きおくのはざま

「昔はお前みたいなゲーマーだったが、膝に矢を受けてしまってな」

「海に囲まれた日本」について

2018-01-15 00:00:44 | Weblog
日本は周囲を海に囲まれた島国。
その自然の防壁によって一部基地外系隣国から
なんとか守られてきたのが近代までの話。
時が現代に移り厄介でしか無い状況に
なりつつある。周り全部が海なので
四方八方から領海侵犯可能。それを防ぐには
監視の手が少なすぎる。海保の負荷は
増すばかり。いっそ特定の海域は機雷原で
カバーしてはどうかね。船は沈んで魚の住処に、
遺体は魚がきれいに処理してくれる。

昨年1年間の漂流、漂着の船は104件
海保集計、12月だけで45件

[産経ニュース]http://bit.ly/2EXnrDJ
-----------------------
海上保安庁は4日、北朝鮮からとみられる
木造船の日本沿岸への漂流や漂着が、
昨年1年間の集計で104件だったと発表した。
昨年12月だけで半数近い45件に上った。
統計を取り始めた平成25年以降、最多。
海保によると、このうち遺体を確認したのは
10件、35人。生存者を確認したのは5件、
42人だった。
-----------------------

海保が日夜頑張ってくれているのは知ってる。
統計を取り始めたのが平成25年(2013)からって
あまりにも遅きに失するよね。これは上位組織が
国土交通省だから意図的にザルだったのかも。
だって国交相の大臣ってのは歴代あっち系(遠目
遺体や生存者を確認したケース以外は全部上陸
して日本国内に潜伏してたりしてね;

亡命や救難であれば国旗や国際信号旗を
掲げて流れてくる。それ以外は木造船であろうが
なんだろうが轟沈させてやればよろし。
尖閣諸島でウロウロしてるアレもそうだ。
領海侵犯は宣戦布告と同等だ。警告に
応じなければその場で沈めろ。

話逸れた。


で、生存が確認された5人ってのはその後強制送還?


『海のおかげ』

とは言え、陸続きだったとしたら今よりもっと
酷いことになってたと思う。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「人生における行動範囲」に... | トップ | 「地位の高さはフロア階数に... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事