きおくのはざま

「昔はお前みたいなゲーマーだったが、膝に矢を受けてしまってな」

「国籍や民族の多様性ではなく、単純に個人の二面性の話だろ。」について

2017-07-15 01:18:53 | Weblog
人権問題にすり替えて全力で抵抗するのが
本人やマスコミ、自称有識者や残念な著名人達。

朝日社説「蓮舫氏の戸籍公開はあしき前例」
こそ「勘違い」
[産経ニュース]http://bit.ly/2ukQxtR
-----------------------
民進党の蓮舫代表の「二重国籍」問題をめぐり、
朝日新聞は13日付朝刊で「民進党 勘違い
していませんか」とする社説を掲載し、
戸籍謄本の公開について「プライバシーである
戸籍を迫られて公開すれば、例えば外国籍の
親を持つ人々らにとって、あしき前例に
ならないか」と懸念を示した。蓮舫氏の
ケースに限っていえば、
この指摘こそ「勘違い」ではないか。
-----------------------

その通りです。勘違いです。
プライバシーだの人権や個人情報保護の観点で
この事案に関してコメントするのはバカ。

-----------------------
蓮舫氏は「生まれたときから日本人」と
述べていたのが「日本国籍の取得は17歳」と
変わり、「台湾籍は抜いている」が
「確認したところ残っていた」と説明が変遷した。
-----------------------

残念なグラビアアイドルから有名人となり
過去にインタビューに「日本人ではない」と
アジアの架け橋的な立場を自負していたのは事実。

どうせ「心は日本人という意味」と言い訳する。


-----------------------
蓮舫氏が国籍問題で説明責任を完全に
果たさない場合こそ「あしき前例」になる。
-----------------------

国会議員と言う重要で特殊な責務を負う立場
にも関わらず二重国籍であったことへの説明が
二転三転したことをはっきりさせるための
手段であって一般人の場合に重ねる意味がない。
日本の政治を外国人に荒らされたくない。
これが本音であり出自の怪しい人には
関わってほしくない。ということです。

この人はもう既に生き様と言動が「あしき前例」


『私は多様性の象徴』
とか、何言ってんだこいつ。

この場合「人の二面性の象徴」でしかない。
国籍や民族の多様性というものは個人単体で
複数の何かを持ち続ける事を言うのではなく
多数の個人が別々のものを持ったままで
集合体を形成する事を意味するでしょ。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「LCCバニラ・エアだけ目立つ... | トップ | 「競馬や競艇もギャンブルな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL