橘の部屋

2010.7.1ブログ移転いたしました。
http://tachibanaroom.blog109.fc2.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「DARKER THAN BLACK 黒の契約者」#10 カッコ良かった♪

2007-06-10 14:08:22 | DARKER THAN BLACK
相変わらず切ない話でしたな。
アリスの運命は想像ついたけど、あの最期は痛い。
目前での殺人にいくら慣れてる未咲だって、
友達があの殺され方されたんじゃ、堪えるでしょう…。
草尾さんが、またアレだったので、くふふと笑えました。

黒(ヘイ)と魏(ウェイ)の戦闘シーンがカッコ良くて、
もっと見ていたかったなぁ。
2人ともスピード速いんだもの
それだから尚、カッコ良いわけですが、
あれよあれよという間にカタがついちゃって…。

エグさグロさはエスカレートしているようなDTB。
それが苦手な人には不評かもしれない。
でもそれが得意ではない私が、とてもとても惹きつけられてます。

それでは感想いっときます~。

第10話 「純白のドレスは少女の夢と血に染まる… 後編」

アバンは回想ね。
学校帰りの未咲、アリス、香那美がバーガーショップで、もぐもぐ。
未咲の脂っこいもの好きは、ここに繋がる。
食べても太らないのは、身体動かしてるから。
ここで竹刀が映ります。
警察官目指す彼女は、もうこの頃から鍛えていたわけね。
未咲が東大出て警察官になるということを、
アリスはこの時知りました。
この複雑な表情。
そうよね、マフィアのボスの娘ですもの。
でもそれを知ってて、彼女の横で正義感溢れる発言をする未咲も
凄いというか、なんというか。
彼女のまっすぐさは好きだけど、
この時アリスは、彼女との間に急に距離を感じたことでしょうね。
だから…
憎んでしまったのか。
好きだからこそ。

妙なところでお尻合いな出逢いをした未咲と李。
オーナーに飲み物を頼まれて…ですと?
このままじゃ僕らも殺されちゃいます。どーにかしてください…ですと?
情けない顔しちゃって
良く言うよ~。
ほんと、役者なんだからっ。
 
アリスは自分を束縛していたものから解放されたいらしい。
父からもチン・ロンタンからも。
魏(ウェイ)は、彼女の命で王少棠(ワン・シャオタン)を殺し、
今は幹部を次々に殺してる。
うぎゃっ!手首の断面見えちゃったぁ~。
ちょっと蓮根だよぉ。うげーうげー。
それにしても魏(ウェイ)のエルフな耳が気になります。
なんで?


未咲ってば、李にすんなり自分は警察だとバラしてるけど
良いのかよ
「お嬢様のお友達じゃないんですか?」
すっかり雇われ人になりきってる台詞が良いわね

ぎゃははっ。
トイレの個室に未咲と李が~っ。
壁に張り付いてる李の顔がおもろいっ。
ホテルは停電となるが、すぐに自家発電に切り替わると李。
さすが、そっち方面には詳しいわね。
潜入に当たり、調査済みだろうし。
しかしこれには、未咲がちょいと慌てる。
「送電線から切り離して観測霊を入れないつもりかっ」
「観測霊?」
なんのこと?と初めて耳にしたような問いをする李。
凄いよねぇ。徹底してるわ。
耳慣れすぎてる名称なのにさ。

「友達に裏切られるのは、やっぱり辛いですから」
アリスに殺されそうになってる未咲への、
李の慰めの台詞だけど、この台詞には彼の気持ちも混ざってるね。
大事な友に裏切られた経験があるということ?
それって…アンバー、なのかい?

トイレで何でこんな話してるんだろうって笑う2人。
こんな時だけど、和んでるわね。
自己紹介して握手までしてるよー。
ほんと未咲さ、彼が貴女の追ってるBK201だと知ったら、
どんな顔するんでしょうね。

香那美はホテルに未咲がいると知って凄い剣幕ですよー。
興奮するとアレン君に似てきちゃうわー小林さん
で、私ったらアホ。
高校トリオのあの委員長が、香那美だったのかと今頃気づいたよ

アリスに顔を見られていない李を使って、
斉藤を潜伏先のトイレに連れてきてもらった未咲ですが、
なんともしまらないわよねぇ。
しかも男子トイレなんだよね、ココ。
斉藤も面白いキャラ。
「何やってんですか課長」
ほらほら、またデータ1つこぼしてくれましたよ。
これまでの会話から、斉藤の上司であるとはわかってたと思いますが、
肩書きは「課長」、と。李=黒(ヘイ)のデータが上書き保存されました。

未咲を捕まえて、としなだれて魏(ウェイ)にねだるアリス。
魏(ウエイ)とは、そういう仲ですか…。
でも魏(ウェイ)の方は、利用してるだけのような気がしますけどね。
えっとぉ~アリス?未咲が死ねば自由になるっていう法則が、
良くわからないんだけど私。なんか違ってないか?君。

また面白いところに押し込まれてますね、未咲。
ふむふむ、地下のランドリーに降りてそこから脱出か。
途中、振り返ったら李が消えてるわけですが、
そのことを報告しない斉藤。
ここで報告したら、後に未咲は彼を少しは疑っただろうか。

未咲を斉藤に託したのだから、黒(ヘイ)としてはもう同行する
必要もないよね。
情報源としての彼らの役目も終わったし。
本業に戻らなきゃ。
温室へと向かった黒(ヘイ)は中央の花を抜く。
すると辺りの花は一瞬にしてぱたぱたと消えてしまった。
ここのシーン、綺麗だったな。
中央の花は水から離すと水晶の塊のような形に変化した。
石器時代の武器みたいだね。

そこへ現れた魏(ウェイ)。
自らの対価を説明してくれましたよ。
先に血を流し、その血を使っての能力だから、
対価は前払いって感じね。
あまり流すと貧血になりそうだが…。
彼の場合、すぐに止まるのか?血は。

戦闘シーンでの曲、良いね~。
歌入ってるけど、邪魔じゃないし。
今回の戦闘は見ごたえあったわー。
個人的には仮面ナシで戦って欲しいところだけどね。
黒(ヘイ)の顔が見たい

電気の流れを自在に操る凄腕の契約者、か。
視聴者は、敵さんから情報貰う形になりましたね。
まぁ電気を操ることは見てればわかりますけどね。
ただ、対価支払ってるとこ見てないし、
それが黒(ヘイ)の契約者としての能力なのかどうか、
今ひとつはっきりしないと皆、感じてたわけで。
でもそういう噂が流れてるってことは、
やはり電気系能力者ということで。
黒(ヘイ)に関しては、まだまだ謎が多いから、
ほんとのところはどーなのか、微妙だけどさ。
まぁ私はその微妙さ加減が好きだから、
一向に構いませんけどね。

スピードは私の方が上、ですって?
ぎゃあ~黒(ヘイ)がホテルから落下~っ!!
いや、落ち着け落ち着け。
黒(ヘイ)のことだ、ワイヤーできっとなんとかなる!

ランドリーへ向かいたい斉藤が呼び止められて、
片付けて欲しい部屋へと誘導される。
入ったとたん閉じられた部屋。
発砲され、素早く未咲もBOX(リネン交換の作業用BOXかと思う)から転がり出る。
辺りには未咲が隠れていたものと同じBOXが転がり、辺りは血まみれ、
倒れて死亡しているボーイの姿もある。
未咲入りのBOX+斉藤カップルを見つけるため、
手当たり次第に引き込んで殺してたのか。
やることが豪快だな。

アリスは、どーしても未咲を殺したいらしい。
でもそんなアリスに、近づいた魏(ウェイ)は、
「これで貴女は自由だ」
アリスの胸に彼の血の手形がべっとりとつけられている。
信じがたさに表情が強張るアリス。
次の瞬間には指が鳴らされ、アリスの胸に空洞が出来た。

アリスの悲劇は、彼女が自分をわかっていなかったことかもしれない。
束縛から解放されたい、自由になりたいと言っていたが、
本当は束縛されることを求め、誰かに依存したかったのだから。
未咲はアリスを父親への依存から解放した張本人。
アリスにしてみれば、父の権力を真っ向から否定されたのは初めて
だったんだ。
そして依存先は、父から未咲へと移った。
だが未咲は警察官になり、王少棠(ワン・シャオタン)の娘とは決して
相容れない世界の人間となった。

罪な女
あぁ魏(ウェイ)じゃなくとも、そう思うよ。
ある意味とても残酷だったと思うよ未咲、君のしたことは。

斉藤が未咲を庇って背中に魏(ウェイ)の血を受けた時は、拍手だった。
偉い!偉いぞ斉藤。
でもここでコイツを殺されるのは嫌だ~と惜しくなったよ。
と、そこに黒(ヘイ)がっ!
床に流れた血を利用して魏(ウェイ)を感電。
「スピードは俺の方が上だったな」
あははっわざわざそんな台詞吐くなんて、
ひょっとしてさっき言われた時、悔しかったの?

BK201を目の前にして、未咲、何も出来ませんでしたね。
そして声を聞き、同じ髪型なんだけど、
とても、あの李だとは思ってないのでしょうな。

救急車に運ばれていく遺体の、アリスの腕が見えるのが
なんとも切なかったわ。

ところで魏(ウェイ)の遺体は安置所から消えたらしい。
黄(ホァン)からの情報です。
つまりは生きているということ。
やっぱ草尾さんだねぇ~
マオ(コードギアス)と同じパターンですな。
絶対死んだはずなのに生きてるなんてねぇ。
でも2話で終わらずにまた絡んでくるのは面白くて良い。
任務終了だとそっけない黒(ヘイ)。
黒(ヘイ)が立ち上がった時に片目開けて黒(ヘイ)を見る猫(マオ)が
可愛いぃ~。

天文部敷地内のベンチで、未咲と香那美がたそがれてる。
警察官になっていなかったら、アリスを救えたのかと思い悩む未咲に
警官になっていない未咲なんても想像出来る?と返す香那美。
そんな彼女はいつの間に愛煙家なっていた。
未咲は驚くが、
「私だって何かに依存しなきゃ生きていけないか弱い女なのよ」
と言われる。

服に臭いがつくから煙草を隣で吸わないで。
高校の頃と同じだ。未咲、変わってませんね。
その口調は当時のものより随分勢いが落ちてますが。

アリスの事は、未咲には大きな傷になったね。
それでも未咲は思う道を歩いていかねばならない。
ちょっとドジだけど、上司思いの良い部下もいることだし、
貴女の志を理解し、けれど心配もしてくれてる友もいるんだ、
頑張っておくれ。

ヤル気になった未咲の運転する車と、
黒(ヘイ)がすれ違うラストがまた、良いですね。

次回も楽しみだっ。
なんかインドっぽい女性が絡んでましたね。
ラクシャータ姉御とは、全然タイプ違ってましたが。
たらしな黒(ヘイ)がまた見られるかしら。


猫(マオ)アイコン~。
孤狼Nachtwanderung」玲蘭さん作です。
私も欲しい!って方は、玲蘭さんをお尋ねくださいましね。

『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山梨は遠かった… | トップ | 「地球へ…」#10【逃れの星】... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは! (流架)
2007-06-10 23:07:37
たちばなさん こんばんはっ!!
今回もDTBらしい結末でしたね、鬱な感じで・・(苦笑)

>黒(ヘイ)と魏(ウェイ)の戦闘シーンがカッコ良くて、もっと見ていたかったなぁ
二人の戦闘シーンはスピード感があって凄いカッコ良かったです~!
最近ヘイのちゃんとした戦闘シーン見てないような気がするので、じっくり見たかったですね(苦笑)

>偉い!偉いぞ斉藤
全開の予告で嫌な予感がしてたので無事で良かったです(笑)
未咲さんを身を挺して庇った斉藤さんが何かカッコ良く見えました!!
いざと言う時 頼りになるタイプですね(笑)

次回は・・ヘイの過去話っぽい感じなので楽しみです!
ではではっ!!
ほんとにね~ (たちばな)
2007-06-11 07:56:42
流架さん コメありがとっ。
今回のDTBは、アレの後にコレかい?
って言いたくなるほど、鬱展開でしたねぇ。
グロさは過去最高?てな感じでしたし。
ほんとはグロいの苦手なんですけどねぇ私。
でもDTBの場合は、それが売りってわけじゃなく、
みどころいっぱいなので、嫌じゃないんだよな。

戦闘シーンはカッコ良くて万歳だったけど、
本音言えばもっと見たかったね。
ここんとこ黒(ヘイ)不足なので~。

斉藤は前編で評価落ちて、後編でメッチャUP
したのではないかしら。
未咲の代わりに血を浴びた時は、ほんとカッコ
良いと思いましたよ。

次回はゲート内に入るみたいで…
過去話なのか、潜入して過去を垣間見るのか、
みなさん捕らえ方色々のようですが、
どうなんでしょ。
ゲートに向かうモノレールみたいな乗り物の
中で女の子と話してる李は、今の李に見えた
ので、私は後者かなと思ったのですけどね。

いずれにしても楽しみだわっ。
「あの夜…星は流れていない」 (放浪の野良猫)
2007-06-14 20:06:44
たちばなさんこんばんは。放浪の野良猫です。
またまた気がついたら木曜日です…
遅れてゴメンナサイ

ホントにヘイは人を騙すのが上手いですね。
未咲さんや斉藤さんまで騙しちゃうし。
素晴らしい演技力ですね(今更)

今回はバトルシーンが多くてよかったですね。
多分今回はノーベンバーと同じまたはそれ以上ヘイが苦戦した回だったと思います。
ビルから落ちた時はほんとにびっくりしました。
思わずそんなバカな!と叫んだくらいです。
ヘイの能力が電気に関連した何かということはわかっていましたが、話の中で出てきたのは初めてでしたね。
ヘイの攻撃を躱すとは中々やるな…
ああっ!血が!仮面に血が!
さらにビルから落下!
そんなバカなぁぁぁぁ!

とんで…
やっぱりバレましたか。ワゴンに人を入れるというのはちょっとありきたりだった……というよりあてずっぽうなんですかね…コレ…
アリスの最後はなんとなくこうかなと思ってました。
死ねば自由になる。
アリスはそう思っていなかったでしょうが、アリスのことなんか実際どうでもいいウェイはそう考えたのでしょうね。
>偉い!偉いぞ斉藤。
お見事斉藤!
指を鳴らされる前に…
やっぱりヘイが来ました!
ウェイを感電させる。
ああ!とっさに自分の血を仮面につけたのね。
さすがはヘイ!

一件落着…ではないみたいですね。
安置所から死体が…
ウェイも中々しぶとい。
「あの夜…星は流れていない。」
何度も聞いたような気がしますが、今回のこのマオの台詞はなぜかとても印象に残りました。
なぜでしょうね。自分でもわかりませんが。

次は研究所?に潜入するみたいです。
なんか頭に着けてる…
個人的に人体実験などの話は嫌いです。
とても嫌いです。
どうかそんな話ではありませんように…

では失礼いたします。
黒(ヘイ)は役者~ (たちばな)
2007-06-15 07:52:17
放浪の野良猫さん こんにちはっ
いつもコメありがとうございます。

黒(ヘイ)の演技力には参りますよね。
でも友達に裏切られるのは…のところは、
彼本人の実感だと思うな。
感情が希薄な契約者では考えられないことだけど、
でも黒(ヘイ)には感情、あるから。

ウェイはなかなか手ごわかったですね。
でも、こうでなきゃね。
いつも簡単に勝利してたら、
それはそれで面白くないし。
上手く出来てると思う。

研究所…はい、出勤前にちゃちゃっと見ました。
黒(ヘイ)じゃなく、李くんはたっぷり拝めた。
今夜また感想書きます~。

あわせて読む