middleageの日記~オーストラリア生活篇~

オーストラリアでの生活。どんな感じなのか徒然なるままに書き残していきます。

Road to Sydney marathon 番外編2

2017-06-27 10:34:57 | オーストラリア生活
予定が押して押して出発時刻が遅れました。
日没まで後5分。
いくらなんでも暗い夜道を長い時間は走りたくはない。
ルートは以下

基本はバス通りを走り抜けるルート

時間がないのでアップがてらに走り始めました。
最初は下りなのではやる気持ちを抑えて
ゆったりめのペース。
身体があったまったらスピードを上げる作戦。

5分経過
そろそろスピードを上げようとしてもなかなか上がらない。
騎手が押してもなかなか馬のスピードが上がらないような状態。
そんななかGoogleの道順通りにバス通りを外れて側道の近道へ。
これが大失敗。
なんと谷越えのルート。
急坂を下りまた登る。心が折れました。
谷間に落ちたときは上を見上げながら
あそこまで登るのかと。
違う谷間だったらよかったのに。

もう側道には行くまいと決意して再びバス通りへ
A3とフォレストロードの交差点まで
駆けつけるとここで問題発生。

横断歩道がない。
付近を探してもない。
ここはダッシュで突き抜けてフォレストロードへ
この頃にはもう夜道。
フォレストロードの歩道は芝生の凸凹道なので
慎重に走る。
交通量がそこそこあるのでヘッドライトが懐中電灯になりますが
歩道脇が森だとやはり暗い。
それでも走り続けなければならない。
フォレストロードは幹線道路なので基本は尾根道。
アップダウンはあるけれど
そんなに急激ではない為、走りやすい。
でも谷間でまたしても問題発生。
谷間は水が溜まりやすく歩道の芝生が重馬場状態。
ビシャビシャして足元がとられるので
危険を承知で路側帯の自転車ロードで谷間を抜ける。

途中から歩道も石で整備され
道路脇の灯りも整備されて快適なリズムで走れるようになりました。
ペースも予定通りでまもなく最難関のRoseville Bridgeへ


手前側から渡り右上のビル群、Chatswoodまで走ります。
このRoseville Briadgeは山を削って谷に橋をかけているので
橋の前後は急坂です。
下りも身体が持ってかれるくらいの坂です。
ゆっくり下って橋を渡ります。
昼間は景色が良いのですが夜は完全に闇の世界です。
橋を渡りきってここから登り。
こんな傾斜を登ります。

半ば歩きに近いペースで登っていたら途中で
歩道がなくなりました。
写真の右上の歩道橋をわたり反対車線の歩道を歩かなければいけないのに
そんなこととは知らず
道路脇の植え込みを狭いと感じながら歩いていました。
やがて崖になり植え込みはなくなり
崖に這いつくばりながら車の脇を通りました。
あれは恐ろしかった。

そこもなんとなクリアして
2時間15分で無事に家に到着。

とりあえず20キロは目処が立ちましたが
身体がきしみました。
40キロはなかなか激しい。
不安だ。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Road to Sydney marathon 番外編 | トップ | Bartels park »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL