橘の部屋

2010.7.1ブログ移転いたしました。
http://tachibanaroom.blog109.fc2.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「D.Gray-man」#69【侵入】三木眞さんのバクがすっげイイよ。

2008-02-05 22:03:44 | ジャンプ系
前回ラストでアレンを貫いた、イトケンさんアクマの
ダークマターは、物質分解能力があるんだそうで、
このままではアレンが分解さて消えちゃいますよぉ。

あ、このレベル3ね、名前ないんですよね。
なのでイトケンさんアクマってことで。

今回は李佳がアレンを抱き起こしたりして、ちょい萌え

バクが駆けつけていきなり手にナイフで傷つけるから
ひぃ~と思いましたが、これがチャン家の能力なのねっ。
原作…覚えてねーや(ぽりぽり)
カッコ良いよバク!

アレンを背負って逃げる李佳にまたちょい萌え
でもどんどん薄く透明になっていくよ。
これじゃあペルソナだよ(違)
衝撃を与えたら分子レベルで崩壊するとバクに脅され、
蝋花とシィフの脅しもくらいつつ、
カチコチにひきつった顔で運ぶ李佳が面白い~。
福山さん、李佳もいいね。ふふ。

イトケンさんアクマの居る北地区を封鎖することにするバク。
チャン家には、血によって守り神の力を操作する力が
代々受け継がれて来た。
バクが傷をつけて血を流した掌をかざし唱える。
「我、血のもとに命ず。封鎖せよ」
すると建物の壁がにょきにょきと変形して…というか
生えてきて~間口が埋まっていく。
李佳たちのリアクションが良いよね。

で、フォーがアレンに擬態し、身代わりになって
イトケンさんアクマに向かう。
ここ、泣けますよね。
アレンの叫び声と俯くバクがなんともいえない。

今回もねぇバクな三木眞さんが、凄く良くて。
ついついバクのシーンを巻き戻して見、巻き戻して見、
してました。(病気)
エクソシスト一人失うことが、どれだけの損失になるか。
フォーのことを思うなら、今は耐えて前に進むんだとアレンを諭しますが、
そういいつつもじんましんも出てるし涙ボロボロなバクが
なんて可愛いんでしょう。
「バクさんの気持ちはよくわかりました。自分で開けます」
と壁に向かったアレンに、
「えっ」なみんなのシーン。ここマンガちっくで可愛いね。
「じんましんはほっとけ!」
って台詞も、三木眞さんいいわー。
ブラック発動なアレンの脅しにうろたえる様々な声も。

イトケンさんアクマに会って、血が騒いだというアレン。
存在自体が対アクマ武器だと、以前バクに言われたことも
当たっている、と。
「たった15歳でアクマに魅入られたなんて…」
ぎゅっと握り締めた手で諦めたように封鎖を解くバク。
「そんなつもりで言ったのではないのだよ…すまない」
バクの瞳から涙が一筋伝う。
この消えるような「すまない」の声がまたっ

なんかねー、二枚目声も三枚目声もイケる人は、
凄いなと思いますけど、
こんな風に一人の人間でころころと瞬時に
二枚目と三枚目を行き来する役をですよ、
どちらもばっちり演技されていたりすると、
もぉ物凄く聴いてて気持ちイイというかね。
真面目なバクの時は、凄くカッコ良くて、
ギャグな時は、バクの場合は可愛くあって欲しいのだけど、
ちゃんとそれが出ているし。
見てて(聴いてて)嬉しいよ。
あぁバクだぁ~って感じた。
キャラを活かすも殺すも声優さんだねぇ。

イトケンさんアクマは声にエフェクター掛かってる感じで、
イトケンさんだとわかりにくいですよね。
小劇場の名無しのオチに、
「えっそぉなのっぐふー」
って落ち込む声は、めっさイトケンさんでしたけどね。
ちょい燕青っぽかったぞ。
憎らしいアクマでもこんな風に泣いてると可愛いじゃん。
ちょっとチョメの領域だな。

次回はいよいよ!
楽しみだね。





『アニメ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「彩雲国物語」2期#34【藍よ... | トップ | 橘企画第1.5弾「男性声優バト... »
最近の画像もっと見る

ジャンプ系」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事