橘の部屋

2010.7.1ブログ移転いたしました。
http://tachibanaroom.blog109.fc2.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「DARKER THAN BLACK流星の双子」#10-3【偽りの街角に君の微笑みを…】イザナミ?

2009-12-13 18:37:35 | DARKER THAN BLACK
※注意:こちらは10話のCパートの感想+考察もどきになります。
    最初から見てくださる方は、Aパートの方からどうぞ。
    TB下さる場合は、出来ましたらAパートの方に頂けるとありがたいです。
    強制ではありませんので、既に貼った後でしたら、構いません、
   そのままでどうぞ。


Aパート感想はこちら。
「DARKER THAN BLACK流星の双子」#10-1【偽りの街角に君の微笑みを…】マオの元姿!

Bパート感想はこちら。
「DARKER THAN BLACK流星の双子」# 10-2【偽りの街角に君の微笑みを…】タラシめ。

※当ブログ内での注意
 ゴルゴ=三号機関の小林
 ペチャマオ=ペーチャに入ってる時のマオ
 猫(マオ)=猫時代のマオ
 マオ=身体があった時のマオ、及び精神としての描写時

               ↑
#10-1に貼ってた注意書きですが、Bパート、Cパートのリンクを貼ろうとしたら
文字数オーバーになっちゃったので、こっちに引越しました。すいません。

Cパートです。

「ねぇ、あれなぁに?」
父親に抱かれて歩いていた子供が声を上げて空を指差す。
言われて見上げた両親。同様に気づいた通行人も、次々と空を見上げ、
ざわめきが起きます。

「あれって…」


空に浮かぶのは弓なりの月。
銀の月にオレンジ色の靄がかかっています。

「出ちゃったね」
「そうね」


ビルの屋上にペタリと座って、その月を眺めているマダムとアリエル&ベレニス。
「綺麗だね」
「そうね」

ちゃっかり月見団子も用意してるじゃないですか。
でもマダムは深いため息をこぼす。
良くないこと、なんですよね。この月が出てしまうのは。

三船が言ってましたよね。
『月の出ぬ内に』
その月が出てしまった。もう遅いのかな。
破滅に向かって進むのみなのだろうか。

予告でチラリと見せた花畑の中の大きな蕾もどき。
これはゲート内なんだよね、多分。
蕾のように見せていた外側の光がほどかれて、
中央に立つ身体が見え始める。
首から下部分は観測霊が人型を取った時のような青く透明な身体。
それがやがてウェットスーツでも着ているような姿になる。
そして俯いた顔が上げられると…


赤い瞳の…これは銀(イン)?
ほんのりと微笑んだ…のか?


予告。

−黄金色のスープに潜む隠し味は、
 苦い思い出と甘酸っぱい予感。
 ほおばるとこぼれる塩辛い涙。
 そして…最後の幕は上がる。


画像の方は料理してる黒(ヘイ)。
あ、ミンチだよっ!マオ。
玉ねぎとミンチ…ミンチこねてましたよね。ハンバーグでも作るのかな。
でも黄金色のスープって言ったら、オニオンスープ?

苦い思い出とは麻子との事で、甘酸っぱいのは黒(ヘイ)への
恋心といったところでしょうか。

立ち入り禁止の水族館内部に、岩男状態で弦馬がのっしのっしと
歩いてる。
最後の幕は上がる−か。そうですね。
もうあと2話ですもん。なんか嘘みたいですが。

エンドカードはマオの元の姿でした。
−猫が懐かしい。

うん、元の姿を披露してくれたのも嬉しかったけど、
黒猫なマオをもう一度見せてくれたのが、凄い嬉しかった。
ここのスタッフさんって、ほんと猫の動き、しぐさ、
身体描くの上手いんですよね。
9話の猫カフェはギャグモードだったからそれなりな感じでしたが、
今回は気合入ってましたよね。
大学潜入シーンでのしなやかな動き、絵になるアングル、背景の美しさ。
感動致しました。

マオは麻子と会った時より、大学潜入の時の方がカッコ良かったな。
服装のせいもあるかもだけど。


てなわけで…

10話はほんと、物凄く濃くて、感想も困りました。
文を打ちながらも、色々考えてしまって手が何度も止まって進まなくて。
どのシーンも細かいところ、見逃せない感じで、なんか食い入るように
みちゃったよ。
ここまで真剣になっちゃう作品って、そう無いですよね。

はみだしコメントや考察もどきを、例によってこの後書いときます。
私が勝手にあ〜でもない、こ〜でもないと考えてる事を書いてるだけですので、
ご興味のある方、お時間のある方だけ進んで頂ければ良いので、
疲れた〜っと思われてる方は無理なさらぬよう。

ちなみに私の思い込みも入ってると思うんで、このまま信じないように
いや、分かってらっしゃるとは思いますが念のため。


★黒(ヘイ)は、何故捕まらないのか。

弦馬が気になることを言ってましたよね。
ドールシステム使ってもBK201は捕まらない、なんでだろうねぇって。
銀(イン)が守ってるんじゃないかって意見が他所で出てるのをみかけました。
そうだったら素敵だけど、銀(イン)って恐らくいままで仮死状態で、
三号機関で厳重に管理されていたわけですよね。

札幌で蘇芳の射撃により蓋が開き、意識が多少戻ったから
この隙に観測霊を使い外に出たのではないかと私は見ていて、
これまでや、今現在もそんなに自由に動けないのではと思ってる。

ターゲットの動きを監視するなら、やはり一番便利なのが
送電線の観測霊だと思うんだよね。
で、三号機関が使ってるのが、この送電線を媒体とするドールなのだから
ゴルゴが言ってたように、彼らの眼から逃れるのは至難の業の筈。
でも黒(ヘイ)の動きは、掴める時もあるくせに捕まえる事が出来ない。
それは、アリエル&ベレニスが送電線の観測霊に干渉してるからではないのかな。
今回それが出来ることがわかっちゃったわけだから。

あと、黒(ヘイ)本人の身体能力の高さと
長年この世界(契約者として任務を請け負う)に身をおいていて、
観測霊に見つからぬようにする術も、心得てるって事もあるかな、と思う。



★母の心境

コピー蘇芳を汚らわしいと言った麻子。
Aパートの感想でもチラリと書きましたが、最初はね、
酷いなって思ったんだよ。
だけど、母親にしてみたらね、お腹痛めて産んだ子が目の前で死んで、
悲しみながらもちゃんとお別れしたのに、
いきなり現れたら、気持ち悪いと思うの分かる気がするの。

火葬して、墓まで作ってるんだから。
これがね、たとえば戦争に借り出された若者が、遠い地で戦死して、
遺骨も戻らなかったとか、そんな状態だったら違うかもしれない。
死を実感していないからね。
でも麻子の場合は、止まった心臓も、冷たくなった体も、その手で
感じて、燃やして骨も拾ってる。
身体も覚えてるんだ、小さな命が消えた事を。
それがいきなり大きくなって「ママ」と現れたら…
うん…それは気味が悪いだろう、受け入れられないだろうと思う。

自分は子供産んだ経験ないので、母の気持ちってのがどこまで
分かるか疑問なんだけど。
コピー蘇芳には罪はないのだから、可哀想なんだけど、
それでも麻子の事は責めれないなって、私は思ったよ。


★麻子歳とってなくね?

ペチャマオが思ったより若いな、と呟いてましたが、
うん…なんか麻子、全然歳を取ってないように見えるのですが…。
博士の方はそれなりに歳取ってますよね。

元々ちょっと歳の離れたカップルで、麻子は蘇芳達産んだ時、
かなり若かったのかもしれないけど。
博士の研究で変な薬打たれて老化が遅いとかそんなのじゃないですよね。
いや〜なにしろ蘇芳は永遠に自分達のもの〜とか言っちゃう人ですからね、
ミハエルさん。ちょっと心配

歳を感じないので、ひょっとして麻子も契約者?と思ってみたりもしたけど、
あれだけガクブルして、感情的に叫んだりしてますもんねぇ。
いくらなんでも、ありえないよね。


★葉月を守る?

黒(ヘイ)の拷問で吐いた耀子の台詞。

「世界は…走り出している。三鷹文書に記された…恐ろしい…記憶に…
そして…葉月さんをお守りしなければ」

最初にこれを聞いた時、耀子と水無はやっぱりデキていて、
水無らぶ、ゆえに守らなきゃとか言ってるのかと思ったんだけど、
「お守りしなければ」
なのよね。
普段は同僚で、普通に会話してますよね。
仮に百合関係にあったとして、守りたいと思うなら、
「守らなきゃ」ですよね。

「お守りしなければ」って、尊い方に向けての言葉、だよなと思う。
三船が「生田の…」とわざわざ声を掛けるぐらいだし、
久々再会したじーさんを見ても、多分名のある血筋の一族なのだろう。
水無が9話で言ってた台詞、
「今尚裏の世界に蠢くことを宿命づけられた、下らぬ血筋の忠実な下僕だった」
裏社会って…ヤクザ?いやもちっと品があるか。
水無が刀を携帯してる事や立ち振る舞いから、
剣の道に生きる血筋とも思えますね。
代々官僚のSPをやってるとか…裏の始末屋とか…そんな感じかしら。

でも水無は契約者になってしまって、一族からははみ出したわけですよね。
今の立場は、ただ三号機関で使われてる契約者と見てましたが、
彼女には何かあるのだろうか。


★三鷹文書

7話の茶室で三船はこう言ってました。

「三鷹文書に書かれていた刻限まで遠くはない」
「月の出ぬ内に」

これによると彼らは三鷹文書を見たことがあるわけですよね。
未咲が苦労して辿りついた文書を。
でも彼らが内容を分かってるなら、マダムも分かってる筈ですよね。
三号機関の情報は彼女には筒抜けなんだから。
でも未咲にその存在をほのめかし、キーワードまで教えて、
彼女が自力でそれを見つけるよう仕向けた。なんのために?

『その文書を貴女に読んで欲しい。
そして教えてあげて。そこに至る道のりを黒(ヘイ)が、
誰もが誤らぬようにする為に』

三鷹文書はともかく、アンバーのメッセージは、未咲宛のもので、
未咲しか受け取る事が出来ません。
どこにアンバーがそれを仕込んで行ったのかまでは、マダムも知らないだろうし、
あのICレコーダーは、未咲だから再び調べる事が出来たのだしね。

未咲にしか出来ないことがある。
漠然とした事は信じ固くても、未来を知ってるアンバーの忠告なら、
黒(ヘイ)は耳を傾けるだろう。
だからマダムは未咲を動かした。
彼女が何者なのかは分からないけど、起こり得ることを
止めようとしているのは確かだよね。
それについては、三号機関も同じなのだけど、イザナミを隔離すれば
大丈夫と考えてる三号機関と違い、マダムは抹殺しなければ
止められないと思っている。
だから黒(ヘイ)にそれをやらせるつもりだった。

〜イザナギは偽りの水底を眺め イザナミを待てり
 イザナミは水底を渡り来たりて 
 やがて二人出会えり
 されば天地(あまつち)は二つに裂かれ、
 地獄の門はそこへと開かん
 門より出でしもの 誰ぞや知れず
 ただ争いがはつることなく続くのみ〜


未咲がつぶやいたのはこれだけ。だから我々はこの部分しか知りません。
でも三船によると、文書には刻限も書かれていて、
"月"の事も書かれていたと思える。
その"月"が出てしまったのだから、もう手遅れって所なのでしょうか。
っと、それはちょっと置いておいて、この文書について少し考えてみる。

先に書いたように、これは全文ではないと思うので、
これだけで判断するとまたぎゃふんって事になりそうですよね。
とりあえず耀子が吐いてくれた情報をあわせます。

「ダメ!イザナミを…イザナギと…会わせてはっ」

「イザナミは契約者を殺す…」

「大きな災厄、進化、未来の記憶を持つ老婆、
 彼女が記憶していた何通りもの未来…
 世界は…走り出している。
 三鷹文書に記された…恐ろしい…記憶に」

「18号…研究棟…止めないと…」

未来の記憶を持つ老婆とは、星見様のことかな。彼女しか該当しないよな。
でも彼女は大黒斑周期の時しか喋らなかったんだ。
いやもともと喋るようにプログラムされていないドールなのに、
勝手に喋ってビックリ!だったわけですが…。
その語りも独特で、意味を解するのに頭をひねる物が多かった。
不気味でもありましたな。

で、三鷹文書とは、彼女のその喋りを書きとめたものなのかな。
彼女が自分で書く事は無いと思うので、天文部の誰かが記録として
残していたものなのかもしれない。

何通りもの未来。この先、どう選択するかで未来は変わってくる
訳ですね。
それを見せたのがアンバーで、見たのが星見様ってとこ?
で、未来を変える事が出来るのは、これから起こるだろう事を
止めることが出来るのは黒(ヘイ)だけって話なのかな。
少なくとも、アンバーは黒(ヘイ)に託してるわけですよね。

黒(ヘイ)個人では得られる情報は限られている。
どこかの諜報機関に雇われていても、彼に全ての情報を流すわけではない。
でも未咲なら、未咲だけが、
きっと情報と真実を黒(ヘイ)に与える事が出来るよね。
彼女にも社会的立場があるけど、目的が同じで自分と黒(ヘイ)の役割を
理解すれば、ちゃんと伝えるだろう。
アンバーの選択は、正しい。ほんとよく分かってる。

イザナギとイザナミが会うと、大きな災厄が起きるってのは、もう確かな話。
で、「イザナギは偽りの水底を眺め イザナミを待てり」ですが、
偽りの水底は、簡単に考えれば水槽が当てはまるので、
水槽眺めてる紫苑がそのまんまハマってしまうわけですが、
紫苑が待ってるのは蘇芳ですよね。
まぁ仮にここは、蘇芳をイザナミとするとして、
「イザナミは水底を渡り来たりて」です。
蘇芳は、水槽の底をしこしこ這って現れるのか?
…ギャグ言ってる場合じゃないですね。

偽りの水底が水族館の水槽ってのは、分かりやす過ぎるから
違うんじゃないかと思ったんだよね。
星見様の呟きって、ストレートじゃなく、けっこう比喩表現
だったし。

偽りといえば、蘇芳の存在も偽りだし、銀(イン)も、時期が来たら
変化するようプログラムされていたなら、これまでの銀(イン)は
ある意味偽りかもしれない。
もっとも銀(イン)の場合は、分離して今までの銀(イン)の人格も
残ってるみたいだけど。

イザナミは銀(イン)、イザナギは紫苑だと、三号機関もマダムも
思っているようですが(他の諜報機関はどこまで掴んでるかちょっと不明)
本当にそうなのか。
銀(イン)が変化するように作られていたのは、これとは別の話で、
彼女が特異な存在ゆえ勘違いされたってことはないか?

このアニメのタイトルも「流星の双子」だしなぁ。
イザナミって本当は蘇芳なんじゃないかと思えたり。
"火"により亡くなり、"埋葬"されてるしね蘇芳。
そこは神話のイザナミとかぶるとも言える。(wiki参照)

だいぶ前にね、イザナギ&イザナミが紫苑&蘇芳だったら、
まんま過ぎるから、裏を考えると〜って話をmahariaさんトコでしたら、
mahariaさんが裏の裏は表だって言ったのよね。
うん…ほんと、そうかもしれない。

紫苑がね、「あの子は痛みを知らなくちゃいけない」って言ったのよね。
それを聞いた時、蘇芳には役目があるんだ、と感じたの。
偽りの存在に偽りの記憶を与え、更にわざと試練を与えて彼女を成長させた。
わざとなんだよね。
蘇芳が紫苑と間違えられて追われる身になったのも、
同じライフルでターニャを殺し、黒(ヘイ)に誤解させたのも。
紫苑は彼女が育つのを待ち、彼女はこの短い期間に稀な経験をすることになり
紫苑の思惑通り成長した。

もう一つ閃いたのは、紫苑が蘇芳を憎んでいた説。
これは考えすぎかなとも思うけど。
紫苑が契約者になり、麻子の紫苑に対する態度と蘇芳に対する態度に
差がありましたよね。
で、トイレに行く時の紫苑の様子を見ていると、
爆発する事分かっていたように思うんだよね。
分かっていたなら、蘇芳を強引にでも連れて行けばよかったものを、
「そう…」と呟いて彼女を一人、教室に残した。
これが引っ掛かっているのですよ。
じゃあなんでコピーを作ったのかってことだけど、そこは愛憎なのではないかと。

う〜ん、正直、イザナギ&イザナミについては、はっきりせず、
悶々としております。
 

★最後に現れたあれは…

あれはやっぱり銀(イン)なのでしょうか。
だとしても、随分雰囲気が違いますよね…。
でも変化後の銀(イン)だというなら、そうかもしれないな。

銀(イン)は今、三号機関によりもう二度と人の眼に触れられない場所に
隠された筈なんですよね。
作業にあたった人達をMEにかけてまでその場所を分からなくして。
じゃあなんでここに出現したのか。

蕾みたいな状態から変化する時に、身体部分は最初、透明でしたからね。
実体ではないのかもしれません。
でも銀(イン)の身体を象った状態の観測霊に比べたら、はるかに実体に近い。
ゲートの中だからなんらかの力が働いているとも考えられる?

ちなみに耀子によると銀(イン)が隔離されたのは18号研究棟。
それがどこにあるか、ですよね。
まさかゲート内とか言わないでくださいよ。
それなら覚醒に手を貸すようなものですよね。
でも実際覚醒しちゃったんだから、やっぱりゲート内なのかしら
18号研究棟って。

月が現れたと同時にこれも出現しているので、
やはりこれがイザナミってことですか…。
この銀(イン)もどき、それこそ人間兵器みたいに見えるね。

そういえば目覚めという言葉は、蘇芳に対しても使われてましたよね。
だから彼女にも何かあるとは思うんだが…
でもマダムって、蘇芳を東京に越させる事を望んでたような
台詞を吐いてたよな、今回。
イザナギとイザナミの接触を阻止したいマダムが、そう望んだなら、
蘇芳=イザナミ説は、やはり×か。

ほ〜んと考えれば考えるほど、分からなくなる〜。

またしても長くなってしまいました。
まだ語りたいこと、若干あるんですけど、このへんにしときます。
文字数9000超えちゃったから、どのみち無理だし。

ここまでお付き合い下さった方がいましたら、感謝。
書くこと多かった分、画が少なくなってしまってごめんなさい。
ジャンル:
アニメ
コメント (10)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« 「DARKER THAN BLACK流星の双子... | トップ | 「テガミバチ」#11【嘘テガミ】... »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
濃い〜 (まこと)
2009-12-13 20:58:43
橘さん、こんばんは。
ほんとに今回も濃かったですね
まさかこんなところで猫の人姿を見られるなんて
思いませんでしたよ。
そんでもってまさか足首フェチだったとは
足首で人を見分けるなんて、鎖骨フェチの大塚並ですね。

ジュライはマダムと繋がってたんですね。
「内緒だよ」ってあんなことができるなんて。
銀のこともありますし、ドールもまだまだ謎が多いですね。

未咲〜まさかあそこまでおっさんみたいな行動させられるなんて
キャリアウーマン=おっさん化 じゃないのに。
>「なぜお前が三号機関に居る!」
ごもっとも。でも君に辿りつく為の、彼女の究極の選択だったのよー。
一人で「BK201」の☆を見てたくらいですからね。
「あなたに会いたかったのよ!」とはさすがに言いませんよね。
ここで告白されても場がよけいややこしくなるでしょうし
蘇芳がきっとまた怒って…

耀子っ!
ここで退場とは思いませんでした。しかもこんな惨い状態で
意識は朦朧としていても、なんだかまだ公表されてない情報を
いろいろ知っている感じだったんですけどね。
水無の様子から古い付き合いだったような感じもしますね。
逆に弦馬がどんどん怪しくなってきてますね。

>ん〜、でも殴った後で優しくしたりするのって、DVの基本例ですよね…。
ハヴォックの時もそうでしたよね
…あくまで情報を得る為と思いたいです
蘇芳にはほんとに欲しいと思っている言葉をかけてあげられるんだし。
蘇芳は「思ってたよりはショックじゃない」とは言ったけれど、
ショックが大きすぎる時は涙もでないというか、心が麻痺するというか。
黒に会えて、あんな言葉をもらって、安心したんでしょうね。
>…くそぉ、羨ましいぞ蘇芳。(え)
ほんと羨ましいですねぇ。現実にはこんな男まずいないですよね〜。

>だいぶ前にね、イザナギ&イザナミが紫苑&蘇芳だったら、
まんま過ぎるから、裏を考えると〜って話をmahariaさんトコでしたら、
mahariaさんが裏の裏は表だって言ったのよね。
>紫苑が待ってるのは蘇芳ですよね。
まこともイザナギ=紫苑、イザナミ=蘇芳って気がします。
自信はまったくないですが。
イザナミ=銀は確定みたいになってますが、
ダーカーはこういうのがひっくり返ることもありえますしね。

1期の時にアンバーが時を止めている間も星見様は動いてましたよね。
で、アンバー=星見様ってこともいろんなとこで言われてましたよね。
いまさらながらこれも気になっているんです。
最後に出てきたのは銀?マダムの目的は?弦馬は??
ほんとにあと2話で終われるんですかね
こんばんは♪ (ハトはは)
2009-12-13 22:11:39
たちばなさん、お邪魔します♪
今週もまた濃ゆい内容でしたね〜。

>「水族館?何の話?」

混乱して記憶が飛んでいるのでは?なんて、
淡い期待もしたのですが、残念ながらハズレでした。

>彼女に手を引かれて去っていくジュライが振り返って手を上げた

おおー!全然忘れておりました。
ジュライがちゃんと未咲とコミュニケーション取りたくなるわけですね。

>殴った後で優しくしたりするのって、DVの基本例ですよね…。

なるほど!蘇芳もそのパターンぽいですね。

「葉月さんをお守りしなければ」と言った耀子。
彼女の死はまたたくさんの謎を生みましたね。

>こんな殺し方って、いたぶって楽しんでるみたいじゃない?

そうだ!拷問みたいと思ったんだけど、そうですよね。
とすると、やっぱりと他のブロガーさまのレビューの予想が一致するかもと思ったり。
いたぶって殺すのを好みそうな奴がいますよね?

★麻子歳とってなくね?

歳取らな過ぎですよね!

★母の心境

麻子の気持ちがわからないでもないし、
でもね。
全く我が子と同じ記憶、感情を持つ者なら、
望む人もいると思うんです。
可愛い盛りの子どもを突然奪われるなんて、
考えるだけでおかしくなりそうですよ ;;
博士はどっちかというと父親としてではなく、研究者(?)としてやりたかったような気がします。
クローニングされた方はたまったもんではないでしょうがね・・

今回は最後の方で、マオにつられてかヘイが結構話をしましたよね。
話の流れ的に必要なシーンだったのかもしれませんが、
まぁ毎度の事ながらマオは良いキャラだな〜と思いました。

では、また〜♪
まことさんへ (たちばな)
2009-12-14 19:50:32
まことさん こんにちは〜
いつもコメありがとう。^^

ほんとに濃かったですよねぇ。
そう、まさかこんな所でマオの本当の姿が見れるとは全く思って
いなかったので、どビックリです。
足首フェチには笑ったけど、でも…見れて良かったなと思った。

>ジュライはマダムと繋がってたんですね。

今度は逆にMI6にいたのも情報収集の為に潜り込ませていたのかって
感じですね。
マダムこそ、何者なの?だよ。

>ドールもまだまだ謎が多いですね。

ですね。まぁマダムに関わってるドールが、ちょっと特殊なのかも
しれないけれど。

>キャリアウーマン=おっさん化 じゃないのに。

そうですよね。でもまぁキャリアウーマン云々じゃなく、
あれは未咲がそういうキャラってことで(笑)

>「あなたに会いたかったのよ!」とはさすがに言いませんよね。

好きな相手であっても、仕事絡むと任務優先ですよね。
未咲らしいです。

>ここで退場とは思いませんでした。しかもこんな惨い状態で

彼女のちょっと黒そうな部分を見せていたから、
重要な鍵でも握ってるのかなと思ってみたりしたよね。
それがこんなにあっさりと…。

弦馬ね…怪しいんですけど、怪しく見えるから逆に、
違うのかなぁと思ったり。

>ハヴォックの時もそうでしたよね

…そうでした。やっぱ素質ありありのような…。ううう。

>ショックが大きすぎる時は涙もでないというか、心が麻痺するというか。

ですよね。そっちだったんじゃないかと思うよ蘇芳。

>ほんと羨ましいですねぇ。現実にはこんな男まずいないですよね〜。

いないですね〜。いまどきの男じゃないですね、黒(ヘイ)は。

>イザナミ=銀は確定みたいになってますが、
>ダーカーはこういうのがひっくり返ることもありえますしね。

そう、1期で黒(ヘイ)が契約者じゃないって分かったのが
最終回ですもんねえ。
当然のように見られてることは、実は嘘、という可能性大有りですよね、
この作品は。

>1期の時にアンバーが時を止めている間も星見様は動いてましたよね

そう、それ、疑問視されてましたよね。
そういえばそれについても答えは出てないですね。
アンバー=星見様かぁ。でも同時に存在してましたよね。
時を超えた時って、超えてきた自分がそこにいる間
行った先の自分が、消えるものなんじゃないの?
それはそう書いた話があっただけ、かな。

ほんとあと2話でちゃんと終われるのかしらコレ。
も〜気になって気になって落ち着かないわ〜。
Unknown (RYU)
2009-12-15 20:26:48
「うん、ついでにコピーしてみた。随分小さくなっちゃったけどね」
・・・ってのは水槽の中の鯨(!)のことなんじゃないんだろうか・・・?
ハトははさんへ (たちばな)
2009-12-15 20:39:01
ハトははさん こんばんは〜
コメありがと〜。いっぱい書いてくれて嬉しい♪
レス遅れてごめんね。

>今週もまた濃ゆい内容でしたね〜。

ほんと濃かったよ。
おかげで感想も掘り下げたい所だらけで、
こんなに長くなっちゃいました。

>淡い期待もしたのですが、残念ながらハズレでした。

ですね。紫苑も酷いことをしてくれたもんだ。

>ジュライがちゃんと未咲とコミュニケーション取りたくなるわけですね。

あの、手を上げた行為はほんと自発的なものですからね。
彼が自分からリアクションを取った数少ない相手だからなぁ未咲。

>いたぶって殺すのを好みそうな奴がいますよね?

弦馬だよね。でも誰もが思い浮かびそうだから、かえって
違うんじゃないかと思っちゃうんだよなぁダーカーの場合。
それに弦馬が能力使って殺したらもっとぐちゃぐちゃに
なりそうだしなぁ。
耀子の死体、銃かナイフであっちこっち傷or穴開いてるように見えたんだよね。
なんか契約者に殺されたというより、そういう趣味の変質者による殺人、の方が
しっくり来るような気がするのよね。

>全く我が子と同じ記憶、感情を持つ者なら、
>望む人もいると思うんです。

そうなのかー。
私は母になった事がないので、ハトははさんやおぼろさんに
聞いてみようかと思ってたんだ実は。
え?なんでこの二人かって?
私のお知り合いブロガーさんで子供さんが居て、
母らしい母といったら、お二人が浮かんだのさ。

でもそんな質問するのって不謹慎?とも思って…。

そうか、望む人もいるか。
あ、うんでも博士は、我が子可愛さの為じゃなく、研究だよね。
だから余計、麻子が狂ってるだのモンスターだの
言っちゃったんだよね。

>最後の方で、マオにつられてかヘイが結構話をしましたよね

うん、マオが居ると黒(ヘイ)はマオ相手にはけっこう喋るんで
台詞増えて嬉しいわ♪

マオはほんと良いキャラ。
大好きだわ。

あと2話で終わるなんて寂しいけど、
最後まで楽しみましょうね。
RYUさんへ (たちばな)
2009-12-15 20:49:19
RYUさん はじめまして
コメントありがとうございます。

>・・・ってのは水槽の中の鯨(!)のことなんじゃないんだろうか・・・?

あああああああああっ!!
そういえばミニ鯨!居ましたね。
しまった、そうか。
だから蘇芳の偽の記憶へと話が流れたんですよね。

うわ〜またボケたことをやってしまいました。
教えてくださってありがとうございます。

しかし訂正入れたくても#10-2も#10-3も、今回は文字数がぱんっぱんで
これっぽっちも入りゃしないのです。
うう…どうしよう。
ダメ母だから (ハトはは)
2009-12-15 22:33:26
たちばなさん、またひと言お邪魔しま〜す♪

子どものコピーをという例え話は、私が思うにというコトで、一般的な意見とは考えないで下さいね〜☆
平気で『銀魂』を親子で見ちゃう家庭なので^^;

お久しぶりです (ノラ)
2009-12-15 22:39:28
お久しぶりです。ノラです。
ようやくためてしまっていたDTBを観ることができました。

正直一話からの感想を書きたい気もしますが長すぎるにも程があるので

今期も内容が濃いですね。予想を二度も三度もひっくり返してくれたりと本当に面白いです。

さて、前回で蘇芳の秘密が明らかになってしまったわけですが。これはキツイ……

>ただ、蘇芳があまりに哀れで…痛かった。

自分の親に存在を否定されたようなものですしね
観てて辛かったです。

ジュライの行動に関してはプログラムによるものではないと俺も信じたいですが、あのやりとりを観てしまうとどうも疑ってしまいます。

>あぁそうだよねぇ、未咲とジュライは知った仲だ。

未咲とジュライの会話にはなんだかほっとしました。上手く説明はできないのですが。普通の会話のハズなんですけどね

>ここでもええーっと叫びましたよ。

いやー叫ぶでしょう。まさかマオの元姿が観られるとは。俺も思いもしませんでした

>もう紫苑はこの時点で契約者だったんだね。

どうもそうみたいですね。ということは一話の冒頭の時で既に契約者だったということですよね?感情があるように見えたのは演技だったのかな。

そうすると紫苑の対価はなんなんでしょうか。
足が不自由になったのは対価のせいだと思っていたのですがそうすると辻褄が合わない気も…

蘇芳をコピーした時に対価は支払わないといけないわけですよね。それなら二年前には既に足が不自由であったハズ。これも違う記憶を蘇芳に植え付けたのか?う〜ん。どうもこんがらがってきました。

何にせよ、紫苑にはまだまだ秘密がありそうな気がしますね。

>やはりマダムって、神出鬼没すぎ。空間移動出来る契約者なのかな。

幽体離脱のセンを考えましたがそれなら黒が気配を感じられるわけないですよね。

>なんなのこのスプラッタ!

あーびっくりしました。まさかここで耀子が退場とは。どうも弦馬がやったような気がするのは俺だけではないと思います。
黒を逃がした時もそんな焦っていないような印象を受けましたし。

しかし弦馬だとしても、どうやって居場所を知ったのかが謎なんですけどね。やっぱりマダムが教えたんでしょうか。


>「お前はあの時、撃っていなかった。敵を撃てるお前にもう俺の助けは要らない」

>「ここは素直に謝っとくべきだと思うがなぁ」

言葉が足りないせいでわかりにくいですね
それでもしっかり全員に伝わってるのがなんかいいなぁと思いました。
マオの付け加えも最高でしたね
ホント、いいキャラです。

>ん?紫苑の顔が…なんだ?やけに疲弊している。気になりますね。

なんででしょう?能力の影響でしょうか?

>「俺はお前の事しか知らない。コピーも何も、俺にとっての蘇芳はお前だ」

蘇芳にとっては嬉しい言葉でしょうね。
母親に存在を否定された後ですし余計に。

黒もこれを普通に何の裏もなく言うんだもんなぁ
ホントになんだかんだで優しい。そうだからこそ、蘇芳が恋をしたんでしょうけどね。

>赤い瞳の…これは銀(イン)?

銀に……見えますね。しかしこんなトコにいるハズが……これがイザナミなんでしょうか。

考察やら何やらを全部述べていくと異常に長くなりそうでのでとりあえずこの辺で切ります

DTB二期はどうやら1クールらしいですね。
もう少しヘンテコ家族の日常、みたいなのを観たかったですが……あ、でも次回予告で黒が料理作ってたからもう少し観れるかもしれませんね。

早く続きは観たい、けど終わってほしくない、という感情が渦巻いています

なんか一期の時にも同じようなこと言ってた気がしますけどね

あと二話、願わくば、黒にとっても蘇芳にとっても、ハッピーエンドでありますように

今日の所はこの辺で失礼させていただきます。

お邪魔しました〜。
ハトははさんへ (たちばな)
2009-12-16 21:07:26
ハトははさん
再コメありがと〜

>一般的な意見とは考えないで下さいね〜☆

うんうん。一意見として参考にさせて頂きました。
大丈夫。

>平気で『銀魂』を親子で見ちゃう家庭なので^^;

え?平気でって?
普通じゃないの?ジャンプアニメって、大抵親子で見てるよね皆。
え、普通じゃないの????
ノラさんへ (たちばな)
2009-12-16 21:29:57
ノラさん こんにちは〜
お久しぶりです。また来てくださって嬉しいです〜。
やっぱダーカーは、ノラさんとも語りたかったので♪

お忙しかったのですね。一気見ですか?
でもリアルタイムで見ていた私たちは、例によって毎回
あまりの引きなため、一週間待つのがホントに"対価"となっておりました。
一気見の方が良いかもしれません。精神衛生上(笑)

>予想を二度も三度もひっくり返してくれたりと本当に面白いです

ダーカーの良さはそこですよね。
あーでもないこーでもないと予想するのがまた楽しいし。

>蘇芳
>観てて辛かったです。

痛かったですねぇ。思ったほどショックじゃない、なんて言っちゃうから
なおさらこっちが辛かった。
未咲じゃないけど、コピーだって契約者だって、一緒ですよね。
傷つくことは傷つくよねっ。
感情希薄っていったって、個人差あるんだし、誰が決めたのそんなことって
今では思いますし。

>あのやりとりを観てしまうとどうも疑ってしまいます。

まぁ基本は任務…だよね、やっぱり。
でも気持ちもある…というか芽生えた、と思いたいですよね。

>まさかマオの元姿が観られるとは。俺も思いもしませんでした

ご本人達も思ってなかったみたいですね。
webラジオBACKSTAGE PASSは聞きました?
なかなか面白いですよ。

>ということは一話の冒頭の時で既に契約者だったということですよね?感情があるように見えたのは演技だったのかな。

あれも私は作った記憶だと思ってるのですが…。

二年前の東京エクスプロージョンの時に紫苑は契約者になったと
信じ込ませるために。

>足が不自由になったのは対価のせいだと思っていたのですがそうすると辻褄が合わない気も…

足はほんとに不自由な訳じゃなく、ほんとは歩けるけど歩いちゃいけないという制約なんだと思う。

>弦馬だとしても、どうやって居場所を知ったのかが謎なんですけどね。

弦馬とマダムが繋がってる案は私も考えたんですけどね。
二人とも怪しすぎてねぇ。
でも怪しすぎる人がかえって善人、とかありそうじゃないですか、この作品(笑)

>黒もこれを普通に何の裏もなく言うんだもんなぁ

裏がないから、それが分かるから余計響きますよね。
蘇芳の中の人、花澤さんまで堕としたみたいですよ、黒(ヘイ)ったら。(笑)

>DTB二期はどうやら1クールらしいですね。

このままもう1クール続いたら私も身体持たないので、とりあえずは
1クールで助かるっちゃ助かるのですが、続きはあって欲しいところです。
この際どんな形でもいいから。
中途半端に終わって続きは劇場版!ってのはやめてくれって
皆さんおっしゃるし、私も基本はそうだけど、
も〜ダーカーの場合は、続き見れるなら映画でもOVAでもなんでも良いから
見せてくれ〜っ!と節操なしになります。(笑)

>もう少しヘンテコ家族の日常、みたいなのを観たかったですが

そう!ヘンテコ家族、大好き!すんごい気に入ってしまったので、
家族のやりとりをもっと番外でも良いので見せて欲しい。切に。

あわせて読む