危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

衆議院議員、下村博文氏の、映画「ファイナルジャッジメント」の感想!!

2012-06-25 21:01:58 | 映画
転載させて頂きます!
随分昔になりますが、下村博文氏とは面識があります。
名刺交換させて頂きました。
勿論、当会への理解のある方です!

映画「ファイナルジャッジメント」を観る

公開日: 2012年6月24日 | 投稿者: 下村博文

http://hakubun.jp/2012/06/%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%80%8C%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%88%E3%80%8D%E3%82%92%E8%A6%B3%E3%82%8B/

 映画「ファイナルジャッジメント」を観る。ある日アジアの大国・オウランという国に日本は占領され、思想も、言論も、経済も、すべてが統制下におかれ、逆らうものはことごとく弾圧されていくという未来想定映画だった。

 日本においてそんなことはあり得ないと一笑に付す人が多いだろうが、あながち奇想天外とは言えず、それは充分可能性があることだと私は思う。

 この4月から使用されている中学校の歴史教科書でシェアが一番高いのが東京書籍だが、その教科書の琉球(沖縄)の記述を読むと、琉球にとっては歴史上中国との朝貢外交をしていた時の方が恵まれていて、薩摩藩の支配下になり明治時代には琉球処分されたと、あたかも日本になって悪くなったかと思える記述がある。

 沖縄の子供たちが素直に教科書を読んでいれば、いずれ沖縄は日本から独立し、中国圏に入った方がいいと思ってしまうような教科書が日本で堂々と学校で教えられていることこそ問題がある。

 中国の尖閣諸島への2010年からの対応も見すごすことはできない。このまま日本が無人島にしておけば、必ず中国は漁民をまず使って上陸占拠してくるだろう。

 すでにチベット・ウィグル・モンゴル等が証明している。しかし問題なのは中国脅威論より、国内問題だ。私たち日本人が日本という国をしっかり守り大切にし誇りに思うような国民かだ。

 最近の調査でも「あなたは命をかけて国を守るか」という問いに対し日本人は22%しか「守る」と答えていない。アメリカ人は77%、フランス人は67%が「守る」と答えている。愛する家族、郷土、国を守るために頑張る。当然なことが、日本では当然だと思っていない人の方が多い。おかしな国だ。

政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新刊! 徹底霊査「週刊新潮... | トップ | 「公務員給与引き下げが進ま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事