きおくのはざま

「昔はお前みたいなゲーマーだったが、膝に矢を受けてしまってな」

「勤続年数二十年超え、中間管理職の溜息」について

2017-07-18 00:03:21 | Weblog
「若手」の対義語は「古手」だったと思うぞ。
そもそも「ベテラン」とは熟練者の事であり、
勤続年数が長いからと言って誰しもが
ベテランとは限らないだろう。残念仕様も居る。

若手社員の先輩への不満、1位は
「気持ち察してくれない」

[ITmedia]http://bit.ly/2uQe42L
-----------------------
職場の若手社員とベテラン社員は、
お互いをどのように評価しているのだろうか。
メディケア生命の調査によると、若手が
ベテランに対して不満に思っている点は、
「気持ちを察する力」が19.2%でトップ。
同社は「年齢も社会人としての経験値も
離れているため、自分の気持ちが分かって
もらえないと感じる若手は少なくない。
コミュニケーション不足の場合もある」
と指摘している。
-----------------------

あのさ「自分の気持ち」でいつも思うけど
「じゃぁお前はどうなんだ?」って話。
確かに年長者はその経験と実績により
相手の動向を慮って気持ちを察する。
ってのを要求されるであろうことは分かるが、
一方的に「気持ちを察する」事を求める?
自分の気持ちが表現出来ない事を棚に上げて
他人にそれを「察する」事を求めるのかね。

ベテランの気持ちは誰が察してくれるの?

-----------------------
一方、ベテランが若手に「足りない」と
感じている要素は「業務知識・能力」が最多で、
26.6%。「情報を伝達する力」(20.8%)、
「社内での立ち回りの上手さ」(18.2%)と続いた。
-----------------------

このアンケートの答えた自称ベテラン達も
概ねクズであることがわかった。これらは
ベテランではなく勤続年数が長いだけ。

業務知識・能力の基礎値以上は経験が物を言う。
情報を伝達する力も慣れ、場数が大きい。
社内での立ち回り?若手が上手かったら
お前らとっくに産廃になってんだろ。バカか?

「絶対的な時間差がある若手には無理ゲー」
\_( ゚ロ゚)ココ!!


尊敬やモチベだのはどうでもいいので
記事割愛。おしまい。


『そういうのいいです』
査定評価は欲しいが尊敬など金にならん。
モチベーションが低くても仕事をせねば
いつまで経っても終わらない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「すごく大きいのは分かる。... | トップ | 「この手のSNS炎上商法、売名... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL