橘の部屋

2010.7.1ブログ移転いたしました。
http://tachibanaroom.blog109.fc2.com/

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「コードギアス 反逆のルルーシュR2」#25【Re;】やるせないよ…。

2008-09-29 20:37:53 | コードギアス
終わりましたね。
ルル、お疲れ様。
ゆっくり休んでね。



コードギアスは、1期で凄いハマって、
けっこうリキ入れて感想書いてました。
感想書くのにあんなに疲れたのは、
きっとコードギアスが最初で最後だろう。

2期が始まり、ルルロロで楽しんで、
でも終盤、なんだかなぁな展開に、
気持ちが離れていき、感想書くのもさぼってましたが、
最後くらいは書こうかと、画面に向かっております。

ナナリーは好きだったのに、
生還後の彼女には苛々させられた。
自分で呪縛を解いて瞳を開いたナナリー。
凄いよ、さすが君だよ。
でも愛する兄のしたことを、
分かろうと頑張りはしないのだね。

ただ、ナナリーの幸せの為に、したことだった。

-そんなこと頼んでない。

君はそういうだろう。
だけどそれは君の気持ち。
彼の思いは本物なのに、それを分かってやれないの?
たった一人の妹なのに。
偽者の弟であってもロロならば、
ルルの思いを理解しただろうに。

やるせなかったです。
そして思い知らされたわ。
なんだかんだ言って、私やっぱりルルを好きだったんだ。

ルルは幸せにはなれないと分かっていた。
殺さなくて良い人まで殺してしまっているのだし、
最後は命を落とすのだろうとも。
より効果的な死の瞬間を迎えるために着々と計画を進めて
いたことも知っていたさ。
でもね…。
何もかも君が背負って逝くなんて。
少し理不尽に思えたよ。

ジェレミアはなんだかどんどんカッコ良くなって、
最後はアーニャとオレンジ畑とは狙いすぎ。
アーニャの中にマリアンヌがいたことを
感づいたのかい?
尺がないから描いてないし、そのあたりは想像するしかないけど。

ヴィレッタと扇の子はすくすくとお腹で育ち、
玉城は店を開く。
カレンは母親と共に暮らすようになり…。
ジノとは進展しなかったのかしらカレン。
せめて動けと必死だったジノのトリスタンがなんとか動いて
カレンをキャッチしたとこは萌えたよ。
この2人、きっといつか…ね。
生徒会メンバーの楽しかった頃の写真。
ルルの笑顔の写真が貼ってあるのが泣けたよカレン。

みんなで楽しくやっていられれば、それだけで良かったのに。
リヴァルがそんなことを、ぽつりと言ってましたね。
そう、ほんとにそうだね。
だけどルルがそんな幸せに気づいた時は、もう引き返せない所に
来てしまっていたから。

結局、ルルはC.C.の最初の願いを叶えないで先に逝ってしまいました。
一人残ったC.C.はどうするのかと心配したのだけど、
案外元気でしたね。Cの世界のルルと、語り合っているのでしょうか。
あれ?でもルルがあの「場」を壊しましたが…
それでもCの世界は存在するのか?

ギルが生きていたのは、どーにも不思議だけど、
福山さんがそこは突っ込んじゃいけないところだってさ(R2の部屋より)
それもだが、更に私は突っ込みたいよ。
ナナリーは接触テレパスだったのかよ?と
ローマイヤの手に触れて嘘を見抜いたのは、身体障害者特有の
勘の鋭さだと思ったんですがね。
掌がわずかに発汗してるとか(嘘ついたことにより)そんな感じで。
でもルルの手から過去と思考を読みましたよね。
あれではテレパスですよ。

なんでもありだな。
まぁ、ルルの報われない気持ちをナナリーぐらいは知っとけ!
って思うので、良いですけどね。(あっちょっとなげやり?)

この作品は、アフレコも他の作品以上に大変だったんじゃ
ないかなぁと思います。
福山さんをはじめ、声優のみなさま、熱演ありがとうございました。
本当にお疲れ様でした。

途中でヤル気なくしちゃった当ブログですが、
TBやコメ下さったブロガーさまや、
記事を読みに来てくださった方お客様、
ありがとうございました。
また他のアニメなどで、またご縁がありますように。
『アニメ』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« HP作業日記。「だりあの小部... | トップ | 「D.Gray-man」#103【長い朝... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
終わった…(泣) (うっちー)
2008-09-29 23:20:25
こちらにもお邪魔しま~~~す…

感想がきっちり書かれてて偉いよ!たちばなさん!!
私はただただルルが切なくって、ろくに文章書けなかった★orz
偽悪的にもほどがあるよ…
スザクもだけど、茨の道を選びすぎだよ…
贖罪のつもりかい?
とか後から後から考えたり。
ナナリーの接触テレパスね!
あれ私も「え?!」と思ったけど、ルルと暮らしている時は無かったですよねぇ?
投げやりな気分も共感(笑)

とにかく高カロリーの作品だったな、と思います。
(途中消化不良起しちゃったけどww)
まったくのオリジナルでここまでのエネルギーを持った作品はなかなか無いと思う。
最初から見続けて良かった!と思ってます♪
いやいや…(汗) (たちばな)
2008-10-01 08:30:33
うっちーさん こんちは♪
コメありがとぉ。
レス遅れてしまってごめんね。

>感想がきっちり書かれてて偉いよ

いやいや(汗)全然きっちりしてないよー。

コードギアスの感想って、
前はもちっとあらすじに添って
ちゃんと書いてましたからねぇ、
ここんとこ凄い簡易バージョンだなと思う。
まぁでも最後だし、あらすじを舐めて
語っていくより、感じたことをダンッと
置いた方が良いかなという気もしましたしね。

なんかねぇ、こうするしかなかったのだろうと
分かってはいても切ないですね。

>ルルと暮らしている時は無かったですよねぇ

そうなのよね。暮らしてる頃に手が触れる
ことなんてザラにあったはずです。
抱っこしてベッドに運んだりしてますから。
ナナリーにその力が昔からあったなら、
あの当時にゼロ=ルルは分かるはず。
それを思うとなんだかなぁ…ですよね。

途中、消化不良は私も。
でも確かにここまでエネルギーのある作品も
そうないと思うので、
そこは評価出来ますよね。
今頃ですがニュースもかねて★ (しのぶん)
2008-11-16 00:07:39
たちばなさん。時を越えて最終回レビューをやっとしたのでこちらにお邪魔しましたよ!ほんと、この最後はショッキングでしたよね~。
面白いアニメでしたが、翻弄されっぱなしで色々体力が必要でした(^^;

>ジェレミアはなんだかどんどんカッコ良くなって、
最後はアーニャとオレンジ畑とは狙いすぎ。

シリアスな中にさりげないお笑い要素でした。

>やるせなかったです。
>より効果的な死の瞬間を迎えるために着々と計画を進めて
いたことも知っていたさ。

うんうん。これわかります~。
ルルのやったことを考えると死亡エンド以外はないと予想してましたが、ショッキングでしたよね。

そんなたちばなさんに、レビュー後に驚きの「ルル生存説」についての記事を発見したことをご報告ですよ!
コレびっくりしました~。どちらでもファンは好きなように解釈できるENDを用意しているスタッフはすごすぎると思いました。
ではでは。
凄いですね (たちばな)
2008-11-17 08:26:11
しのぶんさん こんちは~
コメありがとです。
こちらは、ちっともコメ出来なくてごめんね。

そうそう、生存説ね。
私も自分の記事を書いた後で、感想ブロガーさんとこ
色々巡りまして、あちこちで生存説が出てるのを
見かけました。
最終回を見ていて実際に、「あれ?」と思った部分も
ありまして、生存説の理由として、そのあたりが
突っ込まれていたりしたので、「あぁそうかも」とは
思いました。
といって、自分の記事を修正することはしませんでしたけどね。

しのぶんさん紹介の方の記事は、物凄く細かく分析されていて
ビックリしました。
一つのアニメをそこまで極めて見るなんて、凄い。
私はそこまでは出来ませんねぇ。
1話から見直したりとかすれば、
発見とかあるのは分かるのですが、
季節が変われば新しいアニメも始まるわけで、
そこまでやってる時間がないのですよ。
なんかいつも余裕なくて、嫌だなぁと思うんだけどね。

今はちょっとガンダムにリキ入ってます。
しのぶんさんが記事書かれたら、またお邪魔しますね。

あわせて読む

関連するみんなの記事