ターヘル・アナトミア「自作パソコン生活」

パソコン関係ブログ 試行錯誤しながら自作パソコン制作の記事。  時々、趣味のロードバイク記事も書いてます 

パソコンテクニック編 (Cドライブ内の個人ファイル(マイビデオやマイピクチャなど)をDドライブに移す方法)

2016-12-14 19:15:56 | Windows10

Cドライブ内の個人ファイル(マイビデオやマイピクチャなど)をDドライブに移す方法

Cドライブ内にダウンロード、デスクトップ、ドキュメント、ピクチャ、ビデオ、ミュージックというフォルダーが存在しています。これをCドライブ内に置いたままだと OSの再インストールなどの時バックアップ取ったり かなり 面倒な作業になります。 また 最近 起動DiskにOSやプログラムだけ入れ このDiskをSSDで起動専門Diskにする。 ほかのファイル(個人データ)はDドライブに保存。 こうすれば CドライブをSSD起動専門、Dドライブを個人データHDDにする。 こうすると起動が速くなって OSを再インストールしても個人データはバックアップ取らずに済む。 個人データはDドライブに格納されているからです。


このようにエクスプローラーを開いて PCをクリック

ダウンロードやデスクトップなどの個人フォルダを右クリックして このようなウインドウを出す

一番下のプロパティを開いて・・・ 

 

 

 

プロパティの中の「場所」というタブをクリック

 

 

場所のアドレスが書かれています

マイドキュメントのアドレス C:\Users\ユーザー名\Documents

 

このアドレスのCをDに変更 (注意 買えるのは CをDに変えるだけ 他は一切変えてはいけない)

C:\Users\ユーザー名\Documents → D:\Users\ユーザー名\Documents

変更したら 一番右下にある「適応」をクリックする。

 

Dドライブには個人フォルダ(マイドキュメントなど)はないので 作成しますか? と聞いてくるので 「はい」をクリック。

 

Cドライブ内にある個人データ(マイドキュメントのデータなど)を 新しく作成したDドライブの個人フォルダに移動しますか?と聞いてくるので「はい」をクリック。

 

この作業を ダウンロードのフォルダ デスクトップのフォルダ などすべて 同じことをして Cドライブ内の個人データをDドライブに移す。

この作業を完了すると それ以降 自動ですべてDドライブ内に格納されることになる。

 

エクスプローラのPCをクリックして 個人フォルダのアドレスを見ると すべて Dドライブに変わっている。 これでDドライブ内に格納されていくことになる。

 

 

1)Cドライブの容量を少なく保ち SSDなど240MBや500MB程度でも十分対応できる Cドライブ内の個人ファイルをすべてDドライブに移動してしまうからCドライブの容量が少なくても済む利点。

2)OSなど再インストールした場合 個人データのバックアップも必要なく なぜなら 個人データ(マイドキュメント他など)はDドライブに格納されているから CドライブはOSと各種プログラムのインストールだけで済み利点


(自作パソコンの続きは週末日曜日にアップ予定)

『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自作パソコン 電源ユニット... | トップ | パソコンテクニック編 物理... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Windows10」カテゴリの最新記事