危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

移民受け入れには3つの利点、米機関が日本を例に主張  「移民受け入れで、日本は圧倒的な経済大国になっていたはずだ」

2016-10-24 14:24:03 | ニュース

人口減少問題、年金問題、そして労働力不足

日本は、ずっと言われてきた問題をいまだ解決できていません。

やっているのは、今の現役世代から増税によって、少しでも多くの税金をとろうと
していることです。

これは、はっきり言って政治が機能していないのです。

日本自体をさらに成長させ、これから生まれてくる子供たちに希望のある社会を
築いていかなければならないのです。

移民問題は、日本にとっては大きな課題ですが、親日国家との交流を深めるか
東南アジアの国々との連邦制など、霊人からのアドバイスを活かすべきです。


日本の政治家は、日本の未来を明るいものにするために、こうした大事な問題を
真剣に解決していく必要があります。

今のような、迎合政治では何も解決できません。

やはり、腐敗、堕落した政治を一掃し、利他で実行力のある政治家を選択していく
必要があります。

そうした政治家に日本を託すべきですね。




クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村


移民受け入れには3つの利点、米機関が日本を例に主張
Forbes JAPAN 10月21日(金)16時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161021-00013987-forbes-bus_all


一部抜粋

労働力の供給

移民受け入れ反対派の主張が正しいとすれば、移民にやさしくない日本は圧倒的な経済大国になっていたはずだ。だが、日本はそうではない。経済・人口の両面で、危機に直面している。ブルームバーグが今年7月に発表した分析結果は、「日本の平均年齢の高さと出生率の低さは世界一だ。移民はほとんど受け入れていない。成長に関する問題は、さらに深刻だ」と指摘。さらに、次のように述べている。

「1990年代初頭、戦後から続いた経済成長の後に発生したブル経済が崩壊。それから数十年にわたってデフレが続いた。そして日本は、労働力不足に苦しみ始めた」

一方、NASは米国について、「移民は労働力を供給し、国内総生産(GDP)を押し上げてきた。人口動態の変化によって起きる労働人口の変化(特に高齢化──日本ではこれが起き、労働人口が減少している)に歯止めがかけられており、そのおかげで米経済の成長は、停滞を回避することができている」と説明している。

以下、本サイトでご覧ください。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161021-00013987-forbes-bus_all




政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1

ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 【当選】鹿児島県薩摩川内市... | トップ | 米国共和党全米委員会アジア... »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
老人と日の丸 (Unknown)
2016-10-25 00:59:35
反日国からの移民は受け入れすぎてしまったので、国は選ばなければなりません。
これ以上、国内犯罪が増えないように配慮が必要です。
まずは親日国とのモデルパターン作りからですかね。
台湾とかポーランドとかインドなど。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。