なまけもの日記Ⅲ

霧多布岬に住む「なまけもの」と野鳥や動物の暮らしなど

ウミウの子 さらわれて

2017年06月17日 | 日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)
晴れであります。
気温は15度ぐらいでも 直射日光は暑い。



定置網の網起こし。
おこぼれ狙いですぐカモメが集まってきます。



岬先端のピリカ岩にオジロワシが突っ込みウミウの子供をさらっていきました。
オジロの足には哀れウミウの子供の姿が。



一度崖に降りたようです。
自分が食べ小さく運びやすくし子供の待つ巣へと運んでいきました。
足には小さくなった肉片があります。



自然は厳しいのう。。。


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 霧がつづかない | トップ | 白い世界は夢の中か »
最近の画像もっと見る

あわせて読む