危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

“家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業” 7月10日、LED電球交換開始 知事とピコ太郎さん出演のPR動画

2017-07-12 11:32:11 | ニュース

あまり知られていないようですが、7月10日からLED電球無償交換が開始されているようです。

これはどうなのでしょうか?費用対効果は計れているのでしょうか?

それとも単なる税金の無駄使いによる自己のイメージアップでしょうか?

やはり小池ファーストですかね。

 
クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村



“家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業”
7月10日、LED電球交換開始
知事とピコ太郎さん出演のPR動画、本日配信開始

http://www.metro.tokyo.jp/tosei/hodohappyo/press/2017/05/26/03.html

東京都では、「家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業」のLED電球交換開始日を決定しましたのでお知らせします。
また、幅広い世代に人気のあるピコ太郎さんが出演したPR動画を本日14時00分から配信します。ぜひ御覧ください。

※都内の地域家電店等において、自宅で使用している白熱電球2個以上を持参した都民に対して、LED電球1個との無償交換及び省エネアドバイスを実施し、LEDの普及と家庭での省エネ行動の拡大を図る事業

1 交換開始日

平成29年7月10日(月曜日)

2 PR動画

配信URL:
https://youtu.be/bdl_-sSMeGE(60秒版)
https://youtu.be/ys3ScEXIN0I(60秒英語字幕版)
https://youtu.be/RjDX-EZN2k8(30秒版)
https://youtu.be/tg0ouLgo7RY(30秒英語字幕版)

3 その他

  1. 都民の皆様からのご質問はコールセンターまでお願いします。
    コールセンター:0570-066-700 / 03-6704-4299(受付時間 9時00分から17時00分まで、年末年始を除く。)
    通話料金は発信者負担となりますので御了承ください。
  2. LED電球と交換できるお店の情報等は、決定次第ホームページ等で公表します。

「2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 政策の柱1 スマートエネルギー都市」

 

LED省エネムーブメントPR動画(啓発版・60秒・日本語 Ver.)

2017/05/25 に公開

東京都は、白熱電球2個以上とLED電球1を交換する「家庭におけるLED省エネムーブメント促進事業」を平成29年7月10日(月曜日)から開始します。
この度、小池知事とピコ太郎さんが出演したPR動画を制作しました。ぜひご覧ください。

本事業の詳細はこちら 
https://www.tokyo-co2down.jp/individu...

政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 新たな御法話の開示「『愛か... | トップ | 千眼美子(清水富美加)出演... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (英)
2017-07-12 11:59:52
これは、もしかして、あれかな。
政府が、省エネにかこつけて白熱電球の生産を、

撤退させる先駆けか?

以前、政府は、京都議定書を達成させるために、

全ての白熱電球の生産を廃止させ、

全てをLEDに変える陰謀をたくらんでいたからな。
Unknown (うああ)
2017-07-13 00:34:05
最初に「小池茶番劇」と言った人は
先見性があったってことになりますねw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。