Eternal 試行錯誤の自作パソコン生活

パソコン関係ブログ 試行錯誤しながら自作パソコン制作 社会政治問題を避けていてはいけない 日本が乗っ取られる危機状態

日本自身が自主防衛の決意を固めれば、沖縄の反基地運動は衰退する

2017-04-19 19:44:36 | 政治・社会問題

 尖閣諸島周辺では、中国公船が領海侵犯を繰り返しているが、沖縄を狙っているのは中国だけではない。北朝鮮の黒い影も平和な島々を覆いつつある。

 核やミサイル発射実験を繰り返し、「在日米軍も攻撃対象だ」と明言する北朝鮮。沖縄県議会は3月、北朝鮮が「極めて危険な行動を続けている」として政府に毅然とした対応を求める意見書を可決した。

 私は石垣島で記者を続けて約20年になるが、北朝鮮ミサイルの「空襲警報」に2回も遭遇した。

 日本さえ自主防衛の決意を固めれば、沖縄で猛威を振るっている現在の反基地運動は劇的に衰退するだろう。

 米国には今後も「世界の警察官」であり続けてほしいが、何かあるたび交番に逃げ込む男を、世間は男とは見なさない。今の日本はせいぜい「草食系男子」ではないか。沖縄からこそ日本を叱咤(しった)激励したい。


仲新城誠(なかしんじょう・まこと)1973年、沖縄県石垣市生まれ。琉球大学卒業後、99年に地方紙「八重山日報社」に入社。2010年、同社編集長に就任。

産経新聞より

http://www.sankei.com/politics/news/170419/plt1704190018-n2.html

『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 朝鮮日報社説 緊張を煽って... | トップ | 北鮮「墓参りを、残留女性 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。