青田イチロー

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ
政治。経済を中心に危ない日本の公務員を告発していく

オーストラリア・済州島・佐渡島の共通点

2016年09月19日 | 政治
安保関連法案が成立してから1年が経過したが憲法上先には撃てないとか先制攻撃できないとかバカ丸出しの論議が評論家、政治家の間を飛び交っている。国が占領されるかも知れないときに憲法に規定されている条文が問題になっている。現実と条文が合わないときは条文が無効であるのは当然のことと理解すべきだ。終戦後朝鮮戦争勃発時マッカーサーは警察予備隊を編成させた。このとき日本の無防備は危険と感じ自衛させたのは9条削除を命令したのと同じで、現在の中国の尖閣問題は過去に直接ではないが似たような事態がすでに生じていた。今のほうが直接防衛と関係しているからより憲法の条文にとらわれるべきではない。9条は削除されている。

世界には2変人といわれる国がある。フランスとオーストラリアでそれは人種差別をする国だ。白人優越主義といわれるもので白豪主義というのがオーストラリアにはある。日本はやたらフランスを文化国家のように礼賛するが文学、料理、芸術部門は特に日本人はフランスをありがたがる。それだけの値打ちがあるのかどうかは本人以外にはわからない。その変人の中に日本の部落出身者は入ると思う。

豊洲市場事件は東京ガスが危険物質いっぱいで売る気もなかった2000年頃副知事浜渦武生が買ってやるよと後で責任が東ガスに及ばないよう瑕疵担保責任条項もつけず東京都が買ったもので工事方法も埋め立てからコンクリ箱設置に変わってしまっていたのも知事から都幹部までなぜそうなったのかキツネに化かされたようになっているのも副知事が間に入っていたからだろう。

世の中には不祥事が毎日のように起きる、しかしわれわれの個人の家には起きない。その違いは何かといえば人間なんだ。われわれは善人で世の中には悪人がいるということだ。

オーストラリア、韓国の済州島、佐渡島はいずれも犯罪者の流刑地であった。オーストラリア人が変人といわれるのも犯罪者の子孫であるかもしれない。そういう意味で神戸地方検察庁の告訴状を「これは何ですの」からはじまり洲本警察署長村田久美、神戸地方検察庁所長松田一郎、神戸地方検察庁特別刑事部はそっくりそのまま返却してくるという公務員にあるまじき犯罪行為を平気でしている。日本ではそのような行為をするのは反社会的行為集団部落以外には思いつかないが、もちろん在日も民進党、社民党として多く政治家として在籍するが今回の裁判には利益がない。

わが党が政権をとれば全ての裁判と、司法の人間を総点検、検証する。   
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« カレー真須美が悪あがき | トップ | 危険な最高裁、検察、警察 »

コメントを投稿

政治」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。