なまけもの日記Ⅲ

霧多布岬に住む「なまけもの」と野鳥や動物の暮らしなど

沖に流氷流れラッコ貝を食う

2017年03月21日 | 日記(野鳥・動物・自然・風景・もろもろ)
沖に白い線があります。
根室方面から流氷が流れてきているのです。



岬にはラッコが1頭。



少し離れてもう1頭が寝ています。



沿岸にもさらに1頭。
なぜかみんなバラバラです。



潜り始めました。
どうやら食事中でありますね。
「カンカンカン」音が聞こえてきます。



腕を上げ何かを貝に打ち付けているようです。
よく 貝を割るのに石を用意していると聞きますが これはどうなんでしょう。
胸にある貝と同じ色に見えます。
大きい貝同士を打ち付けているのかも しれません。



今日はウニじゃなく 貝がメニューなのでありますね。
うまそ~。。。

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ウミウ戻る | トップ | 春の雪 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む