危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

「加計問題」があぶり出す 日本は御恩と奉公の「封建制度」だった!?  ザ・リバティWeb 「国民の負託や税金を、「個人的な忠義」に基づいて分配する「えこひいき」政治は、健全と言えるだろうか。」

2017-07-17 23:10:50 | リバティウェブ

Drop of Light / Shutterstock.com

今の安倍政権になる前、まさか安倍総理が殿様体質で、上から目線の政治を行い

人の好き嫌いが激しく、嫌いな人間は有能でも遠ざける器の狭い人間であるとは

思ってもいませんでした。

それが、独裁政治、傲慢政治に繋がり、実践してしまうとは・・・・。

健全ではなければ、自浄作用が働くのですが、まさしく今掃除されている状況では

ないでしょうか。



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

「加計問題」があぶり出す 日本は御恩と奉公の「封建制度」だった!?

《本記事のポイント》

  • 「加計・森友」問題があぶりだした安倍首相の「封建主義」的な傾向
  •  閣僚・党役員人事やマスコミ対策にも見える「ご恩と奉公」
  • 「御恩」の源は「勝ち取った土地」ではなく、「国民の信任」と「税金」

 

安倍晋三首相は、8月上旬に内閣改造・自民党役員人事の刷新を行う、と報じられている。

 

「加計学園」「森友学園」問題などの影響で、7月の東京都議選では自民党は惨敗。安倍内閣への支持率は30%を切り、政権成立以来、最低の数字となった。

 

「憲法改正」などを狙うに当たり、政権のイメージアップを図る必要に迫られている。

 

 

「加計学園」「森友学園」は「御恩と奉公」!?

政権にとってまさかの爆弾となった加計・森友学園問題で浮かび上がったのは、安倍政権が民主主義だけではなく、「封建主義」的な原理の中で動いているということだ。

 

封建主義は、鎌倉時代の「御恩と奉公」のように、「領主が封土を与えることで、臣下が忠義を尽くす」という主従関係のことだ。

以下、詳細は本サイトでご覧ください。

http://the-liberty.com/article.php?item_id=13253


政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« かつての自民党重鎮・村上正... | トップ | 7月7日に世界各地でUFOが現れ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

リバティウェブ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。