ターヘル・アナトミア「自作パソコン生活」

パソコン関係ブログ 試行錯誤しながら自作パソコン制作の記事。  時々、趣味のロードバイク記事も書いてます 

自作パソコン Windows10でRAIDを設定 Part2 スパン、ストライプ、ミラー ボリュームウイザード

2017-04-04 19:57:11 | RAID設定

Windows10 RAID設定 PART2

前回は 中途半端でしたので もう一度詳しく掲載

ディスクの管理から(スタートボタンを右クリック)

2台のディスクをファーマットしない 未割当状態で SATAで接続

 

そのうち1台を右クリックして このように表示させ スパン、ストライプ、ミラーのうち一つを選ぶ

(スパンは2台のディスクを一台として表示させる)

(ストライプは2台のディスクにデータを分割して同時に2台に書き込む よって 書き込み 読み込みスピードは通常の2倍。 デメリット 一台故障するとすべてのデータが消える)

(ミラーは2台のディスクに同じデータを同時に書き込む 自動でバックアップを取るようなもの 2台のディスクに同じデータを書き込むため ディスク容量が2倍必要になるデメリット、メリットは1台故障してもデータは安全に保存される)

ウイザードが開始される 次へをクリック

 

 左側の利用可能なディスクにもう一台のフォーマットしていないディスクが表示されている。

 

 

利用可能なディスクを選択すると青くなって 真ん中の「追加(A)」というボタンが現れるのでこれをクリックすると

 

左側の選択されたディスクに追加され2つのディスクが表示される

この時「スパンボリューム」以外は異なった容量のディスクの場合少ない容量のディスクに統一される。

ミラーボリュームの場合 100GBと200GBのディスクを使った場合 100GBと表示される

スプライトボリュームの場合 100GBと200GBのディスクを使った場合 100GBX2=200GB 1台の表示になる

スパンボリュームの場合だけ 100GBと200GBのディスクを使った場合 100GB+200GB=300GB 1台の表示になる

 

2台のディスクが1台になるため 文字の割り当ても一つ EとかDとかになる

 

フォーマット形式を選択 自動で選択されているため 特に何もしなくていい

次へ クリック

 

これでウイザード終了 完了をクリックすればOK

 

この先は各人でトライしてみてください。 WINDOWSのRAIDのウイザードについて書きました。

注意 Windows10 Homeでは ストライプボリュームのみ Proバージョンだけ ミラーなどフルRAID選択できる

くれぐれも Cドライブや個人データドライブなど既存ディスクを間違えてフォーマットしないように この辺は 自己責任でお願いします。

Cドライブのバックアップを取ってから作業した方が無難です 万が一作業中にデータが飛んでしまった場合助かりますからね

または、Cドライブを 別の余ってるHDDにまるごとクーロンコピーしておくと いざというとき安心ですよ

『コンピューター機器』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自作パソコン ディスクの健... | トップ | 自作パソコン 通常SSD(ソリ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

RAID設定」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。