危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

シリアの化学兵器(サリンか?)使用による虐殺   日本は他人事ではない!(北朝鮮に化学兵器、核ミサイルを落とされてから反撃するというのか?)

2017-04-06 10:34:23 | ニュース

独裁者であるシリア・アサド大統領の本心(独裁性、残虐性)は、もう3年以上前に大川総裁によって明らかに

されているのですが、国際社会はまだシリア・アサド大統領の暴走を食い止めることができないままです。

自分に逆らう者は殺しても構わないのだという考えを持つシリア・アサド大統領について、平和主義者のオバマ

前大統領は介入することができず、被害が拡大し、現在も国民を化学兵器で殺しているのです。

日本も他人事ではありません。

北朝鮮は、化学兵器を所有しているのです。それに対する防衛力、抑止のための攻撃力は

備えているのでしょうか?

一刻も早く、抑止のための攻撃力を備えるべきです。


クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

家族が次々と地面に… シリア化学兵器疑惑、被害者が語る惨劇

AFP=時事 4/6(木) 7:31配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170406-00000002-jij_afp-int

 

【衝撃スクープ】「化学兵器は簡単に隠せる」 シリア・アサド大統領の守護霊が激白

 

アサド大統領のスピリチュアル・メッセージ
・発刊元幸福の科学出版

https://www.irhpress.co.jp/products/detail.php?product_id=1025

全世界衝撃!
アサド大統領は、サリンを使い、
シリア国民を虐殺していた!!


混迷するシリア問題の真相を探るため、
アサド大統領の「守護霊霊言」に挑む―――
恐るべき独裁者の実像が明らかに!


もし北朝鮮やイラクが暴発したらどうする!?
アメリカよ、「世界の警察官」をやめてはならない!
世界の大国や国連は、罪なき人びとを護れ!



【英語で語られたメッセージを日本語訳付きで収録】

目次

(和訳)
まえがき
1 中東の神エローヒムの名においてアサド守護霊を招霊する
2 化学兵器の使用を「当然だ」と認めるアサド守護霊
3 「悪人とは私に背く者。私の意志は神と同じ」と言うアサド守護霊
4 「原爆を持っている国は化学兵器について何も言えない」と主張
5 自国民を10万人以上殺したことに「罪悪感はない」
6 「テロリスト」という言葉と、シーア派の正統性について
7 「ミサイルはすでに何百基もある」
8 「アラブ諸国では、民主主義は効果的ではない」
9 自由も幸福も、国民には必要ないのか
10 「私はアッラーの一部」と主張するアサド守護霊
11 ノーベル平和賞受賞のオバマ大統領は「悪いやつ」
12 シリアはかつての「世界の霊的中心」、人権は「信じ難いもの」と主張するアサド守護霊
13 日本に望むことは「アメリカともう一度戦ってオバマを殺せ」
14 正義とは「神の命令に背く者を殺すこと」
15 「私は自国民を殺していない」と執拗に否定するアサド守護霊
16 過去世は「エジプトのラムセスの一族だった」
17 「アメリカを説得するよう安倍首相に圧力を」
18 アサド大統領の守護霊インタビューを終えて

コラム

シリアのアサド大統領は、
大量の化学兵器で国民を虐殺していた!

 
コラム挿絵『アサド大統領のスピリチュアル・メッセージ』
2013年9月11日、シリアへの軍事介入をめぐり、オバマ大統領が、「アメリカは世界の警察ではない」と発言したその日、バッシャール・アル・アサド大統領の守護霊に独占インタビュー。そこで語られたのは、大量化学兵器(サリン)で自国民を平然と虐殺し、確信犯的にテロをつづける悪魔的独裁者の本音だった。さらに、プーチン大統領との親密な関係、中国や北朝鮮との貿易、国連の査察から逃れる方法、アメリカへの憎悪――世界を欺き通した戦慄の真相が明らかに!



政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 幸福実現党 【youtubeノーカ... | トップ | 釈会〈番外編〉北朝鮮ミサイ... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (泣き虫ウンモ)
2017-04-06 22:11:52
予算上もあって、この書籍は購入していなかったですね。

う~ん、米国とロシアが交渉しない限りは円満な解決しないと思っていたのでね。

たしか、シリアの権力側はイスラム教の少数派なので、米国的なやり方だと第二のISが誕生しかねないと考えていたものですからね。

まぁ、米国がシリアの政治に介入し続けるのであれば別かもしれませんが。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

ニュース」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。