JUON NETWORK イベント報告

各地で行っているイベント・ボランティア活動を
紹介いたします。

熊野の棚田 田畑の楽校2013C

2013-09-14 | 熊野の棚田 田畑の楽校
9月14日(金)~16(日)に
和歌山県那智勝浦町で行われた
「熊野の棚田 田畑の楽校」の報告です。

4名の参加がありました。


参加者の声


色川に行ってから、一か月近く経ちます。
都会生活に戻った私にとって、色川での3日間はとても
意味のあるものになりました。

以前からJUON NETWORKの活動に参加したいなと思っていた私は、
「あこがれの棚田に行ける。」とわくわくしていました。
色川の良さは、私みたいな新しい人に「優しい」ところだと思います。
ほんとは「優しい」という表現はうまくあてはまりませんが、
今はその言葉ぐらいしか思いつきません。
これを実感したのは、イベント最終日のことです。

私は、皆さんと一緒に作業を終え、上のほうの田んぼから下を
見下ろしました。お米でふさふさしたナルが立っている田んぼと
木と緑と山が見えました。その中にある空も含め、とてもきれいな景色でした。
「あ、そういえば私今、棚田にいるんだ。『田舎』にいるんだ。」と
その時に思い出しました。実感したというのに近いです。

それまでの体験が不満足だった・田舎らしくなかった
というわけではないです。私が「今『田舎』にいる」と身構えることなく、
そこにいさせてくれたと言うことです。普段都会生活の私なら
もっと身構えてもいいはずなのに、「すーっ」と入ってきたというか、
逆に色川の自然が入らせてくれた(?)気がします。

そして、色川の人はもちろん、今回出会った人たちも、そんな方・人を
まっすぐ見てくれる方が多かったです。エラそうですいません。
これは、移住者が多いということにも関係していると思います。
いろんな方と様々なお話ができて楽しかったし、身になりました。
ありがとうございます。お世話になりました。
私なんかが言うのは軽いかもですが、村は奥深いです。

この3日間で得た「収穫」は多いなと思いました。
お米いっぱい食べちゃいました。皆さんお元気で。

ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ぶどうの丘 田畑の楽校20... | トップ | そばの里 森林の楽校201... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

熊野の棚田 田畑の楽校」カテゴリの最新記事