まで結構悲しい展開が続きますが、
見る人の気持ちも考慮して、わかりやすく、
そしてあきさせないような演出があって、
面白く作ってあります。


単なる極道映画ではなく、
時代における組のあり方、や麻薬によって及ぼされる
若者への影響なども語られていたりします。


アクションシーンも結構良くできています。
かなり楽しく見ることができました。


日本の極道Vシネもここまで面白くなりました。
今後も、オールイン エンタテインメントの作品に期待です!



ストーリー ★★★☆☆
映像・CG  ★★★☆☆
熱中度   ★★★★★
エロ度    ☆☆☆☆☆
グロテスク ★★☆☆☆
構成     ★★★☆☆
意味理解  ★★★★
感動     ☆☆☆☆
怖い     ★★★☆☆
おすすめ度 ★★★★


前編-絆-
 ▼ ▼
http://youtu.be/JlDUqd3Vm7A
BLACK-MAFIA-DVD-.jpg

完結編-絆-
 ▼ ▼
http://youtu.be/lCJ79tThQmI
BLACK-MAFIA-絆-完結編.jpg


1日1回お願いしますm(_ _)m

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のVシネ映画:親切な大学生「タイマン2」のご紹介

2013-12-21 23:16:53 | Vシネ&任侠

Vシネ映画:「タイマン2」のご紹介




【ストーリー】

ある不良高校として悪名高い川中工業に、
花道テツオという転校生がやってきてから、

この学校のトップだったサブたちは、
花道テツオと一緒に行動するようになった。

前回の騒動から、
近隣の高校でも特に問題が起きることなく
平和な日常が過ぎていった。

そんなとき、花道テツオの下宿先に、
植物採取の研究で大学生がやってくる。

その大学生はサブや花道テツオたちと仲良くなっていった。


だが…





【筆者コメント】

これはヤンキーモノのVシネです。
前回解説した「タイマン」のパート2です。


ヤンキーものVシネも当たりはずれが結構ありますが、
このパート2もかなり面白いです。


というのも結末が全く予想しない方向で
大変驚きました。

ただ喧嘩に明け暮れるようなヤンキーものでなく、
ストーリー構成がしっかりしているのが良いです。



クローズゼロのように出てくる俳優さん全てが
イケメンではありませんし、
演技もあまり上手とは言えませんが、

面白さはクローズゼロに引けをとらないと思っています。


意外な結末を是非ご覧になってください。


ストーリー ★★★★★
映像・CG  ★★☆☆☆
熱中度   ★★★★★
グロテスク ★★☆☆☆
エロ     ☆☆☆☆☆
構成     ★★★★
意味理解  ★★★★★
感動     ☆☆☆☆☆
おすすめ度 ★★★★★



1日1回お願いします。

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のVシネ映画:組織の頂点を目指して「首領がゆく1&2&3」のご紹介

2013-12-07 00:56:56 | Vシネ&任侠

Vシネ映画:「首領がゆく1&2&3」のご紹介





私は、マニアックホラーが大好きですが、
それとは別に、Vシネが大好きです。

Vシネは高校の頃からはまり出しました。


普通の全国の映画館で上映されるような
有名な映画の解説は、
他の方がブログで解説しているので、

私は、ブログで取り上げている人が限りなく少ない
面白かったVシネをご紹介しております。


ちなみに、
今も流行の「相棒」の監督さん「和泉聖治」という方。
この方は、もともとはVシネで映画を作っている人でした。

この例を挙げると、
一般のドラマの監督を務める才能のある人が、
Vシネ界にもいるということです。






【ストーリー】

昭和35年春、大志を抱いて東京にやって来たある
若者がいた。

その名は「一輝」。

男としての強さや才能を見込まれ、
極道組織:浅草川一家に入ることになった。

その後、「一輝」の男としての強さは、
組の中で輝き始めた。





【筆者コメント】

人気俳優・哀川翔主演の任侠Vシネパート1~3です。
パート3で完結の少々長い映画となっています。


これも4、5年前のVシネですが、

過去GPミュージアム
 →[現在:オールイン エンタテインメント]
にて作られた作品です。


詳しいことは分かりませんが、
事実に基づいて作られたようなナレーションが
あったような気がします。


中盤のパート2など、
非常に緊迫したアクションシーンが展開され、
かなり手に汗握る見ごたえある演出でした。

ケビンコスナーのアンタッチャブルみたいな雰囲気です。

Vシネと言えど、
うまく演出できているのが凄いところです。


単純に話をまとめると、
主人公が組織でトップに登りつめていく様を
描いているだけですが、

それとは別に、
カリスマのある人とはどういった人なのか? 

といったことが訴えかえられる作品でもありました。



哀川翔ファンの方には是非と見て頂きたい作品。


日本の極道Vシネもここまで面白くなりました。
今後も、オールイン エンタテインメントの作品に期待です!


ストーリー ★★★☆☆
映像・CG ★★★☆☆
熱中度   ★★★★
エロ度   ☆☆☆☆☆
グロテスク ★★☆☆☆
構成     ★★★☆☆
意味理解  ★★★★
感動     ★★☆☆☆
怖い     ☆☆☆☆☆
おすすめ度 ★★★★


予告編パート1
http://www.youtube.com/watch?v=JhqICUw9eJk







1日1回お願いします。

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のVシネ映画:謎の転校生「タイマン」のご紹介

2013-11-26 20:44:40 | Vシネ&任侠
Vシネ映画:「タイマン」のご紹介





【ストーリー】

ある不良高校として悪名高い川中工業に、
サブと呼ばれる不良がいた。

サブは校内を制覇し、ナンバー1(番長)になった。


さらに、
この高校近隣では、川中工業をはじめとする、
他にも3校の不良高校がひしめいていた。

川中工業を制覇したサブは、
他の3校も制圧しようとしていた。

理由は他の3校を制圧し4校制覇となるのが、
その地域の不良たちのステータスだったからだ。


そんな中、謎の男・花道テツオと呼ばれる転校生が
川中工業に転入してくる。

そこで、早速サブは、転入生歓迎と称する番長儀式の
締め上げを花道テツオに行おうとしていた。





【筆者コメント】

これはヤンキーもののVシネです。

ヤンキーものVシネも当たりはずれが結構ありますが、
これはかなり面白いです。

喧嘩番長と呼ばれるゲームがVシネになりましたが、
ひどかったです…。

ですが、この作品は、面白いです。
俳優・女優の演技力はイマイチかもしれませんが、
アクションシーンや話の展開など良くできています。

クローズゼロの登場人物を少なくしたような
雰囲気の作品です。


実際、クローズゼロのアクションシーンを担当したスタッフが、
この作品でも活躍している
ということで、
迫力や見せ方が上手いわけです。


純粋に面白いのでとりあえずパート1だけでも
レンタルで見てください。

良ければ、パート2も見てください。
さらにパワーアップしていて面白いです。


ストーリー ★★★☆☆
映像・CG ★★★☆☆
熱中度   ★★★★★
グロテスク ☆☆☆☆
構成     ★★★☆☆
意味理解  ★★★★★
感動     ☆☆☆☆
怖い     ★★☆☆☆
おすすめ度 ★★★★



1日1回お願いします。

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ



コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本日のVシネ映画:情に訴えかけるのか?「修羅之魂パート1&2」のご紹介

2013-11-18 22:17:45 | Vシネ&任侠
Vシネ映画:「修羅之魂パート1&2」のご紹介



【ストーリー】

本作の主人公井之孝彦の自伝を実写化した極道ドラマです。
井之上孝彦は、兄の延彦を頼り舎弟を連れ横浜へ繰り出すことに。

そして、土建業で働きつつも行く先々で
ヤクザ相手に暴れ回っているすさんだ生活を送っていた。

そんな主人公孝彦の身を案じて、
仕事親方の手引きである極道一家で
任侠道の道を歩むことになる。




【筆者コメント】

過去GPミュージアム
→[現在:オールイン エンタテインメント]
にて作られたVシネ作品です。

最近の作品でないですが、
過去に見た作品でよかったVシネをご紹介しております。


この作品の井之上孝彦(小沢仁志)は、
極道自体が当初から嫌いで愚連隊の道を
歩み続けていたのだが…

というところから、
組に入ってどのような活躍をするのか?
といった部分が見どころです。


しかし、警察のマークも厳しい中、
どうにか生きていかなければならない、
そういった苦しみがホームドラマチックに演出されている点は
少々マイナス。

アクションバリバリの映画ではないので、
アクションを期待される方は、
見ないほうが良いかもしれません。


人生で生きることの苦しみとは…?
といったことが表現されていて、
極道映画っぽくないところがあります。



ストーリー ★★★☆☆
映像・CG ★★★☆☆
熱中度   ★★★☆☆
グロテスク ☆☆☆☆
構成    ★★☆☆☆
意味理解  ★★★★
感動    ★★☆☆☆
怖い    ☆☆☆☆
おすすめ度 ★★☆☆☆





1日1回お願いします。

映画(オカルト・ホラー) ブログランキングへ

人気ブログランキングへ




コメント
この記事をはてなブックマークに追加