きおくのはざま

「昔はお前みたいなゲーマーだったが、膝に矢を受けてしまってな」

「闇サイト殺人事件の遺言・読書感想文・その1」について

2013-09-17 05:52:03 | Weblog
「闇サイト殺人事件の遺言」
一人だけなら死刑にならない。
日本の安全神話が崩壊する。
元刑務官・河村龍一著

前作「真夜中の看守長」は、
デヴィ夫人のメルマガで知りました。
それから1年半を経た今月、
「闇サイト殺人事件の遺言」が発刊。
著者殿は元刑務官なので、どちらの作品も
より真実味と刑に対する想いが伝わります。
前作とは異なり、今作は死刑・無期懲役事件に対する
論理的な見解と法に関して書かれています。
併せて読むとより理解が深まる仕組み。

「一時的に在庫切れ; 入荷時期は未定です」
真夜中の看守長―ルナーミッション
「在庫あり」
闇サイト殺人事件の遺言―「一人だけなら死刑にならない」日本の安全神話が崩壊


以後、ネタバレ注意。

「闇の職業安定所」による強盗殺人事件
主犯クズA40♂
共犯クズB36♂
共犯クズC32♂
目的:女性を殺害し現金を奪う。
犯行:2007年8月24日
 被害者の顔に粘着テープを巻きつけた上に
 ポリ袋をかぶせ、ハンマーで顔面や頭部などを
 数十回めった打ちにし、更にロープを
 被害者の首に巻きつけて絞め殺した。
 その後、山中に埋めて逃走。
 女性の死因は窒息死とみられている。
結果:現金約6万円とキャッシュカード

たったこれだけのために無辜の市民が犠牲になる。
この間もガキが吉祥寺で強盗殺人しよった。
性善説を真っ向から否定する生き物。

しかし、判決はうろ覚えだったのだが、こう↓
判決:2012年7月11日最高裁判所第二小法廷
千葉勝美裁判長のお裁き。
クズA無期懲役、クズB無期懲役、クズC死刑

「被害者が一人である本件では、
死刑選択がやむ得ないといえるほど
悪質な要素があったとはいえない」

はぁーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー??
この裁判官、何様なの?
人が人を裁くことで一番大事な部分が麻痺してないか?
どこが悪質でないのか、どの辺りが酷くないのか、
無知なオサーンにわかるように、
理論的かつ手短に説明して欲しいわ。クズ。

「殺害の態様が残虐性を増したのは、
被告人らが想像していたよりも
被害者が簡単に絶命しなかった為、
殺害手段を次々と変えた結果であり・・・」

「A、B両名の前歴から更生の余地があるものと判断した」



えwwwwwwwwwwwwwwwww


いろいろおかしい。


さっさと逝けば残虐性がなかったとでも言うのか。
強盗殺人事件ってだけで十分残虐だろうが。
殺され方の問題か?頭おかしいだろ。

そのクズAの迷言
「被害者は運が悪かっただけ、今でも悪いことは、
ばれなきゃいいという気持ちは変わらない。
生かしてもらえてよかった。ありがたい。」
その後・・・。
Bは別の殺人事件(2件)の容疑者であることが発覚。
極刑となる(だろう)。
ばーーーーか。その身を以てお前も償え裁判官。


てか、
自首すれば死刑を免れる。と思われてんじゃん。
「一部限定した死刑廃止が制度化」とは
よく書かれた表現だ。


長くなりそうなので「その2」へ続く



『誤植なのか?』
89頁12行目「最高裁もこれを指示」→「支持」だと思う。
と言うか、高等裁判所の判決は参考程度で
きちんと最高裁でもっと審議すべきだろ。
国民投票で落とす相手がまた増えたな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「iPhone参画」について | トップ | 「闇サイト殺人事件の遺言・... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
御礼の件 (河村龍一)
2013-09-17 22:23:16
マダオ様

マダオ様の貴重なブログ記事に、今回も前著同様に拙著「闇サイト殺人事件の遺言」の読書感想文を掲載していただきまして、誠にありがとうございました。
まだまだ未熟なる作品ですが、皆さまの「正義感」に支えられて、拙著が広く社会に拡散されていくものと思慮いたします。
89頁9行については確認次第、お知らせいたします。
本作が世論を突き動かし、「堀慶末被告の死刑判決」の機運を高め、裁判官が「被告を無期懲役刑に処す」などと戯言を放言出来ないような状況に追い込みたいと思っております。
ちなみに、私は前著「真夜中の看守長」と、第2弾の「闇サイト殺人事件の遺言」については、「印税収入」の全ては受け取りません。マネージャーの口座を通じて「犯罪被害者の会」等の支援金として全額寄付します。
このことは、決して売名行為ではなく、私自身の「こだわり」だからです。
作品のテーマが2作とも「犯罪被害者」なため、他人の不幸で収入を得るよう不謹慎極まりない行為を嫌悪しています。これは私の信念であり、出版はあくまでも、法で裁ききれない悪を、筆で「仕置き」するための手段であります。今後ともご協力をお願い申し上げます。
>河村龍一 (マダオ)
2013-09-18 21:49:02
コメントありがとうございます。

著者殿が印税収入を寄付されるという事は、
私たち購読者も支援の一端を担える形になるので
大変ありがたく思います。ありがとうございます。

人の不幸を糧とするとは言え、新聞やTVなど、
偏向したマスゴミと著者殿の思想が異なります。
彼らは「ペンは剣よりも強し」を自己都合解釈した生き物です。
同列にお考えなされませんよう。今後も情報公開と言う
「仕置き」を続けていただければ幸いです。
※SNSなどでご自身が発言されてもいいのではないでしょうか。
Unknown (永江聡)
2013-11-08 08:06:43
ジェイアール深名線路線廃止された
>永江聡さん (マダオ)
2013-11-08 12:47:10
コメントありがとうございます。

深名線路線?JR北海道のバスの事ですか?
随分前に廃止されたと聞き及んでいます。
確か、数万人の廃止運動デモが東京であったとかないとか。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
刊行決定、河村龍一 第二弾    (「真夜中の看守長」公式ブログ)
「闇サイト殺人事件の遺言」 河村龍一・著??   ごま書房新社より9月中旬刊行予定 ? ????????????????????????????????あなたは被告を許せますか?私は絶対に許せません?!! ???         ???  ????     ?????????? ?モバイルリンク ⇒ 真夜中...