危機に立つ日本

反日国家の脅威が日本を脅かしています。
危機から日本を守るべく、行動して参りましょう!

訪日直前のドゥテルテ大統領インタビューから「最も会いたい人物は天皇陛下。お会いしたら、恐れ多くて言葉が出ないかもしれません。神のような存在として尊敬いたします。敬愛なる陛下・・人生で最上の喜びです」

2016-12-13 17:26:25 | ニュース

ちょっと前の記事になりますが、ドゥテルテ大統領がインタビューで天皇陛下について
話されている記事がありました(リバティ記事で発言が商紹介されていました)ので、探してみました。

こうした内容は、大々的に報道してほしいですね。

結局、お会いすることはできなかったのですが。

ドゥテルテ大統領の日本への思い、陛下への尊崇の念が響いてくる内容ですね。

こうした思いは、やはり過去世(で日本のために戦ったという記憶があるのだから、と思います。

日本人ですら見習うべき思いですね。

ただ、天皇陛下の生前退位については、大川総裁からコメントがありましたので
皇室存続のためにも、修正が必要かと・・・。

ドゥテルテ フィリピン大統領守護霊霊言【CM動画】

2016/11/09 に公開
「ドゥテルテ フィリピン大統領守護霊霊言」

ドゥテルテ フィリピン大統領守護霊の英語霊言(英語部分は日本語字幕付)/反米親中、過激な発言で話題のフィリピン大統領の本心が明らかに/暴言封印を命じた「神のお告げ」の真相とは/ 過激な麻薬撲滅作戦を行う理由/アメリカ離れの思想はどこから来ているのか/ 習近平氏から経済援助を引き出した真の狙い/ドゥテルテ大統領の驚くべき過去世

-------
<公開情報>
所要時間:88分(英語部分69分+日本語部分19分)
種類:英語, 霊言
公開期間:2016/11/2~



クリックよろしくお願いします!
にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

「天皇陛下にお会いしたら言葉が出ないかも」“暴言大統領”の胸の内
【日本メディア初】フィリピン・ドゥテルテ大統領が語った本音(前編)
ホウドウキョクより
https://www.houdoukyoku.jp/posts/1824


3 Lines Summary
・日本訪問の目的は友好と結束
・最も会いたいのは天皇陛下
・トランプ氏との共通点は口の動きぐらい


10月25日の訪日直前、フィリピンのドゥテルテ大統領が、日本メディアとして初めてFNNの単独インタビューに応じた。
日本・アメリカ・中国との関係や自らの“暴言”などについて、30分間にわたって本音を語った。



天皇陛下にお会いしたい


―大統領として初来日の主な目的は何でしょうか?

私は大統領に就任して間もありません。フィリピンを代表するリーダーとしての正式訪問です。日本訪問の目的は、日本との友好と結束、そして共同歩調をとることを再確認するためです。また、共有の関心である、アジア地域における海上治安、防衛、そしてこれまで日本政府や国民から受けた援助に関して話し合うつもりです。

―日本に特別な思い入れがあると聞きましたが、日本のどこが好きですか?

他の東洋人同様、日本人はとても親切です。日本人は援助に見返りを求めない。私が単に訪日したいという希望以外は、議題はありません。私が日本の慣習を説明する必要はありませんが、日本はとても気前が良いですよね。それは日本人が贈り物をする気持ちを大事にするからかもしれません。

―滞在中、最も会いたい人物は誰ですか?

それはもちろん天皇陛下です。どの国のリーダーでも天皇陛下にはお会いしたいと思うでしょう。それから日本では、海の安全や災害協力に関しての話し合いをしたいです。また、我が国が現在力を入れているテロ対策についての話し合いも必要ですし、ドラッグの問題についても相談したいと思っています。

―天皇陛下は最近フィリピンを訪問しています。お会いしたら何をお伝えしたいですか?

恐れ多くて言葉が出ないかもしれません。神のような存在として尊敬いたします。なんと申し上げようか…。「敬愛なる陛下、このように直接お会いできることは人生で最上の喜びです」とか…。

―夢がかなうのですね?

そうです。

以下、詳細は本サイトでご覧ください。

政治評論部門で1位を目指します!真の保守ブログとして!!
現在にほんブログ村の政治評論部門で4位です!!
(OUTポイント順で1位 INポイント順で4位です☆)

にほんブログ村 政治ブログ 政治評論へにほんブログ村

ブログランキング

ランキングはこちらをクリック!http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1


http://ranking.kuruten.jp/economy?ord=po&page=1

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 産経新聞 「幸福の科学」... | トップ | 中国の恫喝を屁とも思わない... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。