ターヘル・アナトミア「自作パソコン生活」

パソコン関係ブログ 試行錯誤しながら自作パソコン制作の記事。  時々、趣味のロードバイク記事も書いてます 

30℃を超える真夏の気温に耐えられるか? OCCTで100%強制負荷でCPU温度はどこまで上昇したか?

2017-07-16 16:04:42 | 自作パソコン

7月に入って 30度を超える日々が続いています。

昼間35度近くになる時も時々ありますね。

空調を使って室内温度は下げていますけど 私の部屋の温度は28℃程度に設定、冷やしすぎは体に良くないから・・・汗だく

 

さて、本題。

外気温33℃ 室内28℃(空調使用)

 

この設定で ファイナル・ファンタジー ベンチマークを走らせて CPU温度がどこまで上がるか?

いつものOCCTで各デバイスの状態をチェック

ベンチを走らせると・・・

メモリ使用は約40%程度に上昇し CPU使用率80%~100%

グラボはGTX-1050Tiでもこのように「非常に快適」という結果になってます。

 

CPU温度 50度前後まで上昇しましたが 危険領域には達してませんでした。 パソコン内部の冷却ファンが7個ついているためパソコンケースないの温度はそれほど高くならず。

 

次にOCCTで強制的にCPUに100%負荷を与えてみました。

CPU温度は65℃から70℃

 

開始10分

 

開始12分過ぎで70℃前後を記録していました。

 

この時のディスク温度

Cドライブ SSD Dドライブ HDD3T 3.5インチ

ドライブの温度はそれほど上がらず30℃をちょっと超える程度

 

CPUの温度推移グラフ

66℃程度で推移して時々70℃に迫っていた (茶色はCPU温度 緑がCPU稼働率)

この間 熱暴走などでパソコンがダウンすることは一切なかったです。

 

気温はOCCT強制負荷時 室内空調は切って室温30℃程度で推移。

 

パソコンケース内部のエアーフローをよくすることで温度上昇に耐えられた

(ケース内 ファン 7つ 内一つはCPUファン)

 熱いですね・・・パソコンに異常は出ていません。 

 

私のパソコン制作方法、デバイス選択に間違いはなかったということでしょう。今まで パソコンがダウンするようなことは一回もなかったです。

『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 信頼できるか? 大手メーカ... | トップ | パソコン電源について あな... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

自作パソコン」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。