エトケンのブログ はじめの一歩

マイペースでのジョギングと街中散歩、食べ歩きが楽しい。

モンサンミッシェルとパリ 2017 その1

2017-03-15 14:33:45 | 旅行記
4ヶ月ほど前から計画していたフランスの旅、6年ぶりの海外旅行。フランスは38年ぶり?

3月6日、夜10時前に羽田空港のツアーカウンターへ、添乗員さんからチケットを受け取って荷物を預けチェックイン。
 
日本橋を渡って出発???
 
今回は往路のみプレミアムエコノミーにランクアップ。特典は優先搭乗とアメニティと座席がちょっと広いこと。座席の中央の先頭だったので足は十分伸ばせました。
ただ、目の前にジャン・レノそっくりのCAさんが・・・目の置き場に困ります。
翌日の午前1時頃出発、約12時間の空の旅。2時間ぐらいして機内食、美味しいパンと白ワインとシャンパン飲み放題?エールフランスの特典です。
 
食べた後は寝たり起きたり、座席の最後部カウンターでは、お菓子や飲み物が頂けます。大きな人形焼とコーヒーでブレイクタイム。
到着前には朝食も、これを食べて1時間ぐらいでパリ・シャルルドゴール空港に到着です。
午前6時、小雨の中バスはモンサンミッシェルへ向かいます。
今回のツアー客は30人、半分以上が学生さん?明るくて良い感じです。でもパリではフリー、頼れないので頑張らなくては・・・
途中サービスエリアでトイレ休憩の後、オンフルールへ。田舎の港町、印象派の画家たちが訪れた場所、木造の教会が有名です。
 

 

  
教会近くのパン屋さんで買ったサンドイッチとエクレアが今日のお昼、そんなに寒く無かったので港の景色を楽しみながらの食べ歩き。
 
モンサンミッシェル手前のホテル『ガブリエル』に午後3時頃到着。ノルマンディー地方独特のどんよりした曇り空、時々雨も・・・
 
モンサンミッシェルへは専用のバスに乗り換えます。料金は無料15分置きぐらいに有るようです。
とにかく平らな湿地帯、この辺りの牧草は塩分を多く含んでいて、放牧された羊肉は塩味がきいて美味しいそうな・・・食べてないけど。
記念撮影後、お城のような街の中へ、中世のヨーロッパ映画の舞台みたい。
 
海沿いの階段をのぼりながら修道院に向かいます。
 

 

 

 

 

 

 
中庭の回廊は残念ながら工事中、でも修道僧の食事室や礼拝堂、どれもゆっくり見学できました。
夕食は、ホテル近くのレストラン。名物の前菜ふっくらオムレツは、ちょっと焼き過ぎ。メインの白身魚の包み揚げとデザートは、まあまあかなぁ・・・
 
『海外旅行』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 ラ・ラ・ランド 鑑賞 | トップ | モンサンミッシェルとパリ 20... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL