結論、パチンコ・パチスロは時間と金の無駄。

元・パチスロ系雑誌編集者の戯言。昔話・裏話が多いようです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

新台価格の高騰をいますぐ止めろ

2017-03-07 15:47:31 | 新台情報

新台価格の高騰はどうにかならないものか。


ちょっと前の記事ですが、

パチンコ日報さん:「新台価格の上限は55万円」

http://pachinko-nippo.com/?p=27460


現状でも40万~と高額な新台だが、さらに高騰するという。


おもちゃのような役物をつけて、無駄に全面液晶にして、


ポ●モンショックばりのフラッシュ。


これらって本当に需要あるのだろうか。


あんなおもちゃを「押せ!」とか、「押し込め」とか、


打ち手をバカにしているのかと。


打ち手も打ち手で、喜んで押してんじゃないよと。


バカにされているのに気付けよ。と常々思う。


ボタンがついて良かったことと言えば、


パチンコの台タタキ(上皿)がなくなったことくらい。


ひと昔前はボタンがついていなかったので、


海物語など、上皿がボコボコに・・・それがなくなったのは本当に良いことだが、


現状の役物は意味がないものばかり。なくていいだろあんなもん。


新台の高騰はホールにとって死活問題。


結局は、回収優先となりユーザーにしわ寄せがくる。


ユーザーは新台だからといって飛びつく時代じゃない。そんなにバカじゃない。


昔と違い、情報がくさるほどあるので、打てる機械なのかどうか吟味しているよ。


ただでさえ、「購入履歴」とかいう最悪の風習がいまだ残っているのに、


まだ現状がわかっていない。産業廃棄物を作り続けることがメーカーなのか。


誰のための、なんのためのパチンコ・パチスロなのか。


風当たりが厳しいいまだからこそ、原点にかえっていただきたい。














ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 埼玉県もライター、有名人、... | トップ |   

コメントを投稿

新台情報」カテゴリの最新記事