なまけもの日記Ⅲ

霧多布岬に住む「なまけもの」と野鳥や動物の暮らしなど

春の雪の日に

2017年03月07日 | 日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)
雪が積もりました。
というか まだ降っています。
もう春の雪でいいよね。

珍しくふかふか雪でありました。
それでも除雪に1時間ほどかかってしまい もう死にそう。

ひと段落で 霧多布島を一回り。
アゼチの岬の向こう ケンボッキ島は霞んでいます。
あそこは けっこう雪が降っているのでありましょう。



霧多布岬もふたたび白くなってしまいました。



家に帰ってみると 雪降るハンノキ林にベニヒワぶら下がり あなうれし。



移動繰り返しながら逆さで種をついばみます。



移動するには 落ちるが一番。



逆さ名人のなせる技でありますね。。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 湿原だって春の兆し | トップ | 枯れ木に花を咲かせましょう »
最近の画像もっと見る

日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)」カテゴリの最新記事