eu-balance 〜本当のあなたらしさを幸せに生きる〜

東京・文京区 自分の本質を思い出し、人生をより良く楽しく生きるお手伝いをしています。

グリーンホープファームでのこと②

2017年07月17日 | フラワーエッセンス

8/11(金)山の日に、

グリーンホープファームのシェアリング&体験お茶会を開催します

詳細はこちらよりご覧ください

 

さて、ダイニングルームに荷物を置き、テラスからそのまま庭に出てモリーに庭を案内してもらいました。

 

番犬のシバ(柴犬ではありません、名前です())が先導してくれます。

 

この日の天気予報は、生憎の荒れ模様の雨。

いつも晴れ女で通っている私なのに、なぜこの時に限って??

と半ばがっかりしていたのですが、それにもちゃんと理由があったようです。

 

雨が降る前に、と庭に出ると、思ったよりコンパクトなお庭の造りでしたが(アメリカはすべてが大きいので())、それぞれのセクションが上手く組み合わさり、流れが出来ていて、見た目にもとても美しく、またお花それぞれのエネルギーが個性をちゃんと主張しているのに、調和が取れていました。

 

逆に言うと、こういったエネルギーワークと関連している場所のお庭にありがちな、奇をてらったような造りや、造作物、石、みたいなものが一切なく、ひたすらセンスと居心地の良いお庭と言ったらよいのでしょうか。

 

『今年は雪がなかなか引かなかった挙げ句に、春は雨ばかりで、庭仕事が遅れちゃってるのよ』

と話しながら、これまた素手でバラの花殻を摘んでいくモリー。棘刺さらないのかな・・・?と指を見ると、やはりところどころ擦り傷が。

そりゃ、ちょっとは刺さるよね()

 

一通りお花の咲いている場所を案内してくれた後、奥に広がる草原の方にお散歩に行きました。

 

シバが走っていくと、その先に子鹿が出てきて、私たちの方を見ていました。

 

途中、小さなワイルドストロベリーが地面になっていたのをモリーが摘んで、手渡してくれたのですが、

その美味しさといったら!!

天使が作ってるとしか思えない、という表現がぴったりでしょうか。

甘酸っぱさが口一杯に広がり、思わずCMでも作れそうなリアクションになってしまいました。

 

モリーとは散歩をしながら沢山話をしました。

 

なぜ大学で留学したのか、なぜSmithだったのか、どうしてセラピーや代替医療と関わることになったのか、ガーデンデザインの仕事をしてみたけど、東京ではジレンマばかりだったこと。

 

留学したての時、最初は本当はメディカルスクールに行きたいと思っていたんだけど、英語で授業をこなすのが大変だったばかりでなく、生物のクラスでテストの度に風邪をひいて熱が出たりして、どうしても思うように成績が取れなかった、という話をすると、モリーはケラケラと笑いだしました。

(※アメリカでは医学部はメディカルスクール制になっており、大学在学中に生物や化学、物理など特定の科目を履修し、卒業後に受験・進学する形式になっています)

 

『それは笑えるわね!現代医学をやろうとしても天使たちに邪魔されちゃったのね!』

 

モリーとは初対面だけど、魂上ではきっと繋がりがあるのでしょう。まるで一生分の近況報告をしているかのような感覚でした

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 最新ご予約状況 | トップ | グリーンホープファームお茶... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL