飯島一孝ブログ「ゆうらしあ!」

ロシアを中心に旧ソ連・東欧に関するホットなニュースを分かりやすく解説します。国際ニュースは意外に面白い!

日露共同経済活動にロシア側が不熱心な理由は?

2017年07月01日 23時55分04秒 | Weblog

国際政治・外交ランキング

北方領土での日本とロシアの共同経済活動の実現に向けた、長谷川栄一首相補佐官を団長とする官民現地調査団は6月下旬、北方3島での調査を終え7月1日、根室港に戻った。調査はロシア政府の消極的姿勢が響き、十分な成果が得られないまま終了した。今後もこの状況が変わらない限り、調査は中途半端に終わる可能性が強い。

今回の調査は今年4月、モスクワで開かれた安倍首相・プーチン大統領の首脳会談での合意を受けて行われたが、ロシア政府側の調整がつかないなどの理由でサハリン州での調査を“見切り発車”することになった。このため、調査開始が6月にずれ込んだ上、渡航手段が限定され、調査団の人数も縮小された。

さらに予想外だったのは、地元ともいうべき根室市の長谷川俊輔市長が現地調査に同行できなかったことだ。外交筋の話では、長谷川市長がロシア側に批判的なためというが、長年北方領土問題に取り組み、事情に詳しいだけにロシア側が煙ったい存在として敬遠したらしい。日本の外務省もこの件については「調整の結果」として拒否理由を明確にしていない。

また、視察予定に入っていた国後島の地熱発電所や燃料保管施設が直前にキャンセルされた。その理由として地元当局は、ロシア国境警備隊の立ち入り制限区域付近を通る行程だったことを上げているが、それらは事前に分かっていたことで、ほとんど嫌がらせに近いものだ。同島の地熱発電所はエネルギー資源に関係する重要な施設であり、ロシア側の共同経済活動に対する「やる気のなさ」を象徴する出来事といえよう。

振り返ってみれば、ロシア側の北方領土問題に対する潮目が変わったのは、米国大統領に選出されたトランプ氏の対露政策が迷走し、強硬姿勢に転じてからだ。対シリアや対欧州政策を巡って米露が対立を深め、世界大戦の可能性さえ論じられるようになったためだ。最近はプーチン大統領自身が北方領土を日本に返還すれば、日米同盟により北方領土に米軍基地ができる危険性に言及するようになっている。そうなれば、ロシアの原潜基地であるオホーツク海の抗たん性が損なわれ、ロシアとしては絶対認められない。

こうした中、トランプ大統領とプーチン大統領の初の首脳会談が7月のG20で行われることになった。この会談結果いかんによっては緊張緩和の可能性がゼロとは言えないが、両首脳の性格からしても楽観は許されない。安倍首相としても、これまでのような“擦り寄り外交”ではプーチン大統領の岩盤に穴を開けることは不可能だ。事態打開のためには根本的な対策が必要だ。(この項終わり)




ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« プーチン大統領、北方領土問... | トップ | ロシアの民主系メディア総支... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。