きおくのはざま

「仏神は貴し、仏神をたのまず。」

「酒を飲むも飲まぬも個人の自由」について

2016-10-20 00:01:07 | Weblog
最近ほとんど飲まない。月に2、3回くらい?
それも家呑みヱビス350ml1缶くらいで幸せ。

若者の車離れの次は「酒離れ」が進む
20代男性の4割が「お酒NG」状態

[キャリコネニュース]http://bit.ly/2dfOlI3
-----------------------
車離れ、テレビ離れなど、「若者の〇〇離れ」が
話題だが、今度は「若者の酒離れ」が進んでいる
という。ワイン情報サイト・バザールが10月11日、
「お酒を飲む頻度」に関する調査結果を発表した。
それによると、20代男性の約40%は月に一度も
お酒を飲まないのだという。
-----------------------

別に飲まなくたって良いじゃないの。


しかしいちいち「○○離れ」にする風潮って何。
「俺らはこれ好きだから」と
「作ったから買えよ」的な押し売りでしょ。
本当に欲しかったら買う。そこそこじゃ買わん。

何より「我に余剰戦力なし」

-----------------------
ツイッターにもこんな声があった。
「若者の車離れ、時計離れ、酒離れとかよりも
金の若者離れの方が深刻」最近は若い人の給料が
上がらない。ただですら手元にお金が少ない中、
飲まなくても特段生活に困らないお酒に手を
伸ばす気にはならないだろう。
-----------------------

給料が上がらないのは若者に限ってではない。
それに初任給、基本給は年々上がってるんだから、
昔と今、世代を比較しても大して意味はない。
バブル入社と団塊世代だけが別格なだけ。
(おっさんはバブル崩壊後の入社だ)

-----------------------
飲み会はコミュニケーションに役立つと
主張する人は出てくるものだ。お酒が入ることで
リラックスでき、職場では話せないことを話す
など人間関係が円滑にいくというメリットも
あるという意見だ。だが仕事のことであれば
業務時間内にすればいいと考える若者も多く、
こうした傾向が、酒離れの一因になっていると
言えそうだ。
-----------------------

「仕事のことであれば業務時間内にすればいい」
これは間違っていない。昔からそう思ってる。
人間関係の円滑さを酒の場で求めるとかイミフ。
せいぜい普段関わりの薄い人と席を同じくして
認知度が深まる。その程度だ。




『行ったところで話題がない』
アニメ、ゲーム、ラノベ、マンガの話しか出来ん。
タゲに偏りがあるので会話出来る人はほぼ居ない。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「情報速度は(早)SNS>まとめ... | トップ | 「誰かが休んでいる時に、誰... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
給与は上がらない (ふるいひと)
2016-10-20 04:15:36
派遣や契約、零細の正社員は定期昇給なんてありませんよ、更に派遣や契約社員は昇格・賞与・福利厚生・雇用身分補償もありません。
現在の日本では賃金格差により年収300程の低賃金労働者が爆発的に増加して購買力が激減してます。若い方だけの問題ではないですね。
今まで購買を支えてた中間層が企業のコストダウン圧力にて、小泉純一郎が派遣法を改悪し専門職以外も可能にした為、中流層は下流層に移行してしまいました。結果、車に代表される若者離れと言われている様々な商品が買い換えや新規購入が抑制される結果となりました。大企業は下請けに納入品にコストダウンを毎年求めてますがしわ寄せは下請けや孫請等で働く方々の給油や待遇にかかり、購買力を削いで来ました。
結果的に小泉純一郎は自民党をぶっ壊さないで 日本の経済をぶっ壊しました。
グローバルと言う建前で低所得者を増やしアメリカ型の経済にするなら大企業等もアメリカみたいに高所得向けの経済活動や高額高利益商品に変えないと経営は難しくなるのに、薄利多売の庶民向けならパイの量を自分達で減らしたのに昔ね総中流時代と同じ経済活動では利益が上がる訳無い。
低所得者は取捨選択をしなければ成らなくなり、志向の多様化の影響もあり、昔は誰もが買った物が売れなくなって「若者離れ」と誤魔化しているだけです。更に年金問題で老人世帯の
購買も減るだけですし、デフレは止まらないと思いますね。
ま、私的見解ですが私自身や子供も知り合い等の回りの方も車のグレードが落ちて買い換え頻度も減り、家電買い換えや服や娯楽に至る迄、生活がかなり変わった状態を見ての感想ですよ。
私もバクチも女遊びはもともとやりませんがタバコ・外呑み・外食を止め、軽自動車に変更買い換え諦め、趣味はゲームとツーリングに絞り、ゲーム購入も激減させ、、 出来る整備は自力でコストダウンして大型バイクを維持してますがいつまで維持出来るか不安ですね 。
趣味の出費は出来なくなるかも…。
>ふるいひとさん (マダオ)
2016-10-20 20:13:06
コメントありがとうございます。

弊社も零細IT企業なので今年もベアゼロです。
欲しい物を買うのではなく、欲しい物の中から
厳正なる脳内審査の結果どれか一つを買う。
後は安いからと言ってすぐに手を出さずに
費用対効果、耐久年度を考えて買う。ですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL