危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

新たな御法話の開示 大川隆法先生「『凡事徹底』講義」 ◆人生に勝つ人が持つ"真の謙虚さ""平凡性の自覚"とは?

2016-10-08 20:25:08 | THE FACT
現代人に改めて問われる凡事徹底と静寂の時間、
その日、その日をあくせく過ごしてしまい、ついついその大切さを
忘れてしまったところに、はっと気づかせてもらえる教えですね。


凡事徹底と静寂の時間
現代における“禅的生活”のすすめ
・著者 大川隆法 ・定価 1,620 円(税込) ・四六判 181頁 ・発刊元 幸福の科学出版 ・ISBN 978-4-86395-838-8 ・発刊日 2016-09-17

努力しつづけることの意味。 自分と向かい合うことの意義。

どんなに時代が進化しても、「心を磨く方法」は変わらない。
目まぐるしい現代社会のなかで、 私たちが失ってはいけない大切なこと。
智慧を磨き、人格を向上させる“知的エッセンス”が、この一冊に。

【「仕事能力」と「直観力」を一流の境地へと導く極意。】

目次
まえがき
第1章 凡事徹底と静寂の時間
第2章 凡事徹底に関するQ&A
あとがき
http://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1735

クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

新たな御法話の開示について

☆★☆★☆★☆★☆★☆
幸福の科学グループ創始者兼総裁
大川隆法先生
「『凡事徹底』講義」
☆★☆★☆★☆★☆★☆

この度、主より新たな御法話「『凡事徹底』講義」を賜りました。
主の大いなる御慈悲に心より感謝申し上げます。

【開示日】
≪本編[101分]≫
明日10月9日(日)


≪エッセンス版[約20分]≫
10月16日(日)

【開催場所】
幸福の科学 全国支部・布教所



☆-☆-☆-☆-☆

◇深遠なる「凡事徹底」の世界 現代の努力論、成功論

・現代の激しい競争社会を生き残り、永続的に成功し続けて行くために必要な心構えを賜りました。

・慈悲深くも身の引き締まる主の御言葉が心に染みわたり、「ここから新生していこう」と思える御法話です。

・経営者・ビジネスパーソン、主婦層、学生・青年層、宗教関係者、教育関係者、そして、やはり全信者に必要な御法話です。

◇魂に響く一転語の数々!

【Point】
◆人生に勝つ人が持つ"真の謙虚さ""平凡性の自覚"とは?

◆才能だけでは成功しない?夏目漱石、三島由紀夫、映画「ちはやふる」、宇多田ヒカル、杏などから学ぶ"成功の秘訣"。

◆現在のみならず、5年先、10年先にも勝ち続けるために必要な心構えとは。

◆やろう!と思っても続かない人へのアドバイス。

◆各人の凡事徹底を組織の一体感につなげるためのポイントは?

☆-☆-☆-☆-☆

【拝聴者の声】

・平凡であることの自覚が、凡事徹底していくために大切なのだと分かりました。(50代女性)

・仏は、私たちの陰の部分の努力も見て下さっているのだと感じました。(20代女性)

☆-☆-☆-☆-☆

○下記にアクセスすると、最新御法話・霊言の公開情報一覧を閲覧することができます!
http://info.happy-science.jp/lecture/#

○Youtube幸福の科学公式チャンネルに御法話・霊言のCM動画を一般公開しています!

【幸福の科学公式チャンネル】
https://www.youtube.com/user/HappyScienceChannel



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1

ジャンル:
ウェブログ
コメント (7)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« トランプ陣営のテレビCM、第2... | トップ | 国会議員の二重国籍問題に関... »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-10-08 21:07:34
読んでいないから詳細はわからないけど杏は鹿殺しが趣味のクズだよ。罪のない動物の殺生を楽しむヤカラを成功者とは言わないのでは?
Unknown (Unknown)
2016-10-08 23:25:48

HS会員は疑問を持ってはいけないんだよ。
主の仰ることは絶対だから、自分の頭で考えてはいけない。
自分で考えなくてもいいから、ある意味楽なんだよね。
感じの悪さ (春の日)
2016-10-09 03:17:31
何か感じの悪いコメント最近多いね。

動物殺傷すると成功者になっていけないの?
ベジタリアンか何か?

自分は臆病だからハンティングなんてしないけど、
欧米ではスポーツとして楽しん方多いけどね。

自分の会社の欧州の社長は趣味が鹿狩りだよ。
で、彼は立派な成功者だけどね。

臆病な自分も肉は好きでよく食べるよ。誰かが殺傷した肉をね。
そのお肉が罪があるか無いかなんて知るわけもないけど、
肉食の自分にはハンティングをする人を蔑視する気にはとてもなれないけどね。
魚も植物も生き物で、それらを殺傷して皆いただいてるんだけどね。
中々その枠から外れた物を口にするのは難儀だね。

それと、下の方は、
HS会員は物を考えないって?
そうかね?

ただ啓示型の宗教は皆特別な人物、
予言者が神から預かった言葉を教義として受けて
それを学んで宗教が出来上がっているんだけどね。

その教義をこれはいい、悪いって評論でもしろって?
まあ、したきゃすればいいけど、
そうなると宗教ではないね。

また、いただく御発言も、
心の教えと、時事問題と、趣味趣向の話と色々あるけど、
当然、趣味趣向の部分は皆軽く受けているし、
そこは皆大人な対応でしょ?

時事問題は判らない点、理解がついて行かない点も多いけど、
理解できるまで考えるし、
判らんことは判らんままだし、
その背景にある思想が判れば
それでいいと思っている。

社会主義が何故あれだけ神々の受けが悪いかも
最近やっと判って来たよ。

一般的に皆よう勉強し考えてると思うけどね。

教義だって、
その教えを自分の人生にどうアダプトするかという点で、
各自、自己の責任で頭と心を働かせている訳で、
念仏唱えるだけの輩よりよっぽど心も頭も働かせているという自負があるけどね。
こんな舐めた事言われて本当に気分悪いね。

承認無しのコメント欄も
色んな意見が聞けていいけど、
何だかね・・・。


Unknown (英)
2016-10-09 06:34:27
まあ、時々いるんだよね。

何の関係もないことかいて、

揶揄するバカがね。

まあ、はっきり言えば、


そういうバカは、カマッテちゃんだがね。

ご法話の意味も何の意味も分からず、

信者は、教祖のいうことだけを鵜呑みにするってね。

で、本当は、質疑応答なんかもあるんだけどね。

読んでなくて批判する連中こそ、

頭を使ってない楽な連中だよ。

自分勝手な思い込みで、

批判してくるんだからな。

つれづれ (寅)
2016-10-09 09:12:36
このブログ本当に面白い(笑)

わたくしは祖父と父がハンターだったため、ガキの頃よくつきあわされました。

獲物の腹割いてね。解剖ですよ。

個人的には狩猟はあまり好きではない。

田舎のおじさんたちもいろいろでね、
イノシンや鹿の肉(うまい!)を喜んでくれる人もいれば
「家族が病気になるから俺は猟はやらない」なんて人もいた。

よくわかってらっしゃる。

昔のマタギとかネイティブアメリカンとかは最低限の殺生しかしないそうですし、
彼らは神に深い感謝の祈りを捧げますからね。

これに対して、例えばかつてのイギリス貴族のスポーツの狩猟は殺しまくったからね。

絶滅した動物もいる。少しググってもらえればわかるはず。

鹿は、、、増えすぎてますからね。

尾瀬なんかも荒らされて大変です。
「有害鳥獣 鹿」なんかでググってみてください。

揶揄のコメント、問題外ですね(笑)。ごめんなさい(笑)
Unknown (泣き虫ウンモ)
2016-10-09 20:56:00
たとえ話で面白いと思ったのは、底なし釣瓶で水を汲むという部分と、簡単に言えば精進していないと与える側から奪う側にまわりますよということですかね。

後者のほうですが、そういう方々が意外と多いのかなぁと考えさせられましたね。

Unknown (うああ)
2016-10-09 23:19:52
北海道じゃ鹿増えすぎて明らかな害獣なんだが、
ハンターも少なすぎる、食肉化システムも大きくならない、で道は頭抱えて打つ手なしな状況。
「鹿狩り=クズのやること」って考えはナイーブって表現ももったいなくてただの無知。
俺は銃とかに生活しばられたくないし殺生は嫌いだからハンターにはなりたくないが、ハンターは我々の生活守ってるんだから最低限尊重する気持ちはあるよ。
特に若いハンターが育ってなくてその世界じゃ困ってると聞くが、こうした無知が多けりゃそれに比例して害獣も増えるわけだ。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

THE FACT」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。