きおくのはざま

「昔はお前みたいなゲーマーだったが、膝に矢を受けてしまってな」

「駅前の桜は3月28日には開花していたが」について

2017-03-30 00:02:01 | Weblog
異常気象とまでは思わないけど去年の
3月末ってこんなに寒かったっけ(*´・д・)?

【悲報】「太陽が15日連続で活動停滞」
NASAがガチ発表! 今の寒さは氷河期の前触れか?
今後がヤバイ!

[ニコニコニュース]http://bit.ly/2oeTjM3
-----------------------
桜の開花シーズンが到来する中、東京では27日に
最高気温7℃を観測するなど真冬並みの寒さに
襲われているが、もしかしたらこの寒さは
「氷河期突入」の合図だったのかもしれない。
-----------------------

ここ2~3年間ずっと気温が低いならともかく、
今年1回程度では合図とか言うのはただの煽り。
あと数億年、数十億年輝き続けている太陽が
二週間程度おやすみした位でどうってことない。

と言うか、どうでもいいです(マテ

-----------------------
■太陽が2週間も活動していない緊急事態
英紙「Daily Mail」(3月22日付)によると、
NASAの太陽観測衛星「ソーラー・ダイナミクス・
オブザーバトリー(SDO)」が太陽活動の停滞を
観測。なんと、3月7日~22日の15日間連続で
太陽黒点がゼロだったというのだ!
太陽黒点は太陽活動の指標とみられ、活動が
極大化すると多くの黒点が出現し、極小化する
と激減する。黒点の減少がすぐさま太陽活動の
終焉を意味するわけではないが、「氷河期」が
着々と近づいている証拠と科学者らは
見ているようだ。
-----------------------

「へー。」としか言えない。

-----------------------
本格的に「ミニ氷河期」が近づいていると
考えられているのだ。
-----------------------

なんだその「ミニ」って(笑

-----------------------
■氷河期がもたらす被害
2030年までに太陽の活動が現在の60%まで減少し、
97%の確率で地球が「ミニ氷河期(小氷期)」に
突入することが判明している。2021年と
みられていた停滞期が4年も縮まったことで、
氷河期の到来も早まるかもしれない。
-----------------------

だからミニってどんなだよ。

-----------------------
ミニ氷河期といえどもそう悠長に構えては
いられない。太陽黒点数が著しく減少した
「マウンダー極小期(Maunder Minimum)」
(1645年~1715年)に伴う小氷期は、北半球に
甚大な被害をもたらしたことで知られている。
当時の資料によると、テムズ川やオランダの
運河・河川では一冬の間完全に凍結する光景が
頻繁に見られ、飢饉が頻繁に発生するようになり
(1315年には150万人もの餓死者を記録)、
疾病による死者も増加。アイスランドの人口は
半分に減少し、グリーンランドのヴァイキング
植民地は全滅。日本においても東日本を中心に
たびたび飢饉が発生したと伝えられている。
-----------------------

その時代には太陽黒点数って観測出来ない。
氷期は黒点減少が原因として逆算して考えたのか。
1645年から1715年の70年間が小氷期で川が
凍って飢饉が発生してとか言うのはいい。
そこで突然1315年の補足を入れる煽り。

-----------------------
人類は常に滅亡の縁に立たされているのだ。
太陽や海流が相手となっては我々に
打つ手はない。ただただその時が来ないことを
祈るしかないだろう。(編集部)
-----------------------

編集部の結び方が残念すぎて笑える。

祈るって何にだ。神か?もうノアを呼べ。



『珍妙案』
いっその事、地球温暖化を推し進めたら
その小氷期で相殺されるんじゃね?(バカ)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「旅行代理店を語る大規模な... | トップ | マダオのゲーム事情・プラス... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL