橘の部屋

2010.7.1ブログ移転いたしました。
http://tachibanaroom.blog109.fc2.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「マクロスFrontier」#20【ダイアモンド・クレパス】嫌だぁ~(号泣)

2008-08-24 11:01:10 | 終わったアニメ
タイトルからして主要人物のうちの誰かが逝くのかなとは
思っていましたが、まさかミハエルだなんてっ!
しかもこの展開は辛すぎる~。
ちょっとショックから立ち直れないよ。
まだみんなのところ巡ってないけど、
きっとみんなも…。

とりあえずざっくりいっときます。

アバンは前回ラスト部分のおさらい。
シェリルとアルトが抱き合っているように見えたのは、
体調が悪くてふらついたシェリルをアルトが支えたからでした。
歌はもう良いんだというシェリルにアルトは、
「嘘はつくなよ、シェリル」
うわ、アルトったらなんて優しい声。表情も素敵です。
「お前が歌を捨てられるはずがない。
じゃなきゃお前の歌があんなたくさんの人間に届くもんかよ」
アルトも舞台に立ってた人間のはしくれ。
本物と偽者の違いぐらい解る。
良いこと言うなぁ。これはシェリルもズキュンときましたよ。
思わず涙ぐみ…彼女を見下ろすアルトの眼の優しいこと…。
と、そこへランカが現れたわけだ。

行こうとするミハエルのシャツの袖を掴むクラン。
ミハエルの恋はどこにあるのかと訊く。

OP挟んで、その続き~。

ランカは「ごめんなさい」と言って走り去る。
階段で足を滑らせて転倒。
「もう…死んじゃいたい…」
痛いなこれは。

一方、大統領を狙撃すべくスタンバってたスナイパーは、
突然現れたバジュラに殺られてしまいました。
下を通りかかった女子学生の頭に血が垂れて、
彼女が見上げると切断された上半身が落ちて来た~っ!!
ひぇぇぇぇ~っ!
今回はベ王にUPされてる20話、複数あるけどどれも画質が悪くて、
ここも鮮明に見れなかったのですが、鮮明でないのは却って良かったかも。
こういうシーンはね…。ううう。

いきなり戦闘となりました。
「第二形態の…バジュラ!!」
ルカ、説明ありがとう。
私、今一歩わかってなかったのですが、パジュラって成長により
形態がかなり変わるのね。
で、この第二形態の状態で襲ってくるってのは、なんともいえませんね。
ランカのライブで、この形態のバジュラのコスプレして、
ゆらゆらとノッてた子たちがいたじゃない?
けっこうクローズアップしてましたよね、この伏線でしたか。

大統領はバジュラのおかけで命拾い
暗殺されかかっていたと知りもしないので、レオンに問題発生の連絡を入れる。
これにはレオンもびっくり、ガックリといったところ。
銃を向けられていたオズマとキャシーも、
彼らがひるんだ隙を見て、脱出。
オズマはともかく、キャシー、やるなぁ~。

ちょ、ちょっと…なに?その上空の虫の大群みたくうじゃうじゃ飛んでるの!
学園付近、物凄いことになってますよ。
これ全部バジュラなの?うげーっ。
「ランカ!」と叫んで彼女を探しにいったアルト。
心配したのかと思ったら、歌わせるためですか。
ちょっとそれ…酷くない?
今のランカに歌えって、酷な話ですよ。
この街を守るために、みんなの為に歌ってくれ、頼む、とアルト。
違うんだよ。ランカはね、君のために歌ってる。
だから君とシェリルのあんな姿見た後では、歌えるはずがないの。
「こんなんじゃ歌えないよ」
その意味が解ってない困った顔のアルト。
この鈍ちんには、イラっときましたね。
いやアルトは大好きなんだけどさ。
「私はバジュラと戦うための道具じゃない!」
みんなのために、その道を選んだランカだけど、
彼女の勇気の源が枯れてしまったのだから、
そんな言葉も出ちゃうわなぁ。
そのランカの肩を掴んで起こし、頬を平手打ちしたシェリルに
一瞬殺意を覚えたよ私は。
だけど…
「落ち着いて。歌うのに気持ちが要るのはよくわかる。
でも、貴女はプロなのよ。出来ることをなさい」
ランカを抱きしめるシェリルに、おっと思った。
ランカの歌には力があるんだから。
シェリルが望んでも得られない力が。
シェリルのこういうところ、好感が持てるなぁ。
恋でも歌でもライバルなランカで、悔しい思いをしてるくせに、
先輩としてランカの背中を押してやるって、
なかなか出来ることじゃないよ。
特に女ってのは、感情が先に来る生き物だからね。
あぁシェリルはやっぱり男前なんだよね、基本が。

歌い始めるランカ。ここの構えたスリーショットが、
なんだかカッコ良いですね。
あぁでも…ランカの顔は悲しいまま。
「胸が…痛いよ」
だよねぇ…。
グレイスによると、今のランカは感情レベル、マイナス7.3だそうで。
これでは効果はないですね。
ぎゃああああ~なに?その大群!!
通風孔みたいなとこから、出て行きます。
ぞっとするー。

これはグレイス的にもイレギュラーな事態だそうです。
それにしても大統領はまだご存命だけど、
「お困りなら…手をかしましょうか?」
って嬉しそうにレオンに言うグレイスが怖すぎ。
自分で始末をつけると断るレオンですが…。
この混乱に乗じて、殺っちまうようですよ。

アイランド内のバジュラの発生に、緊急帰還命令がだされた
クォーターですが、その矢先に多数のデフォールド反応。
バジュラです…。
うげー。もう絶体絶命じゃないすかー。

ミハエル、ルカと合流したアルト。
あ、この形態のバジュラには銃が通じるわけね。
説明ありがとうミハエル。
とはいえ、この数じゃ持ちませんよね。
とにかくSMSの基地へ。
武器が必要です。
歌が通用しなくて落ち込むランカに、
ちょっと調子が悪かっただけだと慰めてるナナセ。
「ランカさんの歌は、みんなの希望なんですから」
それをちらりと見てるシェリル。
「希望…」
と小さく呟きます。
出力不足だったのかもとルカ。
SMSに行けば、カナリア機から降ろしたフォールドウェーブアンプも
あるからとフォロー。

と、応戦していたバリキリーがバジュラの攻撃を受けて体制を崩し、
銃の矛先があらぬ方向へ~。ちょうど基地へと向かうために移動し始めた
アルトたちの近くが被弾し、炎に包まれます。
それによりナナセが負傷し、シェリル&ナナセとアルトたちの間が
火で分断されてしまいました。
助けに行こうとするアルトを制するシェリル。
「早く行ってこの騒ぎを止めなさい」
ほんと、男前だわーシェリル。
「私を誰だと思っているの?」
いやー、いくらシェリル・ノームでも戦う舞台が違うから…と思ったけどね。
「何を呆けてるランカ!」
ランカの手を握って走るアルト。
その手の熱さにランカは何かを思い出しかける。
前にもこんな風に手を引かれたことがあった。
その手もこんな風に熱くて…あれは…。
ブレラ兄ちゃんですね。
早く思い出してあげて、ランカ。

クォーターも苦しい戦いを~。
あぁもうなんかすっごいヒヤヒヤする。

アイキャッチ、ちびクランがドロンしてでかクラン+ミハエルって図に
わーいと喜んだんですけどね…最初見た時はさ…。

CM明け。
ランカを心配するブレラだけど、外から来るバジュラの対処をしろと
グレイス。
フロンティアはまだ壊滅してもらっては困る。
バジュラは決してクィーンに危害を加えることはないと、
ランカの心配は必要ないからとっとと行けって感じです。
「強制モードにされたくなければ、命令に従え」
声色が変わるグレイス怖いよー。
従うしかないブレラが可哀想だった。

戻って来た大統領をレオンはあっさり始末です。

SMSの基地に来たは良いが、ここも被害を受けて酷い有様です。
非戦闘員の遺体に、戦うのも死ぬのも兵隊だけで十分だろと激しく
憤るミハエル。そんな彼に、
「落ち着け馬鹿者が!」
渇を入れるクランが素敵。
使える武器は、略式のEX-ギアにバルキリー用の兵装。
でもクランは上等だと笑顔です。
自分が出る気ですね。

バトルフロンティアへの近道を来たオズマとキャシー。
この道は政府要人と大統領とその家族のみ知る道。
そう、さっき大統領が来た道だよねー。
はい、キャシーはご遺体とご対面です。
泣き崩れるキャシーを支えるオズマ。

クランはおもむろに服脱いで裸になってます。
そしてミハエルにさっきの答えを聞かせろと真面目な顔。
「お前の恋はどこにあるっ!」
ううっ可愛いぞクラン。
「行方不明で現在捜索中さ」
って応えるミハエルが、なんか良いな。
「そんなもんあったかどうか、俺自身忘れちまったがね」
いやー、ミハエルな神谷さんが、これまた良いから困る。
「なるほど…確かにお前は臆病者だっ!」
と、クランってばミハエルの腹にパンチ入れましたよっ。
ここのカップルはほんとおもろい。好きだわー。
そして潤んだ瞳で彼にキスするクラン。
うひゃーっやったぁぁぁ。
「私は、お前が好きだミシェル」
マクロスは絶対女性たちの方が男前ですよねー。
だからこそ私が気に入って見てるんだろうけどさ
「おっ…おまっ…こんな時に何を」
呆然とするミハエル。
「馬鹿、こんな時だからだ」
そしてクランってば胸を手で隠したパンツ一丁の姿で、
「いいかミシェル良く覚えておけ…アルト貴様もだ」
そっとミハエルの顔に手を触れて…
「死ぬのが怖くて…恋が出来るかぁぁ~」
凄い告白なんですけど…パンツ一丁でパタパタ走り去られては…
笑っちゃうじゃないですかクラン。
もぉ大好き。

さてこちらはシェルターのようです。
負傷して眠っているナナセに付き添うシェリル。
人々は怯え、ランカはどうした、彼女が歌えばバジュラは止まるでは
なかったのかとぼやいている。
「話が上手すぎると思ったんだよ!政府の連中!」
とか言いつつ、あなたもお祭り騒ぎしてたんじゃないの?
攻撃は激しくなり、シェルターも停電、非常灯が点きます。
とっさにナナセを庇った姿勢になってるシェリルが良いね。
ここでアルトに言われた言葉を思い出し、イヤリングをポケットから出す。
「歌か…まだ届くと思う?」
ランカが希望の歌姫なら、自分は絶望の中で歌ってみせる。

恐怖で心がすさんでいき、シェルター内はあちこちで不平が
漏れ始める。そんな中、すっくと立ち上がり歌い始めたシェリル。
歌は【ダイアモンド・クレパス】
アカペラバージョンだね、カッコ良いぃ~May'nさん。
非常灯がスポットライトと化してるわ。

クランは装置の中、マイクローン化を解いて本来の姿に戻ってる。
フォールドウェ-ブアンプは無事だと報告するルカ。
ミハエルは、アルトに
「人を本気で好きになるのは命がけなんだな」
なんて言ってます。クランの命がけ告白が利いたようですね。
と、入り込んできたバジュラがクランのところへ。
「させるかよっ」
と向かうミハエルがカッコ良いけど、ドキドキで…。
クランのために戦うミハエルの姿に、クランも嬉しそうでしたが…。
後ろから来たバジュラがミハエルの身体を…貫通…。
う、嘘でしょう?
そんな致命傷を受けたのに、そのバジュラがクランへと向かうと、
「この虫けらめ」と攻撃に向かう。
クランから放してバジュラを打ちまくる様は鬼のよう。
クランを守るため、執念ですよね。
「ごめんな…クラン…いままで…言えなくて。
おれも…俺も…お前のことを…愛して…」
「うぁぁぁぁぁぁぁぁぁっ!!」
クランの叫び声が痛い。
ミハエルは攻撃により開いた穴から飛ばされていってしまう。
追いかけるアルト、でもその手は届かず…。
「ミシェェェェェェール!!」
アルトの叫びも痛い…。
ダイアモンド・クレパスの歌詞がハマりすぎて。
ラストからEDへの流れがまた神がかってます。
クレジットが映画のエンドロール式なのと、
最後に映されたミハエルの割れた眼鏡がまた
泣けて泣けて泣けて…。

神谷さぁぁぁぁん!!

次回予告でちびクランがメット抱えて丸まってたから…
やはり生きてはいない…よね?
でかクランの眼がメラメラ燃えてたしなー。
復讐に燃えるの?クラン

昨日は親戚の結婚式で一日家を開けていたことも理由の一つですが、
ミハエルのことがショックで、サクサク感想書く気になれませんでした。
コードギアスのロロもショックだったけど、
それ以上の打撃でした。
ここんとこミハエル株は上昇しっぱなしでしたからね。
嫌な予感がなかったわけじゃないけど、
もっとヤバそうな人が何人もいたりするから…
まさかここでミハエルが、なんて。

次週見るのが怖いような、早くみたいような。
アルトとランカがけっこう穏やかに喋ってるという
意外なショットが予告にありましたね。
今の状況からは想像出来ない感じです。

ちなみにナナセは思ったより重症っぽいね。
ルカがよくあの場でシェリルに任せたと思うわー。
見た目より男なんでしょうか。
惚れた女の怪我の心配より、やるべきことを優先するとは。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 明日は親戚の結婚式で… | トップ | HP作業日記。etre第五章-1をU... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ミシェル (まこと)
2008-08-24 14:44:39
橘さん、こんにちは。

バジュラって
愛くん型→虫型→巨大化ってなるんですね。
今まで出てきてたのもよく見ると虫みたいな
形ですけど、第二形態は羽まであるから
ほんとに虫みたいですね。
愛くんは哺乳類というかぬいぐるみみたいに
ふわふわしてるイメージだったんですが、
虫型になるってことは実は幼虫(イモムシ)
みたいな触感だったりして…
だったら嫌

シェリルはすごいですね。
この前までぼろぼろだったのに。
ランカを平手打ちしたはびっくりしましたけど、そのあとちゃんと抱きしめて。
シェリルはずっとランカの背中を押してきましたからね
悔しい気持ちはまだあるだろうけど、
ランカの才能は認めてるんですね。

そして…ミシェル~うぅ
先週の「いつ死ぬか分からない」という発言も
今回に繋がってたんですね。
クランも「こんなときだからかそ」って
何か予感があったのでしょうか。
>「ごめんな…クラン…いままで…言えなく  て。
 おれも…俺も…お前のことを…愛して…」
人は死ぬ直前に一番素直になるところが悲しい
>ダイアモンド・クレパスの歌詞がハマりすぎ て。
ほんとに泣けてきました

終わりが近づいてきて、
心配な人が増えてきましたね。
キャシーとオズマも心配です。




泣けたよねぇ… (たちばな)
2008-08-24 21:25:30
まことさん いつもコメありがとっ。

パジュラ、形態変わりすぎだよねぇ。
似ても似つかないやんか~と思います。
愛くんあんなに可愛いのに(泣)
イモ虫かぁ…モンシロチョウの青虫は、
なかなかアレ、さわり心地良いですけどね。
他のイモムシは気持ち悪いけど、
モンシロチョウ青虫だけは、
ウリウリしちゃいます私。

…あ、引いた?

そうそう、シェリルは男前でしたね。
ランカに対しては複雑な気持ちだろうに、
先輩としてちゃんと背中押してやるのが
偉いです。

ミハエルのことは、悲しすぎて…うわーん。
死ぬ時になって告白なんて、
クランにしたらやりきれませんよ。
ダイアモンド・クレパス、まんまでしたね。
「今 答えがほしい」だし…。
クランとミハエルの歌だったのか…ぐすん。

ミハエルはゼントラーディの血が流れてるから
宇宙空間に飛ばされてもすぐには死なない筈
とか他所で聞きましたが、
身体貫通してるしねー、出血多量だしね、
生存してる可能性って…無きに等しいと…。
それでも生きていてほしいと、
一握りの希望を持っていようかな。

あわせて読む

関連するみんなの記事